著者
奥村 晴彦
雑誌
情報処理学会論文誌教育とコンピュータ(TCE) (ISSN:21884234)
巻号頁・発行日
vol.4, no.3, pp.1-8, 2018-10-30

真偽より共感で情報が選択されるといわれる“post-truth”(脱真実)時代の情報リテラシー教育について論じた.共感ではなく真偽に基づいて情報を選択できるようにするための「ファクトチェック」を取り入れた授業を提案する.ファクトチェックのいろいろな例をあげた.データに基づいて判断するファクトチェックは,高等学校新学習指導要領の数学や情報におけるデータやデータサイエンスを重視する流れとも符合する.

言及状況

Twitter (7 users, 9 posts, 13 favorites)

Post-Truth時代の情報リテラシー教育, #IPSJ 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」,Vol.4,No.3,pp.1-8 (2018). https://t.co/qoPx2pnIl2 #jnsg
Post-Truth時代の情報リテラシー教育 #IPSJ 情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」,Vol.4,No.3,pp.1-8 (2018). https://t.co/qoPx2pnIl2 #jnsg
情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」(TCE)Vol.4 No.3 に私の書いた「Post-Truth時代の情報リテラシー教育」 https://t.co/gv6e353s74 が掲載された。そのうちオープンアクセスになるはず

収集済み URL リスト