著者
江崎 治夫 安田 克樹 武市 宜雄 平岡 敬生 伊藤 利夫 藤倉 敏夫 矢川 寛一 林 雄三 西田 俊博 石丸 寅之助
出版者
Japan Surgical Association
雑誌
日本臨床外科医学会雑誌 (ISSN:03869776)
巻号頁・発行日
vol.44, no.9, pp.1127-1137, 1983-09-25 (Released:2009-02-10)
参考文献数
9
被引用文献数
2 5

広島での原爆被爆者からの甲状腺癌の発生を知るため研究を行った.対象は統計処理を容易ならしめるよう,性別,被爆時年齢別,被爆線量別にあらかじめ定められた固定集団である放射線影響研究所の寿命調査拡大対象を用い, 1958年から1979年までの22年間に診断,或いは剖検により発見された甲状腺癌を調べ,被曝放射線量との関係を明らかにした. 75,493人の中から125人の臨床的甲状腺癌が発生した.男15人,女110人で,人口10万人対粗年間発生率は男2.7, 女12.4で男女共,線量の増加と共にリスクが増加する.若年女性に特に,この傾向が著るしい.期待数に対する観察数の比(O/E)をみると,男女別でも,男女合計でも,線量の増加と共に甲状腺癌が増加する.線型反応についての検定を行うと,女性及び男女合計では線量効果がみとめられた.又年齢が若い程線量効果が明らかである. 50rad以上被爆した群の対照群に対する相対性リスクは4.2で,男女差はないが男性は数が少い為,女性にのみ有意である.年齢別では20歳末満のリスクが7.9と高く,統計的に有意である.統計的に有意な回帰係数が求められた20歳末満の女性の年間1 rad当りのリスクの増加は100万人対約3.4である. 同期間に剖検された4,425人中155人に潜伏癌がみられた. 50rad以上の群の相対的リスクは1.9で有意に高く, O/E比は男1.6, 女1.8でほぼ等しいが,女子にのみ有意であった.
著者
市丸 道人 石丸 寅之助 JOSEPH L. BELSKY
出版者
Journal of Radiation Research 編集委員会
雑誌
Journal of Radiation Research (ISSN:04493060)
巻号頁・発行日
vol.19, no.3, pp.262-282, 1978-09-15 (Released:2006-07-14)
参考文献数
38
被引用文献数
35 53

The leukemogenic effect of atomic radiation was examined in relation to age at the time of the bomb (ATB), calendar time, and type of leukemia over the period 1950-71. Confirmed cases of leukemia in the Leukemia Registry, a fixed cohort of 109, 000 subjects and the T65 dose calculations provided the basis for the analysis. Calendar time was divided into three periods, 5-10, 10-15, and 15-26 years after the bombs. The larger the exposure dose and the younger the age ATB, the greater was the effect in the early period and the more rapid was the decline in risk in subsequent years. In the oldest group, aged 45 or over ATB, the increase in risk appeared later and was sustained in the period 1960-71. Chronic granulocytic leukemia contributed substantially to the total leukemogenic effect initially but made little contribution after 1955. Sensitivity to the leukemogenic effect of atomic radiation not only depended on age ATB but its expression varied by type of leukemia and with time after exposure. Although the effect of atomic radiation on the incidence of leukemia in the atomic survivors is now greatly reduced and apparently on the wane, in the period 1966-71 the incidence was still greater than expected, especially in Hiroshima. In the Nagasaki sample, no case of leukemia was observed among the high-dose subjects from July 1966 to the end of 1971.