著者
佐藤 郁哉 Ikuya Sato
出版者
同志社大学商学会
雑誌
同志社商学 = Doshisha Shogaku (The Doshisha Business Review) (ISSN:03872858)
巻号頁・発行日
vol.70, no.2, pp.201-258, 2018-09-30

本論文では、2000年前後から日本の高等教育セクターにおいて頻繁に使用されるようになったPDCAという用語の普及過程とその用法について、特にこの用語が行財政改革の切り札として注目され、また高等教育界に導入されていった経緯に着目して検討を加えていく。その分析の結果は、業務の効率化を目指して導入されたPDCAの発想がその本来の意図とは正反対の極端な非効率と不経済をもたらす可能性があることを示している。また、(疑似)経営用語の借用それ自体がもたらす弊害について指摘した上で、PDCAなる用語の禁止語化を提案する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 6 posts, 0 favorites)

PDCAとかシラバスとか、これでもか!と書かれていて面白かったよ https://t.co/P0psK3c8mI
PDCAは、なんでも問題を解決する万能薬ではない。 これは、結構扱いがむずかしい。 https://t.co/KALK0Ww1MW

収集済み URL リスト