言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

樺太は、1918年(大正7年)の共通法の時点で既に「内地」と位置づけられており、1943年の内地編入は、法的に完全に内地と同じになった、という事です。 朝鮮・台湾との決定的な違いは人口構成です。 例えば、昭和10年=1935年の国勢調査の結果が、国立公文書館アジア歴史資料センターのWebのレファレンスコードA04018393500で見られます。 朝鮮では総人口約229 ...

Twitter (8 users, 9 posts, 6 favorites)

あくまで個人用資料: 韓〇国は併合されたとする資料 (併合:国際法上認められる領域取得の方式の一つ) 添付元参考文献: 日本植民地要覧(大正1年-全国新聞東京聯合社) https://t.co/iKfw0ccwpo 殖民地要覧(大… https://t.co/LbIxf5a0Z1
大正12年の「日本植民地要覧」では、朝鮮、台湾、満州、樺太が挙げられてます。 日本植民地要覧 https://t.co/wEVWnZh4JX
@Heuric @ndoro4 @skkrrr01 @PCwatcher007 じゃあますます併合に消極的だったことになりますねw ちなみに、日本植民地要覧 http://t.co/HRIbReX2bX … 1912年の出版の本で、朝鮮や台湾等について記載してありますw 植民地w
日本植民地要覧 http://t.co/HRIbReX2bX 全国新聞東京聯合社編 普通に、1912年の出版の本で、朝鮮や台湾等について記載してある。要するに、大正の頃の日本にとっては、朝鮮や台湾を植民地と呼称するのは、自然なことであり、植民地ではないなどと思っていなかった。

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト