著者
喜田 宏 伊藤 壽啓 高田 礼人 岡崎 克則 河岡 義裕
出版者
北海道大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
1998

シベリアの水禽営巣地ならびに北海道で採取した野鳥の糞便からインフルエンザウイルスを分離し、シベリアに営巣する水禽が様々なHA亜型のインフルエンザウイルスを保持していることを明らかにした。NPならびにH5HA遺伝子の系統進化解析の結果、1997年に香港のヒトとニワトリから分離された強毒H5N1インフルエンザウイルスの起源がこれらの水禽類にあることが判った。したがって、今後ヒトの間に侵入する新型ウイルスのHA亜型を予測するため、シベリア、アジアを含む広範な地域で鳥類インフルエンザの疫学調査を実施する必要がある。北海道のカモから分離した弱毒H5N4ウイルスを用いて強毒H5N1ウイルス感染に対するワクチンを試製し、これが有効であることを示した。そこで、疫学調査で分離されるウイルスは新型ウイルス出現に備え、ワクチン株として系統保存する計画を提案した(日米医学協力研究会2000、厚生省1999)。中国南部のブタにおける抗体調査の結果から、H5ウイルスの感染は少なくとも1977年から散発的に起こっていたことが判明した。一方、H9ウイルスは1983年以降に中国南部のブタに侵入し、その後ブタの間で流行を繰り返していることが判った。

言及状況

Twitter (2 users, 11 posts, 0 favorites)

新型インフルエンザウイルスの出現予知と流行防止 Molecular mechanisms of infection and pathogenesis of viruses 1998年度~1999年度 https://t.co/1rQXdxrCqD
新型インフルエンザウイルスの出現予知と流行防止 Molecular mechanisms of infection and pathogenesis of viruses http://t.co/A9Qc2fZyQx http://t.co/rlxOh0XmKI
動物ウイルスの感染と発症の分子機構、特に病原性発現に関与する宿主細胞因子の解析 1996年度~1998年度 http://t.co/6RVaMNcpic 新型インフルエンザウイルスの出現予知と流行防止 1998年度~1999年度 http://t.co/1rQXdxJdyH
「http://t.co/FOhbSPfFyl 新型インフルエンザウイルス 高田礼人」 http://t.co/rmJyZvMfLZ 新型インフルエンザウイルスの出現予知と流行防止 http://t.co/A9Qc2gh9YB http://t.co/xugnSZLvXV
新型インフルエンザウイルスの出現予知と流行防止 喜田 宏KIDA, Hiroshi 研究期間 : 1998年度~1999年度 http://t.co/1rQXdxJdyH http://t.co/o9nvgBqw16
新型インフルエンザウイルスの出現予知と流行防止 Molecular mechanisms of infection and pathogenesis of viruses http://t.co/SRwZCKedv4 http://t.co/EpHokgnb2t
「インフルエンザウイルスの進化と予測」1991年度~1992年度 http://t.co/yXWLPaI0 「新型インフルエンザウイルスの出現予知と流行防止」1998年度~1999年度 http://t.co/NQAoZe7h
「新型インフルエンザウイルスの出現予知と流行防止」 http://t.co/E86CvmtH 「新型インフルエンザ対策は地道に」 http://t.co/5m6SIgEn  ; 何が「地道に」なんだか… 「北大がWHO協力拠点」 http://t.co/M8krb3h6
天変地異予言研究(笑) 地震津波台風予防研究(笑) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/10041151

収集済み URL リスト