著者
古旗 崚一 所 史隆 根本 隆夫 加納 光樹
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
pp.21-00010, (Released:2021-10-26)
参考文献数
31

チャネルキャットフィッシュによる張網漁獲物の捕食実態を把握するため,2016年6-8月と2017年3-8月に霞ヶ浦で張網により採集した個体の食性を精査した。本種は張網に同時に入網するワカサギ,シラウオ,ウキゴリ,テナガエビを主に食べていた。体長20 cm以上の個体は自然環境下と比べて胃充満度指数が極端に高く,張網内でそれらを摂餌したと考えられた。張網内での漁獲物の被食率はワカサギで74%,シラウオで80%,ウキゴリとテナガエビで30%以上と推定され,張網漁業への甚大な影響が懸念された。
著者
根本 隆夫 河崎 正 位田 俊臣
出版者
茨城県内水面水産試験場
雑誌
茨城県内水面水産試験場調査研究報告 (ISSN:03878988)
巻号頁・発行日
no.38, pp.19-23, 2003-03

(1)試験用人工河川において,ワカサギの産卵時期と産卵のための遡上時間の経時変化を調べるために試験を行った。(2)1996年のワカサギ親魚の遡上時期は前年よりやや遅く,2月下旬から3月下旬に観察され,3月上旬がピークであった。(3)ワカサギ親魚の遡上時間は,おおよそ16時から6時までであり,特に19時から21時に多く,20時がピークであった。(4)雌雄別では,雄が早めに遡上し,19時以降急増して22時には減少に転ずるが,雌は急な増減はなく19時から5時の間に少しずつ遡上することが分かった。(5)遡上数の日変化と経時変化調査の差から,雄親魚は一度遡上しても,また後日再遡上することが推察された。