著者
平凡社 編
出版者
平凡社
巻号頁・発行日
vol.第一卷, 1941

言及状況

Twitter (3 users, 4 posts, 5 favorites)

古典にみる麻 アマツスガソ 天津管曾: 曾は左緒の約。上古麻を得るよりも容易であったことから、麻よりも廣く用ひられたが、後には專ら麻が用いられることとなった。 神道大辞典 大三卷 平凡社 編 (平凡社, 1941) p.四十三… https://t.co/zVaTyfdsrH
アオニギテ 靑和幣: 『古語拾遺』には天照大神の天石窟に幽居せられた時に、長白羽神をして、麻を植ゑしめて靑和幣を爲らしめ..(中略)麻は木綿にくらぶれば稍〃靑味を帯びてゐる.. 神道大辞典 大三卷 平凡社編 (1941)  p.… https://t.co/Rj8YDp7yLE
オトコミコ、神道大辞典で調べると、巫覡 (ふげき) の覡という字をそう読ませることがあるのが判明。まさかとは思うけど、"⿰巫男" はその誤字だったりしないよね……? https://t.co/HXAKhWBzBx https://t.co/fftpbbjuCu

Wikipedia (13 pages, 15 posts, 3 contributors)

編集者: Kanjybot
2015-08-18 23:00:39 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Saigen Jiro
2015-04-28 22:48:46 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト