言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

「尊卑分脈」によれば、平維衡の子である平正度の嫡男は平維盛です。 http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991593/15?tocOpened=1 次男は貞季、三男は季衡、四男は貞衡、五男が正衡。 平家に繋がる正盛は、平正衡の子だそうです。

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (3 users, 12 posts, 0 favorites)

正家の伯父正度の子孫からはやがて清盛が現れる https://t.co/rTZi8Q58zo 。 神坂峠を越えて信濃に入るところが園原で「帚木」が歌枕。当事も源氏物語のインパクトは大きかったのではないかと想像される。
棟仲のこの集のもう一首 https://t.co/iAnfjkUBqN 。それと、範国のいとこだったこと https://t.co/P5nfPq63Yn 。
早大の本には「かくてなんあり とぐまじき事いひて」のようにある。朝範は「律師 因幡守平棟仲子」(勅撰作者部類)。尊卑分脈 https://t.co/P5nfPq63Yn には、棟仲の子に朝範のほか忠快「平等院座主 金作者」、女子「白河院内侍 周防」が書かれている。
橘俊宗 https://t.co/V6CfQQphx9 大宮亮少進従五下、待賢門院安芸らの父。「岩」によると緑は六位の着る着物の色で、みよ(三代)は後冷泉、後三条、白河(当時)のことという。
橘行資は為政の子で伊予守となったこの方 http://t.co/TyJZDyYlWx 。公信は師輔の孫のこの方 http://t.co/NKjqY00bcl 。
栄花物語をはじめ兵衛内侍と記される方がこの作者と同じかはわからないらしい(岩)。武蔵守平行義の子行親(中宮大進、右衛門権佐)はここ http://t.co/P5nfPq63Yn に。
中原致時の子貞清 http://t.co/TgBaaiBJX6 の子頼成(-1079) http://t.co/HqsIEEx71D の妻。岩には菅原為言 http://t.co/umROGC4rXV のむすめであると。
光朝法師母は橘則光(965-)の弟である行平のむすめ http://t.co/TyJZDyYlWx 。則光との間に季通、光朝法師をもうけている。郡と氷を響かせている、と「岩」。
@yukitama1999 何度もすみません同じ資料を見ていらっしゃる方がいて嬉しくてつい!宗近さんが仲宗さんだった説否定してる資料があるんですけども http://t.co/BPSJNMWphq 確かに尊卑分脈には仲宗さんいません… http://t.co/dy2Lgtb7mu
教成は棟仲の兄で紀伊守になった方 http://t.co/P5nfPq63Yn 尊卑分脈。
「散位五位下平繁兼女」(國)。絵式部は鎮守府将軍信濃守平維茂の子繁兼のむすめ。http://t.co/Axg7hIrHV3

Wikipedia (30 pages, 45 posts, 5 contributors)

編集者: Senu
2019-04-13 17:17:05 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Senu
2019-04-13 17:17:05 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: Senu
2019-04-13 17:17:05 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト