著者
川瀬 基弘 横山 悠理 横井 敦史 熊澤 慶伯
出版者
名鉄局印刷株式会社
雑誌
瀬木学園紀要 = Sekigakuen Kiyo
巻号頁・発行日
no.18, pp.3-9, 2021

Molecular phylogenetic analyses using mitochondrial COI gene sequences showed that Anodonta individuals from Nagoya and Toyohashi, Aichi Prefecture and Hokuto, Yamanashi Prefecture belong to Buldowskia shadini (Moskvicheva, 1973), proposing a new Japanese name “Yahazu-Numagai” for this species. This study raises the possibility that B. shadini individuals in various parts of Japan have been misidentified as Anemina arcaeformis (Heude, 1877) based on shell morphology.

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 11 favorites)

文中に出てくる池で採られたフネドブ型の標本を持ってるぞ… 全く気付かなかったけどフネドブじゃなくてこの貝だったのかな https://t.co/cztC5HBq77
豊橋のため池で採集され、西ほか(2014)にて「フネドブガイ」として報告した貝は、遺伝子解析の結果Buldowskia shadiniだったとのこと。また、和名ヤハズヌマガイが提唱されている。 https://t.co/LzwxVadACj

収集済み URL リスト