著者
伊藤 毅志 松原 仁 ライエルグリンベルゲン
雑誌
情報処理学会論文誌 (ISSN:18827764)
巻号頁・発行日
vol.43, no.10, pp.2998-3011, 2002-10-15

人間の問題解決の認知過程については数多くの研究が行われてきた.ゲームおよびゲーム理論は昔から人間の問題解決行動の研究において重要な役割を演じてきた.認知研究の題材にゲームを用いることの利点は,ゲームが良定義問題で対戦による評価が容易なことである.チェスで最もよく知られた認知実験は局面の記憶に関するものでDe Grootによって行われた.この研究を継いだSimonとChaseはチャンクという概念を用いてエキスパートの認知能力を説明した.チャンクは一種の情報のかたまりで,チェスでいうとチェス盤上の典型的な駒の配置パターンのかたまりをチャンクと呼んでいる.彼らは強いプレイヤは弱いプレイヤよりも広い配置パターンをチャンクとして記憶していることを示した.将棋の認知研究の第1歩として,我々はまずチェスで行われた認知実験を追試してみることにした.チェスと将棋には認識の点からいくつかの違いがあるので,この追試実験を一度は実施することが必要だと考えた.本論文では将棋を対象とした時間無制限と時間制限の記憶実験を行った.強いプレイヤが弱いプレイヤより成績が良いこと,すなわち広い配置パターンをチャンクとして記憶しているというチェスとほぼ同様の結果が得られた.

言及状況

Twitter (35 users, 35 posts, 56 favorites)

ほーん(°ω°) 将棋の認知科学的研究(1)-記憶実験からの考察 https://t.co/TTOaW6HMtx
こんなん見つけた 将棋×認知科学の論文 けっこう古い文献だけど コンピュータ将棋につなげるための研究っぽいから上達法に還元できるかは不明 盤面記憶に関する実験 https://t.co/DjKR1wckIk 次の一手問題に… https://t.co/Bm42ATzdQr
チャンクに関する論文って大体これぐらいの内容に収まってしまうからそろそろ誰か発展に貢献してくれ~(時間的チャンクは特に) https://t.co/i6cQnRVBWl?amp=1
Interesting. Not sure if the full English version is available, though. > Cognitive Science Approach to Shogi... https://t.co/shvSzfALJD
将棋の「チャンク」の考え方にご興味のある方は 将棋の認知科学的研究(1)-記憶実験からの考察 https://t.co/KIAXx0g0Vc 将棋の認知科学的研究(2)-次の一手実験からの考察 https://t.co/bUyYqjiMvp もご覧ください(オープンアクセス)
今日の「チャンク式」の参照文献はこれかな? https://t.co/ndE0z8xmIr #nhkshogi @nhkshogi
将棋の認知科学的研究っていうのがあるのか。どうでもいいけど、一人目、二人目の著書の近影が正面写真じゃないのね。半身と斜め。半身は顔が正面だけど斜めの人はフリーダムな感じ。 https://t.co/JG42cHHstg

収集済み URL リスト