著者
武久 堅
出版者
関西学院大学
雑誌
日本文藝研究 (ISSN:02869136)
巻号頁・発行日
vol.59, no.3, pp.1-22, 2008-03-10
著者
大島 明秀
出版者
関西学院大学
雑誌
日本文藝研究 (ISSN:02869136)
巻号頁・発行日
vol.59, no.3, pp.86-110, 2008-03-10

本稿では、明治二十二年『国民之友』誌上に発表された徳富蘇峰「明治年間の鎖国論」を中心に、明治初期から二十年代に至る「鎖国」観の変遷を追跡した。 斯論において蘇峰は、「鎖国」に否定的な発言をしてはいるが、それは同時代を江戸の継続した時代と捉え、そこに遺り続ける旧弊「鎖国主義の精神」、すなわち西洋の知識・文物に対する排除的(保守的)姿勢への批判であった。そこには外国を敵視したり、侵略したりするような排外的且つ植民地主義的発想は全く不在であった。 従来の研究史では、戦前の「鎖国」研究は「鎖国得失論」であると語られてきたが、かかる蘇峰の議論に代表されるように、明治二十年代前半まで(とりわけ日清戦争以前)は、多様な「鎖国論」(「鎖国得失論」に回収されえない議論)が存在したことが明らかになった。
著者
田中 康二 Koji Tanaka
出版者
日本文学会
雑誌
日本文芸研究 (ISSN:02869136)
巻号頁・発行日
vol.66, no.1, pp.1-38, 2014-10
著者
笹井 香
出版者
関西学院大学
雑誌
日本文藝研究 (ISSN:02869136)
巻号頁・発行日
vol.57, no.2, pp.A1-A21, 2005-09-10
著者
六城 雅章 Tsuneaki Rokujo
出版者
関西学院大学日本文学会
雑誌
日本文藝研究 (ISSN:02869136)
巻号頁・発行日
vol.67, no.2, pp.71-86, 2016-08
著者
兼弘 かづき Kazuki Kanehiro
雑誌
日本文藝研究 (ISSN:02869136)
巻号頁・発行日
vol.55, no.1, pp.103-115, 2003-06-10
著者
藤原 智子 Tomoko Fujiwara
雑誌
日本文藝研究 (ISSN:02869136)
巻号頁・発行日
vol.55, no.3, pp.55-81, 2003-12-10