言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (87 users, 101 posts, 71 favorites)

5F反応とは「危機や恐怖に直面した際の"生存可能性を高める”扁桃体の反応」 Friend;友好的反応を引き出すための無意識的微笑み Fight;いわゆる抵抗 Flight;勝ち目がなければ逃げようとする Freeze;上記どれも… https://t.co/ZzKRRjKLcS
@six_spoke_wheel 鑑定は、検察内で非常に影響力のある田中嘉寿子検事の論文に言及があるので、今は共通認識だと思いますが、この件の起訴当時はどうだったかわかりません。 https://t.co/6eol9bMmIy… https://t.co/SKw4hAGyBh
#OpenTheBlackBox #WeToo #WithYou #MeToo ✅田中嘉寿子検事、論文PDF。 「改正刑法の性犯罪の暴行・脅迫要件の認定と被害者の『5F 反応』」(2018) https://t.co/Fhksigf2U7
改正刑法の性犯罪の暴行・ 脅迫要件の認定と被害者の『5F 反応』 https://t.co/WKdMOvh0oh もいっちょ
https://t.co/WFl5vzqjE3 検察官の論文から。
https://t.co/WFl5vzqjE3 元甲南大学教授 田中かずこ検事官の論文。2018年3月。5F 反応のそれ。
田中氏は、ロドリック氏が「脳科学の最新の知見に基づき、人間が、 危機・恐怖に直面したとき、扁桃体(amygdala)は、 生存可能性を最も高める反応として、5F 反応を示 すことを紹介している(67頁)」の書いている。 https://t.co/q9E5rXMXXb
それで検索して、似た内容の論文をネットで探してみると、こちらがヒットする。ただし、上の記事での引用と文章は異なる。 田中嘉寿子(検察官、元甲南大学法科大学院教授)「改正刑法の性犯罪の暴行・ 脅迫要件の認定と被害者の『5F 反応』」 https://t.co/q9E5rXMXXb
改正刑法の性犯罪の暴行・脅迫要件の認定と被害者の『5F 反応』 検察官、元甲南大学法科大学院教授 田中嘉寿子 https://t.co/uN62rAHsZB
うまく出るかな。「改正刑法の性犯罪の暴行・脅迫要件の認定と被害者の『5F 反応』」論文。 https://t.co/SYkNsDgQVr
@YoWatShiinaEsq 司法関係の方でも、ちゃんと危機状態での人間の反応について調べ、論文を書かれている方もいるようです。内部からのこのような意見もなかなか伝わりづらい状況なのでしょうが。 https://t.co/cMEk5Ndgeq
“田中 嘉寿子「 改正刑法の性犯罪の暴行・脅迫要件の認定と被害者の『5F 反応』」 甲南法務研究,14,65-72 (2018-03)” https://t.co/mEDumrvTtv

収集済み URL リスト