言及状況

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

源頼朝の母親は、熱田大宮司を務めていた藤原季範の娘・由良御前です。 源義経の母親は、有名な常盤御前ですよね? この兄弟の父親・源義朝の「贈正二位、内大臣」についてですが、「尊卑分脈」にはちゃんと書かれていますよ。 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991591/2?tocOpened=1 Wikipediaには「平家物語にしかな ...

Twitter (3 users, 12 posts, 3 favorites)

そーまきゅんの家系図の先頭部分(推定)が国立国会図書館がWeb掲載してくださってる尊卑分脈で見れる コマ番号28の左側です https://t.co/JrrPMfgnhA 源範頼→子孫の範圓→(途中不明)→神崎姓のようです無理すき……
越前は従四位下越前守源経宗のむすめとして尊卑分脈のここ https://t.co/HxDzTn01OF に。兄兼俊に母大中臣輔親女と書かれていることに注目すると、集の編者は「家の風」に直前に出ていた伊勢大輔(輔親むすめ)や輔親のことを読み取ってこの歌をこの場所に置いたか。
かのみこ、は六条宮中務卿具平親王か(寬弘六年七月廿八日(1009)薨 年四十六https://t.co/Fx7k9bybre )。従五位上備前守為善(-1042)はここ https://t.co/9O5lure535 。道済(-1019)のいとこで、「難後拾遺」の経信の母の兄弟。
源兼俊母は高階成順と伊勢大輔のむすめ。尊卑分脈 https://t.co/HxDzTn01OF では源経宗の子兼俊は笙和琴陪従筑前守従四下兵部少甫、母は大中臣輔親女となっている。宇治前太政大臣は頼通(992-1074)。橘為仲も気持ちを打ち明けられる相手であったという事だろう。
源経任 越後権守従五下 https://t.co/UWxoyhrgWy 。この https://t.co/9Ho1nTLOsa 式部大夫源政成の父 と同一人物とのこと。
源道方の子のうち、経長、経信は播磨守国盛女(延久三―永長元)の子でいずれも正二位に達しているが、経隆は備前守正四位下であった。 http://t.co/ec6BlhNzNO
兼澄は尊卑分脈ではここ http://t.co/sNUGhDnGet すなわち信孝の子。父の長兄が信明。寛和二年は西暦986にあたる。
資通の子源師賢(1035-81)の妹は「権大納言経成室 成宗母」(尊卑文脈 http://t.co/5tkGuOyBvJ )。源経成(1009-1066)。小左近 https://t.co/qvHMpg3AEz は中原経相むすめ、新左衛門の姉とする勘物があるらしい(岩)。
「為善」「おしへきぬ」(國)。源公忠-信明-国盛(播磨守)-為善(備前守) http://t.co/9O5lurNh2H 。信明の弟信孝(鎮守府将軍)の子が兼澄(加賀守) 尊卑分脈では次のページ 62/94。

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト