著者
神山 美奈子
出版者
名古屋学院大学総合研究所
雑誌
名古屋学院大学論集 人文・自然科学篇 = THE NAGOYA GAKUIN DAIGAKU RONSHU; Journal of Nagoya Gakuin University; HUMANITIES and NATURAL SCIENCES (ISSN:03850056)
巻号頁・発行日
vol.56, no.1, pp.31-43, 2019-07-31

本論文は,世界女子キリスト教節制会(World Woman’s Christian Temperance Union)という同じ母体から設立された日本キリスト教婦人矯風会と大韓基督教女子節制会の敗戦後(1945年以降)におけるキリスト教宣教理念を考察する。両団体は朝鮮が日本によって植民地化されていた1939年に合併し敗戦と共に合併を解消させた背景があるが,その後の活動や宣教理念についてはこれまで比較研究されてこなかった。敗戦後に両団体がキリスト教宣教理念においてどのような差異をみせたかについて明らかにする。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (12 users, 16 posts, 17 favorites)

矯風会が慰安婦活動の中心となった背景  日本キリスト教婦人矯風会と大韓基督教女 子節制会 : NCCとの繋がりが深かった。 NCCは韓国との繋がりが深かった。 NCCは北朝鮮とも関係した。 日韓キリスト教女性団体の宣教理念について 女性問題として慰安婦を扱っていた。 https://t.co/VHSRVnjhIq https://t.co/4x2BKScMUx

収集済み URL リスト