言及状況

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

薩長同盟について、西郷と交渉したのは桂(このときの名前は木戸準一郎)ですが、京都には一人で出向いたわけではありません。 慶応元年(1868)年の11月中旬、まず薩摩藩の黒田了介(のちの黒田清隆)と土佐浪士の池内蔵太(海援隊メンバー)が、桂を迎えに長州に行きました。 そして12月28日、長州藩領の三田尻港から京都に向けて出発しています。 桂の他の顔ぶれは、品川弥二郎(長州)、 ...

Twitter (10 users, 12 posts, 9 favorites)

両雄士傳 完 https://t.co/N4CAAESUgf 両雄士傳 補遺 https://t.co/iWhoOE7Kfa 維新風雲回顧録 https://t.co/csOzOqtUFK
また陸援隊の田中の光顕さんが自伝で、あまり人に背中は見せないが黒々とした上に黒毛が燦々と生えており『龍馬の謂れがわかったか』みたいなことを言ってたと書かれていたり。 https://t.co/ZBJZ6bEWtl
https://t.co/UPS04ecAaY 田中光顕が山地ほか3人の名前出してるし、正直高杉がカッコいいのも光顕が話盛ってる可能性は大いにあると思う
@osho184064 https://t.co/UPS04ecAaY 田中光顕が山地以外の3人の名前出してるのでもしかしたらここから…? でも3人以外は合ってるんですよね…
@payapaya1999 私のおすすめは田中光顕の「維新風雲回顧録」です。数年前に文庫本化されていて、天誅組にもふれています。司馬遼太郎の小説のネタ元の1つです。表現がオーバーで創作臭いですが、読みやすいです。 https://t.co/Wvcv5jeDoH
出典・田中光顕「維新風雲回顧録」 https://t.co/TxosFpSyi1 から… ちなみにこの話に出てくる「宮内大臣」が、この本の著者の田中光顕でござる…

収集済み URL リスト