言及状況

レファレンス協同データベース (1 libraries, 1 posts)

大正9年(1920年)創刊、天下堂書房発行の雑誌『性』の終刊(休刊・廃刊)の巻号とその発行年月日を探しています。 雑誌名:『性』  発行:大正9年(1920年)~ 発行者:天下堂書房  主幹:澤田順次郎   ※データベース「CiNii books」 によると3卷5號から編著者あるいは発行者が「日本性学会」に変わっているようです。

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

φ(..)メモメモ 久保田英助「男性セクシュアリティ形成の社会史 ― 近代日本における性道徳と性知識」

Twitter (5 users, 8 posts, 0 favorites)

いつか読むのだ:久保田英助『男性セクシュアリティ形成の社会史 -近代日本における性道徳と性知識-』 https://t.co/Bk9NYeTc3q
明治から大正くらいの女性の扱いより、マシちゃあマシ(女の命は使い潰すという強い信念に満ち溢れた有識者の意見がたくさん載った論文読んでたね… 男性セクシャリティ形成の社会史 https://t.co/owhnprHQn6
んー、いいなこれ。 男性セクシュアリティ形成の社会史 -近代日本における性道徳と性知識- https://t.co/mMUw8Xczsl
φ(..)メモメモ 久保田英助「男性セクシュアリティ形成の社会史 ― 近代日本における性道徳と性知識」 / “Microsoft Word - Honbun.doc” https://t.co/kCPFTBDaXH
@hyodoshinji 彼等からは「人を堕落させ環境を心化させる醜業婦」に見えるんでしょう 近代日本社会と公娼制度―民衆史と国際関係の視点から― https://t.co/fZa3adhY1G 男性セクシュアリティ形成の社会史 https://t.co/j1FVW5sRYI
戦前の政府や女性団体がセカンドレイプを扇動した理由がこれでわかる。 男性セクシュアリティ形成の社会史 ― 近代日本における性道徳と性知識 ― 早稲田大学大学院教育学研究科 久保田 英助 https://t.co/j1FVW5sRYI

収集済み URL リスト