著者
佐々木 香織
出版者
北海道大学大学院文学研究科
雑誌
研究論集 = Research Journal of Graduate Students of Letters (ISSN:13470132)
巻号頁・発行日
vol.13, pp.251-270, 2013-12-20

一般的に,言語変化は「誤用」「ことばの乱れ」として問題視され,正すべ きものであるとみなされることが多い。本研究は,規範から逸脱した語形を 単なる「乱れ」ではなく,日本語において現在進行中の言語変化の一端であ ると位置づけ,その現状や出現の理由を考察することで現代日本語の姿を明 らかにしようとするものである。 本稿ではそのような現在進行中の言語変化として,後部要素として動詞連 用形を持つ転成名詞が,再び動詞化する例を取り上げて論じる。名詞をその ままの形式で動詞化することを許さない日本語では,従来,名詞に軽動詞「す る」を付けるか,「-r」語幹を付けることで動詞化していた。しかし,「ひた走 り(に走る)」という名詞から形成された「ひた走る」という動詞が現在定着 していることを代表に,様々な名詞転成動詞が存在することを本稿では主張 する。ここでは,そのような名詞転成動詞の実例を国会会議録や新聞記事, ウェブサイトから収集し,前部要素と後部要素の関係性に基づいて分類した。 その上で,名詞転成動詞は前部要素が様態を表す語であり,後部要素に対し て修飾的にはたらくことを強く求めるということを示す。 名詞転成動詞が作りだされる話者の心的要因について本稿は,より負担の 少ない簡素な語形を好むという「経済性の原理」と,よりインパクトがあり 新規性のある面白い語形にしたいという「創造性の原理」の二つを紹介する。 どちらも話者の,日本語に対する内的規則が存在しなければ成立しないもの であり,単なる学習不足による間違いではなく,一種の言語変化であると主 張する。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

日本語における新しい名詞転成動詞の研究

Twitter (8 users, 8 posts, 10 favorites)

日本語における新しい名詞転成動詞の研究 / “「日本語における新しい名詞転成動詞の研究」014_SASAKI.pdf” https://t.co/STiAlamn3F
@_purin_purin_ 単語力とか漢字力とかもかな?w 使い勝手が良いから業界で広まってったトコもあんのかなー。広告に打ちやすい。その見出しがひとり歩きしちゃうとか。求めてる答えに辿り着くか分からんけど何かヒントになればと添… https://t.co/RX1tpEDK2E
https://t.co/PK15KLPUmT 現在、「お茶する」などという表現がある。ただし、この類は、明治初期にも、明治政府に仕えることを「朝臣する」と表現する例がある。意外に古くからあるようだ。
名詞の動詞化って何かあるのかね、って「名詞 動詞化」でぐぐったら何か出てきたでござる 日本語における新しい名詞転成動詞の研究 http://t.co/7t0aWXVlTM
NowBrowsing: http://t.co/k5xtg3iZyX - 日本語における新しい名詞転成動詞の研究http://t.co/k5xtg3iZyX
おもしろい >日本語における新しい名詞転成動詞の研究 http://t.co/GnsZ5yGrxm

収集済み URL リスト