著者
内外書籍株式会社 編
出版者
内外書籍
巻号頁・発行日
vol.第十二巻, 1937

言及状況

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

根拠とされる文献は『紫式部集』という自撰の和歌集ですね。 杜鵑 こゑまつほどは かたおかの 杜のしづくに たちやぬれまし 上記の歌の詞書(ことばがき=和歌の前書き)に「賀茂にまうでたるに、子規なかむという明ぼのに、かた岡の梢をおかしうみえけり」とあります。 自撰の和歌集に本人がそう書いているのですから、賀茂神社に参詣して片岡社にも立ち寄ったことは、きっと事実なん ...

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

昆陽。芦屋は和名抄にも出るというので、「あしの八重ふき」(早)にはこの地名が隠れているかもしれない。和泉式部集 http://t.co/uVIZAkYgAV にはこの歌を見つけられなかった。

Wikipedia (2 pages, 2 posts, 2 contributors)

収集済み URL リスト