6 0 0 0 OA 諸系譜

巻号頁・発行日
vol.第1冊, 1800

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 10 posts, 3 favorites)

本当に弾正台で南山郷士が勤務したなら、大西家文書にある控えを観なくても裁判官・中田憲信もhttps://t.co/vlef80mLic元木津の代官今井良久氏-馬部先生が椿井文書販売者と云う-も確認できる 問題になっているのは椿井万次郎である。今井は関係がない。
本当に弾正台で南山郷士が勤務したなら、 大西家文書にある控えを観なくても裁判官・中田憲信も https://t.co/JxNUHkHtGj 元木津の代官今井良久氏-馬部先生が椿井文書販売者と云う-も確認できる 引用「因みに今井良久は元木津代官たりし人で」 https://t.co/LXQ2Uoj8HI https://t.co/TzSh3x8sa1
大西家文書が本物で、南山郷士が本当に田中淳一郎氏が報告した通り 弾正台で勤務したなら、 裁判官だった中田憲信がそれを調べられないはずはない。 系図に詳しい中田が木津文書 (椿井文書)を知らないとも思えないけど。 だからメモ https://t.co/JxNUHkHtGj だけにして出版しなかったのかも。 https://t.co/X3gGRAg0JO
@pat_1308 こちらがその中田憲信が筆写したといわれる「諸系譜」の、椿井文書の椿井政隆の記載です。 https://t.co/fbjKNKn5P2 https://t.co/FXh3T7ulW9 名古屋控訴裁判所の用紙が使用されたページもあります https://t.co/JxNUHkHtGj
椿井文書の椿井政隆の子・椿井萬次郎の状況が書かれた https://t.co/QgOrdqiCru 、 誰が書いたか、どこで所蔵されていたのかわからない 明治時代筆写され、 名古屋控訴裁判所の用紙が使用された https://t.co/BcKyMRyhqe 1914年国会図書館が購入した https://t.co/NU1N15V6C8 『諸系譜』 https://t.co/MpxbUGI07w
@hinotomoki2 諸系譜は明治時代の物です https://t.co/6llwKMvCvF。 誰が書いたんでしょう? 第一巻には名古屋控訴裁判所の用紙が https://t.co/XTZAln8wTl 。 作者不明で文字も稚拙。これが椿井文書だったらとか、誰も思わないのかな?
椿井文書著者だと云われてる椿井権之助政隆が掲載されてる『諸系譜』の第一巻は 「大正3年6月16日購求」の判子が押してある https://t.co/oUfASq01Xp 。 裏表紙には「名古屋控訴裁判所」の用紙に書かれた文章が綴じられてるけど裁判の証拠物かな? https://t.co/XTZAln8wTl
椿井文書著者だと云われてる椿井権之助政隆が掲載されてる『諸系譜』の第一巻は 「大正3年6月16日購求」の判子が押してある https://t.co/oUfASq01Xp 。 裏表紙には「名古屋控訴裁判所」の用紙に書かれた文章が綴じられてるけど裁判の証拠物かな? https://t.co/XTZAln8wTl
『古代氏族系譜集成』の出典の一つ、中田憲信『諸系譜』全三十三冊が国会図書館デジタルコレクションで公開されていました。 https://t.co/nWkiRG6hMa

収集済み URL リスト