著者
加藤 隆雄
出版者
THE JAPAN SOCIETY OF EDUCATIONAL SOCIOLOGY
雑誌
教育社会学研究 (ISSN:03873145)
巻号頁・発行日
vol.94, pp.5-24, 2014

「ポストモダン」論によって影響を受けた1980年代後半の日本の教育社会学を「ポストモダン教育社会学」と呼ぶことにする。それは,「モダン」としての教育・学校制度の異化に向かったが,アリエス,ブルデューと並んでインスピレーションの供給源となったのが,『監獄の誕生』におけるフーコーの「規律訓練」の視点であった。しかし,1990年代以降の教育システムの変動によって,異化の手法で捉えられた教育・学校制度の理解は不十分なものとなり,ポストモダン教育社会学の訴求力も低下していく。他方,フーコー研究においては,2000年代以降,規律訓練の概念が「生政治」論の一部であることが明らかになるのだが,1990年代以降の教育システムは,まさにこの生政治論的視点からよりよく捉えうることをフーコー理論を概略しながら論じた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 4 posts, 3 favorites)

ポストモダン教育社会学の展開と隘路,そして生政治論的転換 https://t.co/1WnWLCH1WQ
ポストモダン教育社会学の展開と隘路,そして生政治論的転換 https://t.co/1WnWLCH1WQ
ポストモダン教育社会学の展開と隘路,そして生政治論的転換 https://t.co/1WnWLCH1WQ

収集済み URL リスト