著者
伊藤 毅志 村松 正和
雑誌
情報処理
巻号頁・発行日
vol.57, no.4, pp.335-337, 2016-03-15

This article reports the deep learning based technology of computer Go recently developed by Google. Alpha Go, the computer Go program based on this technology, is the first one that beat a human professional Go player with no handicap, and is going to play matches against one of the top professional players on March. We survey the technology, and give some comments on the matches.

言及状況

Twitter (23 users, 24 posts, 20 favorites)

@yashyoshida https://t.co/lckSx0Mfi2 これいいよ。今月の情報処理に載ってる記事。グラフとか勝率の意味を突っ込んで考えるのでない限り、これで十分だと思う。
ディープラーニングを用いたコンピュータ囲碁〜Alpha Go の技術と展望〜 https://t.co/wIPS4f8kh3
>特別解説:伊藤毅志、村松正和、ディープラーニングを用いたコンピュータ囲碁〜 Alpha Go の技術と展望〜 情報処理57巻4号 335 - 337、2016-03-15 https://t.co/N7y5viNjfG
ディープラーニングを用いた コンピュータ囲碁 ~ Alpha Go の技術と展望~ https://t.co/xEHLCv9FrB
AlphaGoの解説記事 塚本 昌彦先生、仕事早すぎ https://t.co/nDvlR08gBk
これイ棋士とAlpha Goの対戦の前に書いてて、対戦結果出ちゃったし、すごいタイムリーな解説になってるのか! 「ディープラーニングを用いたコンピュータ囲碁〜 Alpha Go の技術と展望〜」 https://t.co/9U8pXVHcC9
情報処理最新号に「ディープラーニングを用いたコンピュータ囲碁」というタイミングばっちりの記事が出てた https://t.co/b0eQ8ZUtX1
情報学広場:情報処理学会電子図書館 ディープラーニングを用いたコンピュータ囲碁〜 Alpha Go の技術と展望〜 https://t.co/UYQ0mKtTwO
ディープラーニングを用いたコンピュータ囲碁〜 Alpha Go の技術と展望〜 https://t.co/nY6nJ2GKG0 #feedly

収集済み URL リスト