著者
揚妻 直樹
出版者
農山漁村文化協会
雑誌
生物科学 (ISSN:00452033)
巻号頁・発行日
vol.65, no.2, pp.108-116, 2013-11-01

シカによる農業被害や自然植生の改変はシカの異常増加によるものであると認識されてきた.その異常増加の原因として地球温暖化・天敵絶滅・狩猟者減少などが挙げられている. ところが,時代を今から数十~百数十年遡ると,日本各地のシカ生息数はかなり多かったことがわかってきた.そうなると,先に挙げられた原因の妥当性が怪しくなる.シカ個体群の消長には,農地周辺と山林で別々に起きた人間の土地利用の変化が大きく効いていると考え られた.

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (5 users, 5 posts, 3 favorites)

シカの増加に関するこのレポートは本当に目から鱗。 「シカの異常増加を考える」https://t.co/2FVEzGWdga 専門系だけど、現在のシカ生息数は増加したというより明治期並みに戻った、土壌の栄養条件の変化に起因してる、とか読むたびに発見あり。
@nyokotan1212 https://t.co/CqOAQIIuIH 減らせばいいのかというと被害強度の問題もあるそうです。。 観光地、観光客のブログ観ると鹿と楽しそうで、ここからのギャップは確かに大きい。。
流し見、6ページのマツタケを引き合いに出して森林の栄養条件の変化を説明するくだりと、農業生産の変化と森林の発達の関連性を述べているくだりに興味をそそられた。 参考:シカの異常増加を考える。 http://t.co/69DzIA8hAL
「シカの異常増加を考える」 この論文、ちょっと面白いな~ 思うところもいっぱいあるが、考えさせられるところもいっぱいある。 http://t.co/ClQNOXqbWv

収集済み URL リスト