著者
土田 耕司
雑誌
川崎医療短期大学紀要 = Bulletin of Kawasaki College of Allied Health Professions (ISSN:02873028)
巻号頁・発行日
no.35, pp.51-55, 2015

障害個性論とは,「障害は個性である」という趣旨を持つ言説の論争である.本研究においては.今までに論じられた障害個性論を,(1)いかなる時代背景,社会背景であったか.(2)どのような立場のものがいったか.(3)どのような意図を持っていったのか.(4)障害とはどのような障害者の障害を指しているのかの,(1)~(4)の検証課題に基づき検証することで,この論争の実体を整理した.その結果,障害個性論とは明確な理論体系を持っているとはいい難く,「障害は個性である」という趣旨を持った言葉が先行したことであって,体系づけられた論争ではないと考える.この「障害は個性である」という言葉は,標語のような役割を果たしたのではないかと考えられた.しかし,この言葉の賛否が論じられたことは,障害や障害者について社会が考え,議論する題材であり,その機会を与えてくれた.と考えることができた.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

1) 青い芝の会の障害個性論 障害者運動 2) 障害者白書による障害個性論 障害があっても人間として誇りをもって行きたい 3) マスメディアによって広がった障害個性論 乙武洋匡 障害は個性である - 川崎医療短期大学学術機関

Twitter (4 users, 8 posts, 0 favorites)

フレーズの発信意図も解釈も様々なようですが、 賛否を巻き起こし、関心を呼び起こすインパクトのある言葉であり続けているようですね。 障害個性論の背景 ―「障害は個性である」という言葉の役割 ― 土 田 耕 司 https://t.co/4ALNzUwb6e https://t.co/vlbaKwtUBV
①いかなる時代背景、社会背景 ②どのような立場のものがいったか ③どのような意図 ④障害とはどのような障害者の障害を指しているのか 障害個性論の背景―「障害は個性である」という言葉の役割― https://t.co/yBU6O7FALJ
1.青い芝の会の障害個性論 2.障害者白書による障害個性論 3.マスメディアによって広がった障害個性論 障害個性論の背景―「障害は個性である」という言葉の役割― https://t.co/yBU6O7FALJ
@chidori_bpq 論文としては、これがよくまとまっていると思いました。→障害個性論の背景―「障害は個性である」という言葉の役割― https://t.co/yBU6O7FALJ
1) 青い芝の会の障害個性論 障害者運動 2) 障害者白書による障害個性論 障害があっても人間として誇りをもって行きたい 3) マスメディアによって広がった障害個性論 乙武洋匡 障害は個性である - 川崎医療短期大学学術機関リポジトリhttps://t.co/yBU6O7FALJ
例えば、「障害は個性である」 - 川崎医療短期大学学術機関リポジトリ https://t.co/yBU6O7FALJ QT @japsw: 【情報】障害を「個性」だなんて言うけれど。 | Plus-handicap https://t.co/z7PAaycJbM

収集済み URL リスト