言及状況

外部データベース (DOI)

レファレンス協同データベース (1 libraries, 1 posts)

島崎藤村が「夜明け前」の中で、明治6年熊本鎮台司令長官交代の際に、谷干城(たに たてき/かんじょう)と桐野利秋(きりの としあき)が対面する場面について書いている。これは『子爵谷干城傳』に詳しいが、この本は昭和10年の発行で、「夜明け前」も同年に連載を開始している。藤村は同じ場面を別の本で読んでいたと思われるが、記載のある資料は刊行されていたか。

Twitter (9 users, 12 posts, 13 favorites)

谷さん日記、帝政派出るじゃん!とめくってたら森新太郎や島村外内や淡中新作が登場するページで震えてきた 「島村外内氏来る 例の如く封建主義の論を出す またその子を仕官の推挙の乞あり 誠に閉口なり」って泣くからやめてほしい https://t.co/kAPfSxGogv
https://t.co/PhfVEG2xin 明治22年谷さん日記の「島村安度氏来る 森忠太郎氏病気に付き辞表を出せしことにつき事情陳述のためなり」ってどういう関係なんだ…
@MUTI39 谷干城も戊辰戦争の回顧録に『東征私記』というタイトルをつけています。 https://t.co/jwVvNPnIE3
@ho7na @history_916 『修業日記残缺』ですよね。この日記もなかなか意外な名前が多く出てますね。 https://t.co/3Dt4fHj11Q
@history_916 干城本人が記していますが、ちょっと微妙な表現ですね。鍛冶橋土佐藩邸へ出向いて、お吸い物とお酒を貰ったのは干城ですが家老の「巳屋」へ出向いて暴行したのは「同様頂戴の徒数人」で干城本人は関わっていないのでは。自分も酒を好むので危ないところだったとあります。 https://t.co/A46xlWayUo
@t_stilbene なんと優秀な検索機!感想ツイート、以前検索したことあるのですが、100%自ツイで絶望しました…(…) 横からですが、イケメン東洋先生の元ネタは国デジ『谷干城遺稿』からも読めます♥https://t.co/ROdpLONpzp 自分もこの小説から知ったのですが、小説そのままで惚れました

Wikipedia (3 pages, 10 posts, 5 contributors)

編集者: ドデカイラーメン
2020-12-16 22:32:40 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Bcxfubot
2020-12-01 14:28:29 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Estranged999
2019-08-21 23:56:15 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 126.24.151.110
2019-08-21 23:48:39 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 126.24.151.110
2020-07-17 08:35:12 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト