野中 烈 (@NonakaTsuyoshi)

投稿一覧(最新100件)

CBDの治療効果(精神作用のない大麻成分) ▫️抗炎症作用 ▫️糖尿病 ▫️腫瘍と癌 ▫️鎮痛 ▫️制吐作用 ▫️抗不安作用 ▫️アルツハイマー病 渡辺 正仁, 早崎 華, 由留木 裕子, 渡辺 克哉, 『カンナビジオールの治療効果とその作用機序』,保健医療学雑誌 2018 年 9巻 2号 p. 112-125 https://t.co/xqDosKXvuA
@nekogamisuteru 古くから刊行されているものとしては、山本 郁男教授「大麻文化科学考シリーズが読み応えあります。特にお勧めは漢方の分野から考察した、(その4) 漢方薬としての大麻」北陸大学紀要 第17号(1993) https://t.co/ZpXWLJraG6
@nekogamisuteru 英語でもよければ無尽蔵にありますよ。リアルタイムでアップされるので。 2015年度の文科省科研費による医療大麻についての研究「未承認薬へのアクセスに関する制度(コンパッショネート・ユース制度)についての研究」 https://t.co/9DLz9qRT1m
【大麻トリビア】 九州大学では文科省科研費によって、実際に大麻草を用いた医療及び産業利用目的の遺伝子組換え大麻を作る研究が行われていました。大麻は日本の学術的な分野でも注目されています。 医療及び産業応用を目的とした大麻新品種の遺伝子工学的手法による作出 https://t.co/97Qr9WkWzL
大麻の薬効は日本でも古くから知られている。隠すことではない。 江戸時代の本草学者貝原益軒は、麻葉の瘧(マラリア)への効能や大昔から大麻が植えられていた様子が日本書紀や舊事紀にみられることなどを紹介。 貝原益軒『大和本草』巻之六 草之二 民用草類大麻(アサ)1709年 https://t.co/P7jpPbjz0q https://t.co/HhDV1yykjI
戦前は日本薬局方にも、大麻が鎮痛薬、催眠薬、喘息の治療薬として「印度大麻草」、「印度大麻越幾斯(エッキス)」の名称で医薬品として収載され、官報にも掲載されていました。 山本郁男 大麻文化科学考(その5)日本薬局方と大麻 北陸大学 紀要 第18号(1994) pp.1 - 13 https://t.co/rzRgphTKIH https://t.co/N5rJlKRJQp
日本でも大麻の治療効果は古くから知られています。 江戸時代の本草学者貝原益軒は、麻葉の瘧(マラリア)への効能や大昔から大麻が植えられていた様子が日本書紀や舊事紀にみられることなどを紹介しています。 貝原益軒『大和本草』巻之六 草之二 民用草類 大麻(アサ)1709年 https://t.co/P7jpPbjz0q https://t.co/1bDXvdLRlR
これからの日本の薬物政策立案はどうあるべきか? 薬物政策の新動向──規制を用いた統制から「その人らしく生きる」ことを支える政策へ 丸山泰弘先生 @aplombANDardor (立正大学) JAPANESE JOURNAL OF SOCIOLOGICAL CRIMINOLOGY No.43 2018 https://t.co/f4ac9SD4Zp
@denkyupikaso 種子にどれぐらいTHCが含まれているかはわかりませんが、トチギシロの茎の表皮に含まれているものについては研究があるようです。この研究ではトチギシロの表皮からはTHCは検出されなかったようです。 繊維型大麻草およびその濃縮物中のカンナビノイド含有量の調査 https://t.co/Ub6SMUZV3m
@thcjapan 麻薬取締部鑑定課はトチギシロからBHOを抽出し、成分分析した研究(最高THC6.59%:CBD35.0%)で、CBDはTHCの作用を抑制するため ”乱用目的で使用したとしてもTHC による幻覚作用はほとんど得られない” との見解を示しています。THC0.01%のCBDオイルも違法という基準はおかしい。 https://t.co/Ub6SMUZV3m
@Yumepon420 @Lalami420 まだないと思います. 厚労省のとちぎしろ中カンナビノイド含有量の定量分析でCBDは雌花でも3.6%、高CBD種の13%と比べると少なく、表皮には殆ど含まれてないという研究はありました. 杉江 謙一, 阿久津 守, (2019)繊維型大麻草およびその濃縮物中のカンナビノイド含有量の調査 https://t.co/Ub6SMUZV3m
"医療用大麻を使用するがん患者における医療機関での死亡割合は、非使用者に比べ、有意に低い" 東京大学医学部附属病院 特任助教 宮路天平氏の科研費による研究(2014-2016)が興味深い。米国における医療大麻のコンパッショネート・ユース制度について報告されている。 https://t.co/9DLz9qRT1m
@MakitaAya @ikuemiroku よくご存知ですね!戦前は日本薬局方にも「印度大麻」が鎮痛薬、催眠薬、喘息の治療薬として掲載されていたようです。漢方薬としての大麻についてはこの資料で詳しく検討されています。 山本 郁男「大麻文化科学考(その4) 漢方薬としての大麻」北陸大学紀要 第17号(1993) https://t.co/z6q4F8jDby
大麻文化科学考1−7) (その 8) 山本 郁男 第8章 大麻の成分 北陸大学 紀要 第21号 (1997) pp .1〜20 https://t.co/bPnz3l4qBb
Navagrahaとは? 九曜(くよう) 九曜(くよう)とは、インド天文学やインド占星術が扱う9つの天体とそれらを神格化した神である。 J-STAGE Articles - 九曜信仰と聖地巡礼 : 南インド、タミル・ナードゥ州の事例から(第十四部会特集第七十回学術大会紀要) https://t.co/bvkUC92XiF

お気に入り一覧(最新100件)

固定的・安定的な人間関係を維持する必要のある日本社会では,人々は法・道徳違反行為のような逸脱行為に対して厳格になるものと推測される。(溝川 藍 名古屋大学 子安 増生 甲南大学、2020年) https://t.co/10Kdi76Dia
日本でも大麻の治療効果は古くから知られています。 江戸時代の本草学者貝原益軒は、麻葉の瘧(マラリア)への効能や大昔から大麻が植えられていた様子が日本書紀や舊事紀にみられることなどを紹介しています。 貝原益軒『大和本草』巻之六 草之二 民用草類 大麻(アサ)1709年 https://t.co/P7jpPbjz0q https://t.co/1bDXvdLRlR
渡辺 正仁, 早﨑 華, 由留木 裕子, 渡辺 克哉「カンナビジオールの治療効果とその作用機序」 Therapeutic potential of cannabidiol and its underlying mechanisms 保健医療学雑誌9 (2): 112-126, 2018. https://t.co/eQGcOOEZmg

フォロー(756ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@TrenetteF #リラクゼーション外来 における受診者の 特性および技法効果の分析 The Characteristic of Relaxation Outpatients and the Effects of Relaxation Techniques https://t.co/I9Y91NdgpB
ちゃんとした人は論文読んで、勉強してその上でrct的なものから漏れた人の救済で補完代替。 けどrctにしろ、薬にしろ、検査にしろ、知らないで批判してたらそれはスピ系と変わらんもんなあ。 これ良い話。 臨床鍼灸研究の現状─コクラン ライブラリーを参照として https://t.co/qJzNOyI14e

フォロワー(533ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

@TrenetteF #リラクゼーション外来 における受診者の 特性および技法効果の分析 The Characteristic of Relaxation Outpatients and the Effects of Relaxation Techniques https://t.co/I9Y91NdgpB
ちゃんとした人は論文読んで、勉強してその上でrct的なものから漏れた人の救済で補完代替。 けどrctにしろ、薬にしろ、検査にしろ、知らないで批判してたらそれはスピ系と変わらんもんなあ。 これ良い話。 臨床鍼灸研究の現状─コクラン ライブラリーを参照として https://t.co/qJzNOyI14e