言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (654 users, 724 posts, 816 favorites)

最新の脳科学に基けば、望まない性交を強いられる状況で、抵抗せずに固まっていたり友好的に笑ったりすることは、むしろ自然な反応です。 嫌であれば抵抗するといった誤解に基づく暴行脅迫要件ではなく #同意のない性交を性犯罪に してください。 科学の声を聞いてください。 https://t.co/7OH4RnO1yY https://t.co/Y40i75IGSM
@die_kuma @hatanohiroshi @cakes_PR 5F反応について学んでください。 https://t.co/WoIEuzHySY https://t.co/nPqPl8ejfq https://t.co/azt7OpQPTm https://t.co/NwyH4ZTfLo
5F反応とは違うかもだけど、非現実的でふわふわした感じ、水の中からスローになった世界を見ているような、酔ってるような(解離?離人感?)状態になった。母もボーっと変な感じになったと話してた(彼女の場合は性知識がなく、なにをされてるかも理解してなかったのだが) https://t.co/dAawKNGDA4
@okae それは読んでないのでコメントしかねますが、田中先生のこれとかなかなか毛色が違うと感じられるかもしれないので紹介しときます。もし興味があればhttps://t.co/FLmhHkDHcY
この「危機や恐怖に直面した際の生存可能性を高める扁桃体の反応」だった。同意じゃない。 Friend:友好的反応を引き出すための無意識的微笑み Fight:抵抗 Flight:勝ち目がなければ逃げようとする Freeze:上記どれもダメだと凍結する Flop:Freezeも奏功しないと迎合する https://t.co/9LLsKUEaaN
✅田中嘉寿子検事、論文PDF。 「性犯罪の被害者の供述の信用性に関するあるべき経験則について ―防災心理学の知見の応用:正常性バイアスと凍り付き症候群―」(2015) https://t.co/csT2sCrurB 「改正刑法の性犯罪の暴行・脅迫要件の認定と被害者の『5F 反応』」(2018) https://t.co/Fhksigf2U7
「改正刑法の性犯罪の暴行・脅迫要件の認定と被害者の『5F反応』」 検察官,元甲南大学法科大学院教授 田中嘉寿子 https://t.co/9LLsKUEaaN #性被害者のその後
@six_spoke_wheel 鑑定は、検察内で非常に影響力のある田中嘉寿子検事の論文に言及があるので、今は共通認識だと思いますが、この件の起訴当時はどうだったかわかりません。 https://t.co/6eol9bMmIy 被害をきいた人の調書は、必ず提出されるので共通認識です。ただ、児相の報告ではダメというのは私の意見にすぎません
#OpenTheBlackBox #WeToo #WithYou #MeToo ✅田中嘉寿子検事、論文PDF。 「改正刑法の性犯罪の暴行・脅迫要件の認定と被害者の『5F 反応』」(2018) https://t.co/Fhksigf2U7
改正刑法の性犯罪の暴行・ 脅迫要件の認定と被害者の『5F 反応』 https://t.co/WKdMOvh0oh もいっちょ
https://t.co/WFl5vzqjE3 検察官の論文から。
https://t.co/WFl5vzqjE3 元甲南大学教授 田中かずこ検事官の論文。2018年3月。5F 反応のそれ。
改正刑法の性犯罪の暴行・脅迫要件の認定と被害者の『5F 反応』 検察官、元甲南大学法科大学院教授 田中嘉寿子 https://t.co/uN62rAHsZB
うまく出るかな。「改正刑法の性犯罪の暴行・脅迫要件の認定と被害者の『5F 反応』」論文。 https://t.co/SYkNsDgQVr
@YoWatShiinaEsq 司法関係の方でも、ちゃんと危機状態での人間の反応について調べ、論文を書かれている方もいるようです。内部からのこのような意見もなかなか伝わりづらい状況なのでしょうが。 https://t.co/cMEk5Ndgeq
“田中 嘉寿子「 改正刑法の性犯罪の暴行・脅迫要件の認定と被害者の『5F 反応』」 甲南法務研究,14,65-72 (2018-03)” https://t.co/mEDumrvTtv

収集済み URL リスト