言及状況

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

Wikipedia「蜘蛛の糸」によれば、 鈴木大拙による日本語訳「因果の小車」(ドイツの作家で宗教研究者ポール・ケーラス(英語)が1905年に書いた「カルマ」Karma: A Story of Buddhist Ethics)が典拠であることが明らかになっている。 だそうです。 因果の小車は近代デジタルライブラリーで閲覧することができます。 http://kin ...

Twitter (10 users, 10 posts, 7 favorites)

@Mr_arsenicum https://t.co/H3ngFwLutG
こすりゃいっか https://t.co/yOfKpdojev
ポール・ケラスの「因果の小車」は国立国会図書館デジタルコレクションにあった。でも、読み辛い!: 国立国会図書館デジタルコレクション - 因果の小車 - https://t.co/OM6tuIzXfv
因果の小車 https://t.co/O8DJuDdo2p 蜘蛛の糸 https://t.co/c7fdGXegTg
ポール・ケラス 因果の小車 長谷川商店 明治31年(1898年)9月 http://t.co/eUROnsXeBy

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト