のほほん堂 #良心的投票拒否者 (@nohohondo)

投稿一覧(最新100件)

> 10. 対話の場「施設の必要性などの話しはせず、基本的には住民から聞かれたことに答えるという姿勢」 https://t.co/flSpk0c6iw
https://t.co/flSpk0c6iw > 1. 地域住民との関係「市民も町内会住民も施設を一緒につくっていかなければならないという意識のもと、働きかけを行った」 > 2. コミュニケーション方法「個人宅訪問と集会の両方からコミュニケーションを図った」
施設と地域との合意形成におけるリスクコミュニケーションの可能性 野村 恭代 関西福祉科学大学総合福祉科学学会 総合福祉科学研究 ( 3 ) 31 - 39 2012年03月 https://t.co/flSpk0c6iw ひえー。絵に描いたような反対運動だ/(^o^)\
1. 精神障害者施設における施設コンフリクトの実態 野村 恭代 (2012) https://t.co/SNx2rpARKO 2. 施設コンフリクトを契機とした新たなつながりの創造 (2015) https://t.co/EnrrtQwwwB 3. 施設コンフリクトの合意形成に向けて: 知的障害者施設と地域との共生 (2014) https://t.co/cfB9Yra30P など
1. 精神障害者施設における施設コンフリクトの実態 野村 恭代 (2012) https://t.co/SNx2rpARKO 2. 施設コンフリクトを契機とした新たなつながりの創造 (2015) https://t.co/EnrrtQwwwB 3. 施設コンフリクトの合意形成に向けて: 知的障害者施設と地域との共生 (2014) https://t.co/cfB9Yra30P など
1. 精神障害者施設における施設コンフリクトの実態 野村 恭代 (2012) https://t.co/SNx2rpARKO 2. 施設コンフリクトを契機とした新たなつながりの創造 (2015) https://t.co/EnrrtQwwwB 3. 施設コンフリクトの合意形成に向けて: 知的障害者施設と地域との共生 (2014) https://t.co/cfB9Yra30P など
「自己受容は,自分自身や自分の過去の人生に対する肯定的評価とされ,」 「つまり,自己受容感の高い人は(略)感覚的に自分を『好き』であるとされる」らしい。※ 私は低いな
> ③さらには、ソーシャルワークにおける研究では、知的障害者等の意向確認に関する海外の研究は蓄積されていると思うが、それら海外の先行研究と今回のヴァルネラビリティの人々の意向確認研究との関わりを含めて海外の先行研究の文献の渉猟、比較 https://t.co/RpYS1La2Gi
> 重度障害者のように言語自体を獲得できていない人(意向表明は言語だけでなく、ノンヴァーヴァルなものへの着目も必要であり、その研究も蓄積されている)への個人の尊厳を踏まえた支援 https://t.co/RpYS1La2Gi
>「例えば、食費負担が重い人は、お弁当を持参してくる人もいる(略)やはり、同じプログラムで楽しく他の人たちと過ごしていたのに、食事時間になるとその人だけ別の食事を摂っているというのは違和感があります。でも、お金が伴うことなので、こちらからは何も言えません」 https://t.co/QqW4DZuFgs
「まず、当事者の代弁者として多くが家族や支援機関、団体の関係者がその役を担っているが、この代弁者が当事者の人格・生活を全て理解しているとは言い難い。」 / “CiNii 論文 -  現在の障がい者施設支援に関する研究--利用者、保護者、事業責任者の視点から” https://t.co/P5yuLEPO7B
>ソーシャルワークの専門性は,今日, > 価値体系(理念・目的), > 手段体系(方法・技術), > 科学体系(理論・知識) > によって構成されてきている(25)。 https://t.co/Ac7h8VSCDy
> ①面接やコミュニケーションに比重をかけるもの, > ②援助過程に則した方法で表したもの, > ③実践対象を個人に焦点を当てたもの,これを集団さらにはコミュニティ,これを越えたシステムを対象とするような拡大化されたもの, > ④①から③を組み合わせたもの, https://t.co/Ac7h8VSCDy
> 「ソーシャルワークの固有のスキル」なのか,「対人援助職共有(共通)スキル」のなのか,前二者の帰属があいまいな「中問域にあるスキル」なのか https://t.co/Ac7h8VSCDy
「ソーシャルワークが他の対人援助職との協働・連携が図られるにつれてソーシャルワークのより一層の専門性・専門職性(他分野・他職種とは異なる固有性,独自性)が問われてきた」 / “CiNii 論文 -  ソーシャルワークのスキルに関する研究枠組” https://t.co/MoQ7X4SOTs
> しかし、ソーシャルワーカーが自分の価値判断に基づき、クライアントが訴えの記述をする端々から介入するとなると、クライアントは訴えの記述を中断したり、あるいは自分の都合の良いように記述内容を歪曲したりして事実と異なる訴えの記述となる。 https://t.co/1G5h8y9gIa
「面接の初期段階において、ソーシャルワーカーはクライアントが訴える記述を日常生活の出来事や関係性の事実に沿って記述するためには、傾聴・受容・共感するように心掛ける必要がある。」 / “CiNii 論文 -  ソーシャルワークにおける解決志向アプローチ” https://t.co/zSqz6gqwyT
ソーシャルワーカーがよりよい実践者となるためには、 ①現実に対して疑問をもち、調べる力、 ②物事の本質を見抜く力、 ③自分の頭で考え、他者に伝える力等 / “CiNii 論文 -  ソーシャルワーカーに必要な実践研究への取り組み” https://t.co/0omQxmPsi4
> それに対してソーシャルワークではより広範な組織的、財政的、政治的、そして文化的な諸要因もがスーパービジョンの定義において考慮されねばならず、ソーシャルワーク・スーパービジョンは、他の専門職業にはない「機能間のバランス」と「際限なきスーパービジョン」 https://t.co/7yBPm7JZle
> たとえば精神分析はスーパービジョンが「技法の教育か、無意識の操作か」で論争し、カウンセリングはクライエント中心療法の受容、共感、純粋性というカウンセリングの諸条件がカウンセラーの自己発達を促進するという仮説のために「強要されるものとしてのスーパービジョン https://t.co/7yBPm7JZle
難しい。頭の片隅には入れておくよ/(^o^)\ 「ソーシャルワーク・スーパービジョンの定義を困難にしている諸問題(略)他の専門職業(カウンセリング、サイコセラピー、あるいは精神分析)とは異なり行政的機能が」 / “CiNii 論文 -  ソーシャルワーク・スーパービジョン…” https://t.co/MiWsp4CxQR
> 概ね85%の有資格ソーシャルワーク・スーパーバイザーが米国において,彼らが報告を行うべき管理上のスーパーバイザーのいる機関内の状況で雇用されている。(略)およそライセンスを持つ人口のうち15%のスーパーバイザーは自らが報告すべき長上を持たない。 https://t.co/y5XxGpvwr6
> その(長期)目標とはクライエントに対して,特定のソーシャルワーク機関が提供することを委託され,提供するための支出がなされている特定のサービスを効果的かつ効率よく提供すること > (略)効果的かつ効率のよい,適切なソーシャルワークサービスを提供することである https://t.co/y5XxGpvwr6
「教育的スーパービジョンの短期の目的は(略)専門職として成長発達し,臨床的な知識とスキルをスーパービジョンから自主独立して用いることができるレベルにまで最大限に高められるよう,支援することである。」 / “CiNii 論文 -  翻訳 A. Kadushin「ソーシャルワークに…” https://t.co/wzRU6hItsa
(続き) 1. 返礼品による地域経済の活性化 2. 自治体の知名度の向上 3. 自治体自らの魅力の再発見 4. 納税者の政策を選択するという自己決定権 https://t.co/GUOIAz8cyC
- 自治体の寄附金額から事務経費などを引いた「手取り」は44.5%(2017年度) > しかし、良い面がないわけではない。その効用が問題点に伴うマイナスを上回るならば、「必要悪」との評価も可能かもしれない。 (続く) https://t.co/GUOIAz8cyC
「ふるさと納税」の問題点については、九州大学の地方自治?の教授のこの2019年の論文が面白かったです。 この読売新聞の記事のように過剰な設備投資を行った自治体の例も。「麻薬」と。→ 「ふるさと納税」再考―その問題点と制度見直しを踏まえて― https://t.co/GUOIAz8cyC
2012年の研究。論文の信頼度については触れたくない。雑学のネタ
2. 外在化 --------- > 自分と問題の間に距離を置くことで、状況が違って見えてくる場合も多い。(略)外在化とは問題を自分の中から外に取り出し、両者を切り離して考えること >「自分という人間が問題ではない。問題が自分を苦しめているだけである。」というリフレーミング https://t.co/Ynw8bolJfE
1. リフレーミング ------------------- > 現在持っている筈の情報に見落としがあったことに気づき、既にある解決をこれから起こり得る解決に結びつける。またネガティブな見方がポジティブな方向へと変われば、自分の可能性に気づく可能性も高い。 https://t.co/Ynw8bolJfE
> 抑うつに対して「励ましは禁物!」とよく言われているが、「何もしなくてもよい時間と場所の確保」を保証しつつも、どこかの時点で背中を押すことも必要である。 https://t.co/Ynw8bolJfE
> 「何が問題か?」と原因ばかり探していても、解決にはつながらない。「出来ないこと」(短所や失敗)ではなく「出来ること」(長所や成功)に焦点を合わせ、それをリソースとして引き出し解決に結びつけていく。彼らが目指したのは、「問題の解決」ではなく「解決の構築」 https://t.co/Ynw8bolJfE
> 解決志向セラピストの役割はソリューション・トークを用い、クライアント自らが変化に向けての第一歩を踏み出せるように働きかけることである。その手段としてリフレーミングに注目 (略) > 原因や問題を追求したり特定するよりも、解決や変化に焦点を当てる方がより効率的 https://t.co/Ynw8bolJfE
リフレーミング(認知再構成法)は私の武器のひとつ(らしい)なので、さらに磨いて行きたいです。 あと、私はカウンセリングでやっていることは、(だいたい)こんな感じ。 / “CiNii 論文 -  抑うつに対する解決志向アプローチ : 帰属療法との関係を中心に” https://t.co/XdLTNepnc5
でも、無風時でも「3) 前額部表面温」が「 寒冷暴露後は, 無帽時に2.4±0.4℃下降(略)着帽時には寒冷暴露後1.9±0.2℃上昇」と差が 4.3℃もあるのは大きいかも? (要は室内での換気を想定している。) https://t.co/1iSCYqsle5
> 無帽時に認められた寒冷有風時における直腸温の有意な下降が, 着帽時には認められなかった.これは, 着帽によって体全体からの熱放散が抑制されたからと考えられる。また, 着帽時には前額部が保温されたので, 無帽時に認められた寒冷刺激による徐脈が, 着帽時には消失した. https://t.co/1iSCYqsle5
> 2) 頭頂部毛髪上温は(略)寒冷暴露後無帽時に直ちに約8℃下降し21.5±0.7℃になった後, 有風時には更に4.6℃の下降を示した.寒冷暴露後の着帽時の頭頂部毛髪上温は, むしろ1.7±0.5℃上昇を示し, 無帽時よりも有意に高い32.9±0.5℃のレベルを維持した。 https://t.co/1iSCYqsle5
「着帽時には帽子の保温効果により頭頂部毛髪上温, 前額部皮膚温が無帽時のように低下しなかったことにより, 組織伝導による熱放散が少なく, また対向流熱交換も行われて, 鼓膜温を低下させなかったと考察した.」 / “寒冷環境下における帽子着用が深部体温に与える影響” https://t.co/uUhbIMaxz7
1. 人事考課のゴールは人材育成 2. 目標管理制度の明確化 https://t.co/f4ANOYOpxx
> キャリアパス制度も進められてきているものの, 研修に参加することに対する職員のモチベーションの低下が指摘されていた. 研修に参加することでどのような力が身につくのか, それがどのような処遇につながるのかといったキャリアパス制度のさらなる明確化が求められる. https://t.co/f4ANOYOpxx
「福祉・介護職場の人事考課においては, キャリアパス制度が進められているが, 各職層において業務内容が多岐にわたるため(略)評価の観点が伝わりづらいことが職員のモチベーションへ影響」 / “CiNii 論文 -  福祉・介護現場における人事評価・人事評価の課題” https://t.co/tT1GDzvoMo
4 ソーシャル・サポート ①情緒的サポート ②道具的サポート ③情報的サポート ④評価的サポート https://t.co/23S1nut1PH
1 応募者の期待と現実のギャップを解消する施策 > 見学して仕事は無理というパターンが多いので,仕事がきついということを事前に伝えている.自力通勤できるか(X事業所),一生懸命仕事をしてくれ挨拶ができるか(Y事業所),1日5時間労働できるか(Z事業所)など https://t.co/23S1nut1PH
(続き) 3. Z事業所は農業分野での起業による障がい者雇用のタイプ「法人が地権者から農地を借用し,利用者が農作業を行う形態」 https://t.co/23S1nut1PH
V 事例 1. X事業所(NPO法人)は農業分野での起業による障がい者雇用のタイプ「株式会社が農地を購入して圃場を保有し,X事業所が労働者を提供」 2. Y事業所は一般農家による障がい者雇用のタイプ「農家が圃場や機械を保有し,Y事業所が労働者を提供」 (続く) https://t.co/23S1nut1PH
「2018年10月1日現在,岡山県内で就労継続支援A型事業を運営しているのは147事業所である。2015年3月現在,農業関連事業を行っている就労継続支援A型事業所数は29か所」 / “CiNii 論文 -  農業分野における障がい者の就労継続― 岡山県内の就労継続支援A型事業所を対象とし…” https://t.co/qGwDroVMrG
5. 障害者施設等への農作業委託の効果(複数回答) - 労働力に余裕ができ新たな作業をすることができるようになった 32.5% - 障害者との交流ができるようになった 23.4% - 障害者への理解が深まった 39.0% https://t.co/79IMcWdICt
4. 障害者福祉施設側の職員への満足度 - とても満足 15.5% - ある程度満足 66.2% https://t.co/79IMcVW7dT
作業する障害者の主なタイプ - 身体障害者が中心 5.3% - 知的障害者が中心 52.6% - 精神障害者が中心 15.8% 障害者の作業管理の負担 - 少し大変 28.4% - あまり大変ではない 50.0% 農作業委託のきっかけ - 障害者福祉事業所の関係者からの依頼・問い合わせなど https://t.co/79IMcVW7dT
3. 作業委託の主な目的(複数回答) - 農繁期の作業を手伝ってもらうため 59.5% - 農業生産規模を維持・拡大するため 47.6% - 障害者のための就労支援に貢献したいため 71.4% 農作業委託の委託時期 - 年間を通して 49.4% - 農繁期の忙しときのみ 29.1% https://t.co/79IMcVW7dT
今後の委託予定(「現在、している」のみ) - 委託を増やしていきたい 65.0% - このままで良い 30.0% - 委託を減らしたい、やめたい 5.0% https://t.co/79IMcVW7dT
2. 障害者福祉事業所等へ農作業委託 - 現在している 17.1% - 以前したことがある 16.3% - 今後、していきたい 26.5% - 今後も、やるつもりはない 40.0% https://t.co/79IMcVW7dT
1. 販売品目 - 稲/麦/大豆 - 露地野菜 - 施設野菜 - 農産加工 など https://t.co/79IMcVW7dT
2018年のアンケート調査(発行は2020年2月) / “CiNii 論文 -  農福連携による障害者の就労支援の現状と課題 : 農業法人の経営者へのアンケート調査を基に” https://t.co/ANogzuH7XF
4. 保健医療福祉に関する情報を把握する(福祉事業やサービスを紹介できる、薬の作用・副作用など) 5. 対象者との関係性を高める(共感、話題をつくるなど) 6. 危機的状況に対応する(関係者全員が情報・方針を共有など) https://t.co/ewngQ0hvZb
1. ニーズを見極める(曖昧なことは確認するなど) 2. 家族関係をとらえる 3. 家庭訪問を管理する(ゆとりを持った訪問をする、先入観を持たないなど) / “CiNii 論文 -  精神保健活動における保健師の家庭訪問スキルを向上させる「ケースシート」を用いた事例検討の効果” https://t.co/VrUiytjbYN
ピアサポート活動の在り方 1. 身近なモデルとしての存在 ロールモデルなど 2. セカンドオピニオン的な存在 など などなど。 https://t.co/ldRufuUJ26
ピアサポート活動での悩み 1. 情報開示はどこまでするか 自分の名前や電話番号 2. 自分の能力の限界 共依存 3. 活動の時間 24時間や夜中 4. 安心させる関係をどう築くか https://t.co/ldRufuD7Dw
ピアサポート活動を実施したことでの気づき 1. 匿名性のない不自由さ 2. 本音で話せる相手 3. 必要以上に相手に合わせた対応 話せる内容、知り合い 4. 受容されることで安心できる 自分も相談したい。スーパーバイザー? 5. 健常者との友人 健常者とのつながりが希薄になる https://t.co/ldRufuUJ26
人間関係の中での葛藤 1. トラブル 人間関係・セクハラ 2. 友人の死 3. 逃避したい気持ち 人間関係を切りたい 4. 当事者会の役員と自責の念 会員数や責任感 https://t.co/ldRufuUJ26
> 本研究の対象者は(略)ピアサポート活動を行っている精神障害者 12 名である。 > 当事者同士の語らいの場などの活動や当事者会 P での電話相談を行っているものである。なお、電話相談は、1 回 1000 円、勤務時間 13 時~16 時 45 分に当番制で行っている。 https://t.co/ldRufuUJ26
2013年の研究。 私は、 1. 当事者会や SST が「ピアサポート(=セルフヘルプ)」と呼ばれることと、 2. (昨今の)医療機関や障害者事業所が行う「ピアサポート」 は別物だと思っています。 / “CiNii 論文 -  精神障害者当事者団体のピアサポート活動における職業的妥当…” https://t.co/idqKV3Ulsy
> (続き)精神障害者による精神疾患が悪化しないようにするための対応戦術,すなわち,精神疾患とともに生きるために個々が標準化した(会話を含む)行為の手続きの行使は,支援センター A 内のいろいろな場面で展開されている. https://t.co/M7hxAiyh1k
> 同施設内では,バザー出品用のクリスマスグッズの作成や軽作業(タオル折り・封入作業など),レクリエーション活動(ソフトボールやバレーボール,編み物など),定期・非定期的なバザーの開催など,創作活動や地域交流の機会を設けている.(続く) https://t.co/M7hxAiPRSS
> 精神障害者(メンバー)の多くは,いつも決まったような一日を送り、同じ手順を踏むことが多いという.それは,イレギュラーなことへの対応は出来るだけ避け,イレギュラー対応によるストレスを溜めないことに努めるためである.(略)生活技法なのかもしれない https://t.co/M7hxAiPRSS
東京都の平成20年の障害者の生活実態に関する調査 精神障害者の全年齢層総集計で,「障害のためにあきらめたり妥協したこと」の割合は 1. 「就職」が 41.0%, 2. 「旅行や遠距離の外出」が 37.6%, 3. 「人付き合い」が 29.7% https://t.co/M7hxAiPRSS
1. 医学的リハビリテーション 2. 職業的リハビリテーション 3. 社会的リハビリテーション 4. 心理的リハビリテーション 5. 教育的リハビリテーション 6. 地域リハビリテーション https://t.co/M7hxAiPRSS
2013年。リハビリテーション 1. 狭義の狭義の運動機能 2. 個人の地域生活を営む実践。当事者と環境との関係 3. 「生活のしづらさ」「人づきあいがまずいこと」 / “CiNii 論文 -  精神障害者とリハビリテーション” https://t.co/oasDoKJoTE
「ビッグイシュー」の目的は、1. 自立→月7~8万円の収入で自立できる?2. QOLの向上→街頭での販売以外にも、福祉でQOLを獲得する手段・方法はあるのでは?文中の「浦河べてるの家」も生活保護が前提。 よくわからない。 / “CiNii 論文 -  ビッグイシューの販売支援をつう…” https://t.co/lo4g5a0dKl
(サンプルに偏りの可能性もとのこと) 1. (厚生労働省など)ジョブコーチの撤退→職場の上司や同僚のサポートが理想 2. 給与や労働時間の満足度が低くても、同僚や先輩からのサポートでモチベーションやストレス低下 / “CiNii 論文 -  企業で働く知的障害者の職業適応と…” https://t.co/jmW7H7BowD
よくも悪くもカウンセリングの対人コミュニケーション技術、ストレス・コーピングなどの題材だね。 そこまで個人のスキルが必要とされるのがつらい。 / “CiNii 論文 -  介護労働者が受ける利用者やその家族から言葉による傷つきへの対処方法の研究 : 特別養護老人ホームの…” https://t.co/v0TB7wygDs
仕事の継続の意思:看護師>MSW 1. 「上司の配慮・誠実さ」「業務環境の良し悪し」「組織運営」など 2. 「多様で標準化困難な業務」→バーンアウト。→「限界認識」と「自己省察」。「スーパービジョンの受講や研修会」 / “CiNii 論文 -  医療ソーシャルワーカーの離職意向…” https://t.co/C5lk8ofBYi
利用者の主な疾患・症状等 1. 循環器疾患 17% 2. 悪性疾患 14% 3. 消化器疾患 12% 4. 精神疾患と認知症 それぞれ7%ずつ その他、人工透析中、アルコール依存症、全盲など。 https://t.co/WVlq2v30lJ
訪問看護師が行う処置・支援(複数回答) 1. 医療相談 27% 2. 傾聴 18% 3. 会話 14% 4. 医療的ケア 27% https://t.co/WVlq2v30lJ
(この研究での)訪問看護の利用者の属性 1. 40代 4%ぐらい 2. 50代 4%ぐらい 3. 60代 15%ぐらい (以下略) https://t.co/WVlq2v30lJ
(この研究では)「まったく身寄りがない」が「4%」というのは意外。もっと多いかと思った。 https://t.co/WVlq2v30lJ
ここら辺はまったくわからないんだよね。♿障害者への支援は65歳を境に、ぷっつりと切れて、連続性がないでしょう? / “CiNii 論文 -  ひとり暮らし利用者を支える訪問看護師の支援 : 訪問看護ステーションの調査” https://t.co/IM3PCXp2At
> クライエントの痛み、苦しみを瞬時に受容、共感的に理解していくために、「バイステックの7原則」の理解が重要となってくる。なぜならば、ソーシャルワーカーは、対クライエントというより、クライエントと同じ立ち位置にある支援者といえよう。 https://t.co/fGk2Rdm1Ck
> なぜ、ソーシャルワーカー養成に「バイステックの7原則」の学びが重要なのか。 (略) > 一方、ソーシャルワーカーは、クライエントの身体には触れず、ソーシャルワークという間接的な方法でクライエントに援助を施していく。 https://t.co/fGk2Rdm1Ck
「対人援助職者として『バイステックの7原則』を学ぶことの重要性を明らかにし、より質の高いソーシャルワーカー養成を目指していく」 / “ソーシャルワーカー養成における対人援助教育の課題 : 医療・福祉専門職の対人援助教育比較検討を通して \ 東北文化学園大学リポジトリ” https://t.co/PgTDqL766T
例えばのあくまで一例。私はググっただけで、すごーく雑に調べたので、質・妥当性は担保できませんが、観点の参考として 1. 電子メール 2. 電話 3. インターネット(Web会議など) など。らしい ※2018年 日本における遠隔カウンセリングの現状 システマティックレビュー https://t.co/IROg97Gicj
※参考: 1. CiNii 論文 -  日本の新聞社の株主に関する実証的分析(1) https://t.co/cZCjMhkOvl 6. CiNii 論文 -  日本の新聞社の株主に関する実証的分析(6・完) https://t.co/VNidxPRZQs
※参考: 1. CiNii 論文 -  日本の新聞社の株主に関する実証的分析(1) https://t.co/cZCjMhkOvl 6. CiNii 論文 -  日本の新聞社の株主に関する実証的分析(6・完) https://t.co/VNidxPRZQs
「中井久夫(精神科医)の『いじめの政治学』によれば、いじめの対象を『孤立化させる』ことは、相手を『弱らせる』ためには、極めて有効な『いじめ』の第1戦略である述べている。」本文には興味なし
@nutrepi (続き) ※ALS患者におけるジェンダーと人工呼吸器の選択について | 立命館学術成果リポジトリ https://t.co/SHmaU1nTlN 見当違いでしたら、申し訳ございません。失礼致しました
> 就労ができず在宅で生活をする精神障害者(統合失調症、うつ病、不安障害)が社会に与える経済的損失は、3兆520 億円と言われており(平成22 年度厚生労働省障害者福祉総合推進事業,2018)、 https://t.co/09uq7fW82Q
> 現在勤務している施設での勤務年数の平均は約3年7ヶ月、資格をもってからの総合経験年数の平均は7年0ヶ月であった。現在勤務している施設での勤務年数を5年未満と回答した人が109 名と全体の半数以上を占めていた。 https://t.co/09uq7fW82Q
1. デイケアの役割:「服薬指導や生活リズムの立て直しといった、主に治療を中心としたかかわり」 2. 福祉施設の役割:「社会復帰、特に就労を目標にした作業訓練や、実際の作業が中心」 https://t.co/09uq7fW82Q
> 精神障害者の1ヶ月の理想の賃金を10 万円以上15 万円未満と回答した人が最も多く、41 名(28.9%)であった。精神障害者の1ヶ月の賃金を10 万円未満が理想であると回答した人は、93 名(65.4%)と半数以上であった。 https://t.co/09uq7fW82Q
精神保健福祉士や看護師など 1. デイケア職員と 2. 福祉施設職員を対象に。 両者の「経済的自立」に対する感覚の違い その理由は 1. 精神障害者は社会に出て働くことが困難だと思われている? 2. 家族や公的支援(障害年金・生活保護)と合わせて生活できると思われている? https://t.co/09uq7fW82Q
この研究の後、2006年10月に「障害者自立支援法(現行の障害者総合支援法)」により、A型やB型などに再編されている。(らしい) / “CiNii 論文 -  精神障害者の経済的自立に対する評価 : 福祉施設職員とデイケア職員を比較して” https://t.co/p5GWh0BplV
> 最後が6と7である.人が,本当の意味で求めているのは,失敗した時や傷ついた時に,なぐさめとして慰撫されることではなく,嬉しい時に,共感してくれる人や場ではないかと思う.(略)だが,嬉しいときに報告できる人や場がないことは,孤立感を伴うほど,むなしいもの https://t.co/yNFMH4sDfb
> 明日に向かう,未確定部分への挑戦なのである.過去は変えられなくとも,未来は,自ら及び社会の可能性を信じる (略) > 大事なことは,「失敗 or 成功」というカテゴリーではない.そうではなく,挑戦するか否か, のカテゴリーで考えることこそが肝要なのである. https://t.co/yNFMH4sDfb
(4)ストレングス視点による社会の捉え方 ------------------------------ > 支援者からの伴走関係によるかかわりが求められよう.支援者のかかわりは,「○○さんに,してあげる」という to,あるいは,引率関係ではなく,「○○さんと,ともに」という with の併走関係が大切 https://t.co/yNFMH4sDfb
(続き) 7. 「魅力的である」, 8. 「個人を成長させる」, 9. 「個人を超える価値につながる」, 10. 「求めて初めて得られるものである」 https://t.co/yNFMH4sDfb
> 杉村は,良い仕事とは, 1. 「仕事を意味あるものと見なす前提にする」, 2. 「仕事に対する真剣で責任感ある態度を求める」, 3. 「生活の必要を充たす」, 4. 「共同生活に貢献する」, 5. 「善い生き方と重なる」, 6. 「平衡のとれた生活とともにある」, (続く) https://t.co/yNFMH4sDfb
田坂 > 仕事における10のキーワードとして「思想,成長,目標,顧客,共感,格闘,地位,友人,仲間,未来」 高橋 1. 「功利的仕事観」(お金を儲けたい,出世したい等) 2. 「規範的仕事観」(人類のために役立ちたい等) 3. 「内因的仕事観」(楽しい,やりがいがある等) https://t.co/yNFMH4sDfb
橘木 1. 「食べるため」, 2. 「他人に認められたいため」, 3. 「働くことによる成果の美を求めるため」, 4. 「労働には喜びがあるから」, 5. 「余暇の時間を有意義に送れるための糧を得るため」 「働くことによる間接的な価値」 https://t.co/yNFMH4sDfb
(3)内なる・外なる偏見 ---------------------------- > 前述のように,就労制約されやすい精神障害者は,結果的に経済困窮状態に陥ることが少なくない.その彼らの日常生活の困難さに対して,支給される所得保障制度が障害年金なのである. https://t.co/yNFMH4sDfb

お気に入り一覧(最新100件)

CiNii 論文 - 地域でのソーシャルワークにおける 支援の高い質に関する考察 : コミュニティソーシャルワーカーへのインタビュー調査から https://t.co/3pjC1R4z1A
CiNii 論文 - 知的障害者に対する「自立支援給付」についての考察 : 「生活問題」の特性を踏まえて https://t.co/OShhJOMK0W
CiNii 論文 -  知的障害者が相模原障害者施設殺傷事件について語ることの意義:「にじいろでGO!」における当事者活動の取り組みから https://t.co/NtrYOOXIJC
CiNii 論文 - 単身低所得高齢者の支援のあり方に関する一考察 https://t.co/xj29hBWtLJ
CiNii 論文 - 脱施設化への営み : 「青い芝の会」の運動を中心にして https://t.co/VgZ7Wh1l6L
CiNii 論文 -  対人関係の視点から見たwell-beingとしての援助行動 https://t.co/FbH2HUHBDO
CiNii 論文 -  対人援助者が持つ「弱さ」についての一考察 https://t.co/zKOr9ILT5p
CiNii 論文 - 対人サービス組織の特性〜PDFあり https://t.co/XIhRh3CAXA
CiNii 論文 - 精神障害者が生きづらさを持ちつつも働くことの意義 https://t.co/FGddXpaV9s
CiNii 論文 -  精神障害と社会―歴史社会学的視点から https://t.co/fqdpViVmSN
CiNii 論文 -  精神医療審査会の機能と限界 https://t.co/qvEeHyjcHM
CiNii 論文 - 生活保護受給者の生活満足度と関連する心理社会的要因の検討 https://t.co/XNHY8IJDHR
CiNii 論文 - 生活保護における自立支援プログラム https://t.co/5aKNLyGBGt
CiNii 論文 -  生活困窮者自立支援におけるスティグマの付与に関する考察 ―援助者に対するインタビュー調査から― https://t.co/CS9aoZirxG
CiNii 論文 -  生活困窮者支援における「市民福祉」の制度化をめぐる一考察 https://t.co/oiXYhJfVpt
CiNii 論文 - 心理-社会的現象としての「ひきこもり」 : 1990年代後半の若者たちの生活体験をめぐって https://t.co/CE07swaEnz
CiNii 論文 - 触法精神障害者における地域生活支援の可能性と課題 : 当事者と支援者の相互作用に焦点をあてて https://t.co/I0gj5njPDA
CiNii 論文 -  障害者施策の変遷と相談支援・1996 年─ 2000年 https://t.co/NUtWSk0oGD
CiNii 論文 - 障害者の地域支援に関する研究 https://t.co/5NQ8aqz8d0
CiNii 論文 - 障害者の社会的孤立とその対応に関する文献検討〜PDFあり 短いけれどよく整理されている. https://t.co/xk1ZnIceuf
CiNii 論文 - 障害基礎年金制度成立の背景についての一考察――障害者団体や官僚は新制度誕生にどう関わったのか―― https://t.co/dYvrAU6bIU
CiNii 論文 - 社会的実践としての「ナラティヴ」-地域医療・福祉の現場で- https://t.co/gSwCuEug5g
CiNii 論文 - 高齢者・障害者・生活困窮者を地域で支える仕組みの進展 https://t.co/NTP4C5xrPr
CiNii 論文 -  介護保険施設職員の就労状況調査(第2報)就労継続群と非継続群の比較検討 https://t.co/8C5ffhaEa2
CiNii 論文 - 援助関係の形成が困難なケースに対する相談援助面接技法の研修プログラムの開発 https://t.co/o6uW3BUh4z
CiNii 論文 -  医療ソーシャルワーカーの離職意向に影響を及ぼす要因 https://t.co/dPRNkMOfyO
CiNii 論文 - わが国生活保護制度の実施体制のあり方に関する考察(1) : 現行生活保護法制定過程における「最低生活保障」と「自立の助長」 https://t.co/PsqoXxAvWj
CiNii 論文 -  わが国のソーシャルワークにおける社会開発とその射程 https://t.co/R3oTdn4TrH
CiNii 論文 - レジデンシャル・ソーシャルワーク・インディケーターの導入がワーカーにもたらす影響 https://t.co/oqlEwB6HCN
CiNii 論文 - ポストモダンソーシャルワークにおける権力概念の考察 :ソーシャルワーク実践への応用に向けた概念整理 https://t.co/VGg00InR0R
CiNii 論文 - ホームレスの生活問題とソーシャルワーク : ホームレスの生活問題の実態と生活再建の課題〜PDFあり https://t.co/wGOhTWvvU7
CiNii 論文 -  べてるの家のビデオ鑑賞による精神障害に関する学習 ―テキストマイニングによる分析から― https://t.co/aU7QOoJwN2
CiNii 論文 - どこ行けいうんや:公園野宿者の占拠と排除 https://t.co/GjxuOIZ7AU
CiNii 論文 -  ソーシャルワーク実践理論の整備に向けたスケッチ : 実践モデル・アプローチ・支援スキルの現在 https://t.co/3SNxOgBPJE
CiNii 論文 - ソーシャルワークの視点に立つひきこもりの方の家族への支援 https://t.co/HPTRVTpg7H
CiNii 論文 - ソーシャルワークのグローバル定義における「社会的結束(Social Cohesion)」に関する考察 https://t.co/rC1WmPXVTI
CiNii 論文 - ソーシャルワークにおける省察的実践支援ツールの構成指標の検討 https://t.co/IQ0WT9od1D
CiNii 論文 - ソーシャルワークにおける社会構成主義の意義と課題 エンパワメント実践との関連から https://t.co/qQKUdHwhpB
CiNii 論文 - ソーシャルワークにおける実践を紡ぎ可視化(実践研究)することの意義 : 実践課題に直面し,揺らぎ,怒り,連帯し,共に学び続けること https://t.co/nLlouXyG0T
CiNii 論文 - ソーシャルワークにおける「社会的排除」の課題〜PDFあり https://t.co/7cHqK9qsW8
CiNii 論文 - ソーシャルワークと福祉臨床論の展開I https://t.co/Ubqy09Ip7t
CiNii 論文 - ソーシャルワークと社会正義:日本の社会福祉は貧困にどう対峙するのか https://t.co/k5utVM07MC
CiNii 論文 -  ソーシャルワーカーの養成課程における感情規則の特徴 https://t.co/pPE11ZXWpc
CiNii 論文 -  ソーシャルワーカーに必要な実践研究への取り組み https://t.co/JjUPxyaE40
CiNii 論文 - ソーシャルワーカーが直面する「困難事例」を考える https://t.co/jCozeXTfA8
CiNii 論文 - ソーシャルワーカーが活用する「ツール」の構成要素に関する研究 https://t.co/CrTQ6KuEhc
CiNii 論文 - ソーシャルワーカーがソーシャルワーク機能を担ってきた者に向けるべき視座 https://t.co/FXs7mLyXgr
CiNii 論文 - ストレングスモデルにおけるリカバリー概念の批判的検討 https://t.co/7FGmxat3DD
CiNii 論文 - コミュ二ティ放送とソーシャルワークとの相似点 : 社会的包摂の番組から見る機能と役割 https://t.co/BJzcDi93rU
CiNii 論文 - ケアにおける相談援助の現状と課題 https://t.co/TS08p2ZNM0
CiNii 論文 - LGBTを巡る諸課題とソーシャルワーク対応 国際基準と実践原則 https://t.co/kmZyT0U3Ka
CiNii 論文 -  【基調講演】 ソーシャルワークにおけるストレングスの視点 ~障害者権利条約批准後の知的障害者入所施設のあり方を中心に~ https://t.co/2aL7tur8pl
CiNii 論文 - 「自立」という言葉が多用される意味について https://t.co/P63D4K0TYr
CiNii 論文 - 「隔離に反対する身体障害者連盟」における組織形態の構造化に関する検証 https://t.co/JrKDnFRok1
CiNii 論文 - "かかわり" を中心としたソーシャルワーク実践に関する研究 : 精神的困難を抱える思春期児童へのメンタルサポートの事例から https://t.co/pVoJV7xFNw
CiNii 博士論文 - 障害者労働をめぐる言説の分析 https://t.co/tKdPrHCymr
CiNii 博士論文 - 障害基礎年金制度の成立プロセスを探る : 当事者運動と年金改革の接点 https://t.co/ns0IHeMslY
CiNii 博士論文 - ソーシャルワーク実践における福祉サービスを必要とする人のサービス利用及びその意向確認のあり方に関する研究:ヴァルネラブルな人の「生活のしづらさ」の形成要因に焦点化させて https://t.co/GXvgDYVpRb
CiNii 論文 -ソーシャルワーカーの成長に関する研究の方向性と課題〜PDFあり。この後この著者達が数年続けた社会福祉専門職の熟達とは何かの出発点になった基幹論文。https://t.co/RQB14W9Bvj
CiNii 論文 - 北海道上川北部地域における精神障害者の自立支援に関すること : インタビュー調査結果から見えてきた現状における課題や問題点 https://t.co/C5HQO7T9SN
田中建彦『大学の起源と学問の自由』 https://t.co/v0fM5UZ4Nh
CiNii 論文 - 日常的な諸活動にみる精神障害者の社会的包摂 https://t.co/BDlD4zuKKd
CiNii 論文 - 新聞記事言説による「いじめ」の社会的な構成と解離 : 助詞分析による検討 https://t.co/jDpWgmz1G7
CiNii 論文 - 障害福祉分野におけるコミュニティ・ ソーシャルワークに関する考察 : 障害者総合支援法を題材に〜PDFあり 制度とか地域福祉の歴史展開をコンパクトにまとめた内容。。https://t.co/Txq1faCf0a
CiNii 論文 - 社会福祉における援助の本質〜PDFあり 論者がこの大学を去る前にまとめたモノ.総論的だが,内容はややムズカシイ. https://t.co/YGyneea8QW
CiNii 論文 - ソーシャルワーカーがソーシャルワーク機能を担ってきた者に向けるべき視座 https://t.co/FXs7mLyXgr
CiNii 論文 - ゾーエーとしての生と精神医療の一側面 https://t.co/JUWhfolg5j
CiNii 論文 - 「内なる優生思想」という問題-「青い芝の会」の思想を中心に-〜PDFあり 今,青い芝の会といって分かる人はどのくらいいるか.障害者福祉を語る上で避けて通れない.良くまとめている https://t.co/G18Ks9rg4r
CiNii 論文 - 「語る-聞く」関係が成立することへの懐疑 : 援助関係における他者との非対称性の問題を中心として〜PDFあり 良く整理されているhttps://t.co/vcEmGTdvUm
CiNii 論文 - 「援助」から「支援」への言葉の変容にみる対人援助 : 浦河べてるの家の実践を事例として〜PDFあり 非常に良くべてるの家の実践についてまとめている. https://t.co/nnufkHPzyT
CiNii 論文 - 「リカバリー概念」を用いた精神障害者地域移行支援の検討 : ピアサポートに焦点をあてて〜PDFあり システムを変えるのでは無くイデオロギーを差し替えることで出来ることがある https://t.co/de3mMk6la8
CiNii 論文 - 福祉臨床論とソーシャルワーク教育をめぐる諸問題 : プロセス構造における課題整理について https://t.co/lStKdBmio1
CiNii 論文 - 福祉多元主義モデルの下での福祉サービスの供給体制のあり方についての考察 https://t.co/CinqOn8RDN
CiNii 論文 - 福祉政策における「自立」概念の研究〜PDFあり https://t.co/BfoPFmxYNB
CiNii 論文 -  福祉現場におけるソーシャルワーカーのスーパーバイジーに向き合う体験―スーパーバイザーへのフォーカスグループインタビュー調査― https://t.co/o880MqKEbj
CiNii 論文 -  貧者をめぐる「再分配」と「承認」の現代的諸相:「社会的な居場所」と「自立支援」を通して考える https://t.co/Et4lN9tlEB
CiNii 論文 - 貧困・社会的排除に対峙するソーシャルワークについての一考察 https://t.co/eTEH5ufTm9
CiNii 論文 -  反抑圧ソーシャルワーク実践(AOP)における交差概念の活用と批判的省察の意義をめぐって https://t.co/O2ylIxPQ1g
CiNii 論文 -  日本の精神保健福祉関連法の変遷 : 精神障害者の「自己決定権」に焦点を当てて https://t.co/4v4spdXZ4B
CiNii 論文 - 長期入院精神障害者に対する多職種連携による作業療法活動への積極的動機付け https://t.co/rnuBnBWtdV
CiNii 論文 - 地域におけるセーフティネット構築の現状と課題〜PDFあり やや詰め込みすぎな感もあるけれど,よく調べられている. https://t.co/NtEpLkOXcF
CiNii 論文 - 地域でのソーシャルワークにおける 支援の高い質に関する考察 : コミュニティソーシャルワーカーへのインタビュー調査から https://t.co/3pjC1R4z1A
CiNii 論文 - 知的障害の理解についての新しい方向性(1) : 知的障害概念に影響を及ぼした福祉制度を中心に https://t.co/UuAfC2vIvT
CiNii 論文 - 単身低所得高齢者の支援のあり方に関する一考察 https://t.co/xj29hBWtLJ
CiNii 論文 - 脱施設化への営み : 「青い芝の会」の運動を中心にして https://t.co/VgZ7Wh1l6L
CiNii 論文 - 第三の困窮と犯罪 : ホームレス支援の現場から下関放火事件を考える(貧困と犯罪・非行) https://t.co/uiNU0MrsXp
CiNii 論文 -  対人援助者が持つ「弱さ」についての一考察 https://t.co/zKOr9ILT5p
CiNii 論文 - 対人サービス組織の特性〜PDFあり https://t.co/XIhRh3CAXA
CiNii 論文 - 他職種からみた生活相談員に期待される役割と課題 : A法人系列の特養を対象としたアンケート調査の分析 https://t.co/EwTDwoDOTF
CiNii 論文 -  戦後日本における障害者福祉・職業リハビリテーション法政策小史 https://t.co/eBNcVBtjgw
CiNii 論文 -  専門職からみた精神科病院におけるチーム医療の現状 https://t.co/9KuNZT3W18
CiNii 論文 - 精神保健福祉領域における当事者の意思決定と支援モデル https://t.co/iWN48ppKwp
CiNii 論文 - 精神保健福祉分野のエンパワーメント・アプローチに関する考察 https://t.co/PeYg7QSCNb
CiNii 論文 - 精神保健活動における保健師の家庭訪問スキルを向上させる「ケースシート」を用いた事例検討の効果 https://t.co/L9xwXYYoKZ
CiNii 論文 - 精神障害者文化と「健常者社会」 : 「優しさ」と「気遣い」の文化の今日的意味 https://t.co/1fPBrPcZ18
CiNii 論文 - 精神障害者支援の「場と空間の活用」に関する考察:文献からの検討 https://t.co/ljkn3MFDQR
CiNii 論文 -  精神障害者家族会活動における子どもの「発見」 : 『わが家の母はビョーキです』を手がかりに https://t.co/Bw5rMsZCmH
CiNii 論文 -  精神障害者の就労定着および離職に関する研究の動向 https://t.co/2WAjhynPd7

フォロー(577ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

CiNii 論文 - 地域におけるセーフティネット構築の現状と課題〜PDFあり やや詰め込みすぎな感もあるけれど,よく調べられている. https://t.co/NtEpLkOXcF
CiNii 論文 - 地域におけるセーフティネット構築の現状と課題 https://t.co/NtEpLkOXcF
CiNii 論文 - 地域でのソーシャルワークにおける 支援の高い質に関する考察 : コミュニティソーシャルワーカーへのインタビュー調査から https://t.co/3pjC1R4z1A
CiNii 論文 - 知的障害者の日常生活に対する「意思決定支援」の制度化 : 議論の推移と推進派の主張 https://t.co/mcmTSM0yqH
CiNii 論文 - 知的障害者の脱施設化の論点に関する文献的研究 https://t.co/XRMCADv7Xg
CiNii 論文 - 知的障害者の主体性の形成の視点からみた障害者総合支援法(1)支給決定プロセスの検討 https://t.co/kj71opkQcS
CiNii 論文 - 知的障害者のひきこもり状態の実態と課題 : 事業所を対象にした質問紙調査の分析を中心として https://t.co/2sFHayaFfP
CiNii 論文 - 知的障害者に対する「自立支援給付」についての考察 : 「生活問題」の特性を踏まえて https://t.co/OShhJOMK0W
CiNii 論文 -  知的障害者が相模原障害者施設殺傷事件について語ることの意義:「にじいろでGO!」における当事者活動の取り組みから https://t.co/NtrYOOXIJC
CiNii 論文 - 知的障害の理解についての新しい方向性(1) : 知的障害概念に影響を及ぼした福祉制度を中心に https://t.co/UuAfC2vIvT
CiNii 論文 - 知的障害のある人の「精神科的課題」への社会福祉機能のあり方検討 : 日中活動支援と医療機関の連携に焦点をあてて https://t.co/GhyMu8YKBq
CiNii 論文 - 男子急性期閉鎖病棟と訪問看護のはざまで : 精神科看護師へのインタビューによる現象学的な質的研究 https://t.co/fOGBmt9Zc4
CiNii 論文 - 単身低所得高齢者の支援のあり方に関する一考察 https://t.co/xj29hBWtLJ
CiNii 論文 - 脱路上生活者の就労継続期間の分析 (特集 ホームレスの実態と政策課題)〜PDFなし アフターフォローが出来にくいことについての問題提起 https://t.co/vR1gKu9AcX
CiNii 論文 - 脱施設化への営み : 「青い芝の会」の運動を中心にして https://t.co/VgZ7Wh1l6L
CiNii 論文 - 第三の困窮と犯罪 : ホームレス支援の現場から下関放火事件を考える(貧困と犯罪・非行) https://t.co/uiNU0MrsXp
CiNii 論文 - 大都市における生活困窮者への支援の現状 : 生活保護の申請率の視点から https://t.co/NPPDTBiLdi
CiNii 論文 - 大阪府方面委員活動の展開と事例 -昭和恐慌期から戦時体制下へ- https://t.co/3OcgRTeKKe
J-STAGE Articles - 細菌-宿主間相互作用におけるD-アミノ酸の新規機能 https://t.co/uEXqJoWXij
CiNii 論文 - 大会テーマ特別報告 貧困の今日的現状と新たな福祉課題を探る 〜PDFあり かなり面白い. https://t.co/SMeakSdfwH
CiNii 論文 -  対人関係の視点から見たwell-beingとしての援助行動 https://t.co/FbH2HUHBDO
CiNii 論文 -  対人援助者が持つ「弱さ」についての一考察 https://t.co/zKOr9ILT5p
CiNii 論文 - 対人サービス組織の特性〜PDFあり https://t.co/XIhRh3CAXA
CiNii 論文 - 多様性の尊重と多文化ソーシャルワーク https://t.co/gb7HiU5r9k
CiNii 論文 -  多文化介護・社会福祉海外研修報告 https://t.co/99jEpeInTm
CiNii 論文 - 多職種協働のための共通言語としてのICFへの期待と課題 https://t.co/QUaf9XC2TB
CiNii 論文 - 多職種・多機関連携による触法高齢者・障害者の地域生活支援の現状と課題 : A県B地域生活定着支援センターの事例から〜PDFあり https://t.co/YrvTGNfDTp
CiNii 論文 - 他職種からみた生活相談員に期待される役割と課題 : A法人系列の特養を対象としたアンケート調査の分析 https://t.co/EwTDwoDOTF
CiNii 論文 -  尊厳回復の願いとわたしの闘い : ハンセン病を生きて https://t.co/bD5HUXUOvV
CiNii 論文 - 措置から契約へと移行する新たな社会福祉制度の課題 : アマルティア・センの「潜在能力」アプローチからの考察 https://t.co/Gp74jm5AaM
CiNii 論文 -  善意と権力―生活保護とソーシャルワークの不幸な関係 https://t.co/zqq68KZpOU
CiNii 論文 -  戦前「児童の権利」論者の戦後児童福祉法制に関する言説分析-菊池俊諦・田子一民・生江孝之に注目して https://t.co/V5eAkcTK8A
CiNii 論文 -  戦後日本における障害者福祉・職業リハビリテーション法政策小史 https://t.co/eBNcVBtjgw
CiNii 論文 - 戦後東京の重度障害者政策と障害者権利運動に見る女性の役割(1) : 身体障害者療護施設の設立経緯を通して https://t.co/7192Duh7uV
CiNii 論文 - 戦後精神薄弱児(者)施設処遇の変遷とノ-マリゼ-ションへの課題-上- https://t.co/vwEfsNdyOf
CiNii 論文 - 戦後ハンセン病政策と家族の諸問題:家族訴訟を中心に https://t.co/LFuf5codcy
CiNii 論文 - 専門職養成課程における地域アセスメントの視点の相違 https://t.co/C8SAG9Xl9K
CiNii 論文 -  専門職を通して見た措置制度から介護保険制度への移行に伴う変化についての質的調査 : これからの地域包括ケアを考えるために https://t.co/D9y711o2Wc
CiNii 論文 -  専門職からみた精神科病院におけるチーム医療の現状 https://t.co/9KuNZT3W18
CiNii 論文 - 専門職アイデンティティ概念の整理 -ソーシャルワーカーの専門職アイデンティティ形成に向けて- https://t.co/moOEE0oxRL
CiNii 論文 -  青年・成人期以降の障害者における発達支援と地域支援: 社会福祉法人よさのうみ福祉会の取り組みを踏まえて https://t.co/qgbRNtfw20
CiNii 論文 - 西成特区構想の展開と課題:—あいりん地域の新たなセーフティネットづくりを中心に— https://t.co/VSV41zvf0y
CiNii 論文 - 精神保健福祉領域における当事者の意思決定と支援モデル https://t.co/iWN48ppKwp
CiNii 論文 - 精神保健福祉分野のエンパワーメント・アプローチに関する考察 https://t.co/PeYg7QSCNb
CiNii 論文 - 精神保健福祉士の「寄り添い」に関する縦断研究 https://t.co/8cm7QOL6d1
CiNii 論文 - 精神保健活動における保健師の家庭訪問スキルを向上させる「ケースシート」を用いた事例検討の効果 https://t.co/L9xwXYYoKZ
CiNii 論文 - 精神障害者文化と「健常者社会」 : 「優しさ」と「気遣い」の文化の今日的意味 https://t.co/1fPBrPcZ18
CiNii 論文 - 精神障害者当事者の経験に着目した質的研究に関する批判的検討 : 障害者臨床心理学の着想 https://t.co/wUAXls7Z7o
CiNii 論文 - 精神障害者社会復帰のエスノグラフィー : ある女子更生施設を事例として https://t.co/3dKSLqvMy5
CiNii 論文 - 精神障害者支援の「場と空間の活用」に関する考察:文献からの検討 https://t.co/ljkn3MFDQR
CiNii 論文 -  精神障害者家族会活動における子どもの「発見」 : 『わが家の母はビョーキです』を手がかりに https://t.co/Bw5rMsZCmH
CiNii 論文 -  精神障害者への就労支援で遭遇した困難な状況を支援員が乗り越えられた要因 https://t.co/igFhVKTkpp
CiNii 論文 - 精神障害者の賃貸アパート契約に至る現状と支援の課題 https://t.co/2VWZozuhON
CiNii 論文 - 精神障害者の生活支援支援システム構築に関する試論 https://t.co/dgrxUXZ2E0
CiNii 論文 -  精神障害者の就労定着および離職に関する研究の動向 https://t.co/2WAjhynPd7
CiNii 論文 - 精神障害者の就労支援に関する一考察 : 就労支援フォーラムNIPPON2016の事例から見えてきたこれからの精神障害者支援のあり方とは https://t.co/oZRftTWStH

フォロワー(1789ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

おもろい CiNii 論文 -  動物の名付けをめぐる対立 : 赤坂アカ『かぐや様は告らせたい : 天才たちの恋愛頭脳戦』と動物倫理をめぐって (小特集 名前は誰のものか : 現代小説とマンガの検討から) https://t.co/zpKhF2E8Q7 #CiNii
これこれ CiNii 論文 -  刊行百周年を機に読み直す『赤毛のアン』 (特集 ジェンダーと言語文化--少女・小説・ジェンダー) https://t.co/rVACGtauiI #CiNii
CiNii 論文 - 国際的中立の一考察 https://t.co/PNO0OV4mR1 #CiNii
RT @ktgis: 詳しくは、小笠原節夫(1963)愛知県鍋田干拓地の伊勢湾台風被災前後の集落計画.地理学評論36-5参照。https://t.co/lU3O4bsJNp
J-STAGE Articles - 細菌-宿主間相互作用におけるD-アミノ酸の新規機能 https://t.co/uEXqJoWXij
RT @naka___35: ちなみに人工知能学会の件は学会側は改善のために専門家の意見を聞いて特集を組んでるし、それをネット上に公開してる。国の表現ガイドを参考にしたガイドも作成とのこと。 人工知能学会誌の表紙がなぜ批判されたのか分からないという人は全文読むことをオススメしま…
これおもろい。 CiNii 論文 -  子ども時代のネグレクト体験の報告は大学生の痛み体験と関連している https://t.co/eHmfcDrV4c #CiNii
RT @tsysoba: 七五三の全国展開について、何か良い論文ないかなあ、と思って探してたら、べらぼうに面白い論文が。民俗学の論文だけど歴史学的でもあり。/ 岩本通弥 「可視化される習俗 : 民力涵養運動期における「国民儀礼」の創出」国立歴史民俗博物館研究報告 141(200…
RT @nemui49072456: 日本語版作成の論文があることを知りました。 三島和夫先生は、睡眠の研究以外にこんな仕事もされていたんですね。 Hypomania Check List改訂第1版(HCL-32R1)の紹介と日本語版作成の試み https://t.co/z7…
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 概日リズム睡眠障害(不規則型睡眠・覚醒タイプ) (臨床睡眠学--睡眠障害の基礎と臨床) -- (臨床各論 概日リズム睡眠障害群)(三島 和夫),2008 https://t.co/ECDSnXhArk