時埜端片 (@tokino_kakera)

投稿一覧(最新100件)

RT @september7357: @tokino_kakera アルツハイマー病の 新モデルマウスをつくる 2014/11/12 https://t.co/LCygUIy7Ql アルツハイマー病のモデルマウス https://t.co/i2gjR3TG3J ということらし…
プリオン黒歴史… https://t.co/t15FeB8FXF 「非通常病原体プリオンの分子機構」 https://t.co/Xw2BOrt87h https://t.co/5QXhmb9mF7
「橋田充 がん 遺伝子」 https://t.co/W6mgA5rtwF https://t.co/4wi7Mfar6a がん増殖・転移におけるバイオイメージングとターゲティング型DDS開発 https://t.co/49SUCfHYUm
KAKEN — 動物インフルエンザウイルスのレセプター認識特異性に関する研究 https://t.co/PZZ5PPjRQv https://t.co/hxsNRjoTPQ https://t.co/NxEVo45XYe 再現できるのかなあ…
「エジプト家禽由来鳥インフルエンザウイルス(H5N1)に関するウイルス学的研究」 https://t.co/gqBR2CHjTM https://t.co/pPl7GbDkjq
「日本脳炎ならびに関連ウイルスの新しいワクチンと診断試薬の開発」(1989 – 1991) https://t.co/RoFZTbZTKW >ダニ媒介脳炎ウイルス https://t.co/QLbn6zoCX6 医科様路線を延々踏襲…
これらは「配分額」が0円ということなのかね? https://t.co/EJDnhrz8zN https://t.co/hbgopmkghi
これらは「配分額」が0円ということなのかね? https://t.co/EJDnhrz8zN https://t.co/hbgopmkghi
新型インフルエンザウイルスの出現予知と流行防止 Molecular mechanisms of infection and pathogenesis of viruses 1998年度~1999年度 https://t.co/1rQXdxrCqD
インフルエンザウイルスの起源と進化 Origin and Evolution of Influenza Viruses 1993年度~1994年度 https://t.co/qqSJ4oGkLS https://t.co/2sFIPDnyB1
インフルエンザウイルスの進化と予測 Evolution and Prediction of Influenza Viruses 1991年度~1992年度 https://t.co/7mSlLOE0WO https://t.co/2sFIPDnyB1
KAKEN - 江下 優樹(10082223) https://t.co/Eo5ihqi1ot https://t.co/g9z1bNjJar 西ナイル熱ウイルスなどのフラビウイルス感染症の診断法、疫学および予防法 https://t.co/9wvXrNFD73
>我々は、未知の感染症(慢性脳炎)の疾患概念の確立と病原菌の同定を試み、最新の次世代シークエンサーを用いた感染症のDNA診断システムの構築を試みた https://t.co/gtse1WJtra ; アハハ、まるで「ガラス瓶に入った“何でも溶かす”液体」のような話だなあ…
RT @flurry: なんかすごいことが書いてあるぞ。>『全く新しい脳脊髄炎の疾患概念の確立と原因究明に挑戦し、おおよその菌種を同定し得た。 形態的に既存の病原体との類似性がなく、本病原体は、全く新しい種である可能性が高かったが、実際に全く想定外の菌で』 https://t.…
動物の伝達性海綿状脳症の分子病態 Molecular pathogenesis of transmissible spongiform encephalopathy https://t.co/37SmeYtM0Q
コレって科研費「配分額」いくらだったのだろう… https://t.co/37SmeYcaCg
エイズウイルス学派(笑) https://t.co/obyYD2cR1Y https://t.co/d3j6F9mVyR https://t.co/cvnw6rc4Nh ; 現代版「脚気菌」感染症案件…「ある」ということを前提にして、しこたま公的研究予算食っちまったから…
トリウイルスが直接じかにヒトにうつるんです(笑) >トリインフルエンザウイルスのヒトへの伝搬及び病原性獲得機構 https://t.co/DpWey5gJRm https://t.co/ByHvkKyHEu
動物インフルエンザウイルスのレセプター認識特異性に関する研究 1994年度~1995年度 https://t.co/3M62c38Qle https://t.co/T3Q9MelUvn
>マウス受精卵前核にCMV/β-actin/EGFP遺伝子を顕微鏡注入し、体外培養後、桑実胚ないし胚盤胞期に蛍光顕微鏡で観察が、偽妊娠マウスへ移植した。生まれたマウスのDNA解析の結果… https://t.co/MM3Cv3X3kB
医療用形質転換家畜の作出に関する開発研究 Studies on development of transgenic animals for use the in medical science. 1998年度~2000年度 https://t.co/MM3Cv3X3kB
「ヘリコバクター・ピロリ感染を基盤とする胃がん発症機構とその制御」 https://t.co/lUPuwryNSf >配分額 総額:140400千円
配分額 総額:2280000千円 https://t.co/r0KtscPgEp 文化勲章学者の研究費は桁違い… https://t.co/P23m9bilfd [キーワード:グルタミン酸受容体] https://t.co/sjx9K3u5lT
プリオン関連研究で「配分額」が記載されていないのは何故なのだろう… https://t.co/37SmeYcaCg https://t.co/qdaHrDeGYx 「伝達性海綿状脳症」 https://t.co/vYoE7cR0kU
プリオン関連研究で「配分額」が記載されていないのは何故なのだろう… https://t.co/37SmeYcaCg https://t.co/qdaHrDeGYx 「伝達性海綿状脳症」 https://t.co/vYoE7cR0kU
>ヒトのウイルスとカモのウイルスのリアソータントウイルスをリバース・ジェネティクス法により作製し、カモの腸管内での増殖を調べた… https://t.co/VNEvlqt4Jf https://t.co/DpWey4Z8sM https://t.co/3qjodt7qLV
二枚貝におけるウイルス汚染に関する研究 The study of viral contamiuation on shellfish 1997年度~1999年度 https://t.co/Mj7Oqtd2sk https://t.co/WUBE0OUDyj これも97年案件か
27億円もの公的研究費、どこにどうやって食い散らかし蕩尽したのだろう… http://t.co/JhF1MVio8h
温室効果気体と気候変動研究 1998年度~2000年度 http://t.co/KyCLR8pgJp http://t.co/px7OMDq5oN
3ヵ年で1億2千万円余りの研究費を費やしたら、何がしかの成果をきちんと出さなきゃ、それこそ税金泥棒だと後ろ指さされかねないからなあ… http://t.co/uUn3BSbQuW
温室効果気体の変動と循環のダイナミクスに関する研究 Variations and Cycles of Greenhouse Gases on the Earth's Surface 1998年度~2000年度 http://t.co/uUn3BSbQuW
>初めてウイルスガン遺伝子の存在を証明し、その後のガン研究に大きな貢献をした http://t.co/2pij0YrhTj KAKEN - 豊島 久真男(90029760) http://t.co/Pzwwpboirt http://t.co/IQJRKoQmRd
桁違いの科学研究費「配分額総額」… http://t.co/pSN8IC9aqn http://t.co/bQClWVUucv http://t.co/dbSL3HxBoG 投下研究費予算に見合った成果は出てんだろうか…
桁違いの科学研究費「配分額総額」… http://t.co/pSN8IC9aqn http://t.co/bQClWVUucv http://t.co/dbSL3HxBoG 投下研究費予算に見合った成果は出てんだろうか…
>HIV/AIDS経膣感染霊長類モデルの構築を試みたところ、ヒトの性周期と類似するカニクイザルを用いて、SIV10000TCID_<50>/ml(1ml)をSIV感染細胞及び精液とともに複数回接種するモデル… https://t.co/CroilKFY4w
>HLAと連鎖したスギ花粉抗原特異的Is遺伝子が抗原特異的サプレッサーT細胞を介して、IgE免疫低応答性を支配し、スギ花粉症に対する低抗性をもたらしている http://t.co/G7pArMEYOq ;「サプレッサーT細胞」って実在してるのかな?
「免疫抑制遺伝子(immune suppression genes)」… http://t.co/G7pArMEYOq 創作の極み…
ゴナドトロピン及びプロラクチン分泌に関する細胞内機構の解明 1985年度~1987年度 https://t.co/FhFStCemfm >研究概要(最新報告) なんかお話つくってないかなあ…
>フィロウイルス(エボラウイルスおよびマールブルグウイルス)の感染は、本ウイルスの細胞侵入を担う表面糖蛋白質GP蛋白質をエンベロープとしたシュードタイプウイルスを代替として用いた… http://t.co/5s8fvgzrH3 http://t.co/uFxL611CQp
http://t.co/FOhbSOoSa9 高田礼人 下島昌幸 http://t.co/Z6rYUc2BIc >松野啓太、岸田典子、宇佐美克明、入村達郎、下島昌幸、河岡義裕、高田礼人: "マールブルグウイルスの病原性とC型… http://t.co/O4mXbic9pk
>新たなエボラ出血熱の動物モデルの確立 : ゴールデンハムスターを用いたエボラウイルス感染モデルを開発した。このモデルはヒトと同様の病態を示すことから、今課題の病原性の研究のみならずワクチン・治療法の開発にも有用なモデルになる http://t.co/XCr3OY1Cnr
さてさて、何をひっかけるように細工を施した「検査」システムなのかな… http://t.co/fCwekWKfKh http://t.co/NtUiKSRUi3 エボラウイルス出血熱の発症病理および血清疫学的研究 http://t.co/XOEfaZP52z
>我々は近年新しい方法として重篤な免疫不全マウスであるSCIDマウスにヒトの造血組織を移植し、ヒトのリンパ球細胞を構築する方法を用いて以下の結果を得た。(中略)HIVを接種し、感染後1、2さらに3週間後、ウイルスの増殖を確認した。 http://t.co/LxcXvyXcEK
>ヒト免疫不全症ウイルス(HIV)は、AIDSの原因ウイルスである。しかし、このレトロウイルスがヒトにしか病気を起こさないために、その発病機構の解明ならびに治療薬の開発が大きく遅れている。 http://t.co/LxcXvyXcEK
マウスモデルによるHIV感染ならびに発症機構の解析(1998年度) http://t.co/mq0KH5qpSM http://t.co/EUKFfbViRe
KAKEN - 都市活動に起因する温室効果ガス発生と都市域における地球温暖化の影響及び対策 http://t.co/6UVxSQrAHn http://t.co/XV2htxcFiz >三村 信男 茨城大学・工学部・助教授 http://t.co/3fakrKmv9Q
>伝達性海綿状脳症の病原体プリオンは従来の微生物不活化処理に高い抵抗性を示し、その不活化には132℃1時間、1-2Nの苛性ソーダ或いは数%の次亜塩素酸ソーダへの浸漬などの厳しい処理が要求される… http://t.co/opk2byHmmb
プリオンの選択的不活化法の開発 品川 森一SHINAGAWA, Morikazu 研究期間:1998年度~2000年度 http://t.co/opk2byHmmb http://t.co/E9G1nMpxEI
>感染性プリオンを試験管内で複製する http://t.co/fdlpr9D52W 「病原体プリオン」といういわゆるひとつの「仮説」段階… http://t.co/KqSGDlg45L 「ある」ことを未だ確定できていないものを、複製する研究の真偽は如何に…
伝達性海綿状脳症の感染性アミロイド形成に関する研究 In Vitro studies on the formation of prion amyloid 1996年度~1998年度 http://t.co/fdlpr9D52W http://t.co/eMDN6YAAQp
温暖化防止の持続的国際枠組み 代表者 2006年度~2011年度 新澤 秀則 兵庫県立大学・経済学部・教授 http://t.co/LJO5cFsjy6 http://t.co/1gDqFhe6sY [キーワード:地球温暖化] http://t.co/snFXE7mpVf
トリインフルエンザウイルスのヒトへの伝搬及び病原性獲得機構 河岡 義裕KAWAOKA, Yoshihiro 研究期間:2000年度~2002年度 http://t.co/DpWey4Z8sM http://t.co/1s6yBQklaP
香港で発生した新型H5インフルエンザウイルスの起源と変異 伊藤 壽啓ITO, Toshihiro 研究期間:1999年度~2001年度 http://t.co/CMPWKCs5uL http://t.co/1s6yBQklaP
人畜共通新興再興感染症に対する新規療法戦略 堀本 泰介HORIMOTO, Taisuke 研究期間:2005年度~2008年度 http://t.co/Pv8FwRbyol http://t.co/ovagUoUbqN
心・血管系における負荷に対する応答機構-分子生物学的アプローチによる解析 1991年度~1992年度 矢崎 義雄 http://t.co/Xrw0QHkgqX http://t.co/5mkVmpj9IX この時代から、なんかつるんでやってそうだけどなあ…
プリオン蛋白構造解析に基づくバイオインフォーマティクスによるプリオン病治療薬開発 2004年度~2006年度 片峰 茂 http://t.co/Ji0gx206bK http://t.co/2C97fNJCLR http://t.co/NzE3Zl2wX8
動物の伝達性海綿状脳症の分子病態 1996年度~1998年度 http://t.co/37SmeYcaCg http://t.co/Ke1yBRNZY7 「配分額」が記載されていないのはなぜなんだろう…
神経可塑性及び脳の発達におけるIP3受容体のカルシウムシグナリングの解析 研究期間:2008年5月12日~2013年3月31日(予定) http://t.co/w6BrAehSja http://t.co/70GM5j27LE
神経細胞におけるIP_3受容体の分子機構と情報伝達発生・文化におけるその役割 1990年度~1994年度 http://t.co/w6BrAehSja http://t.co/70GM5j27LE
ヒトES細胞からのドーパミン産生神経誘導およびサルパーキンソン病モデルへの移植 代表者 2005年度~2007年度 高橋 淳 研究分担者 中辻 憲夫 笹井 芳樹 http://t.co/o1RVTOefLu http://t.co/tXWTa7Ustz
サルES細胞からのドーパミン神経誘導およびサルパーキンソンモデルへの移植 2002年度~2004年度 http://t.co/SbVBGSEg2i http://t.co/tXWTa7Ustz
>我々はこれまで遺伝性アルツハイマー病(FAD)の原因遺伝子の一つであるプレセニリン1(PS1)の突然変異がもたらす脂質とくに糖脂質代謝への影響を明らかにし、それが神経細胞の情報伝達に如何なる影響を与えるのかを主に脂質ラフトの観点… http://t.co/j7Md0a6GLg
>HIVの遺伝子を分子進化的に解析し、その進化速度が異常に高いことを明らかにし、このウイルスの感染者体内における進化のメカニズムに関してもいくつかの知見を得た(五條堀) http://t.co/vyPDXDlZKi http://t.co/A4AxG6pJwz
伝達性海綿状脳症の高感度早期診断法の開発:PrPScの高感度検出法による早期診断と動物由来薬粧品原料のPrPSc汚染の検出への応用 1995年度~1997年度 http://t.co/BuOLS2sBkn http://t.co/UppORZvgbP
牛海綿状脳症病原体の高感度検出系の開発 2002年度~2004年度 http://t.co/Lx2Gih06O5 牛海綿状脳症の発病機構及び高感度検出に関する研究 2005年度~2007年度 http://t.co/YERqjr1p9l
牛海綿状脳症病原体の高感度検出系の開発 2002年度~2004年度 http://t.co/Lx2Gih06O5 牛海綿状脳症の発病機構及び高感度検出に関する研究 2005年度~2007年度 http://t.co/YERqjr1p9l
>本研究目的は、各種動物由来レンチウイルスを分子生物学的観点から総合的に比較研究することにより、レンチウイルスに共通に見られる遺伝特性を明らかにするとともに、その生体内での病原性の発現メカニズムを分子レベルで探ることにある http://t.co/rRWMKqKq3z
研究課題の研究分野 応用獣医学 臨床獣医学 獣医学 http://t.co/1KdryHqHlk >速水 正憲 >吉倉 廣 >見上 彪 >長谷川 篤彦 動物由来レンチウイルスの分子生物学的比較 1992年度~1993年度 http://t.co/rRWMKqKq3z
動物のアレルギー性疾患に対するDNAワクチン療法の開発 Development of DNA vaccine therapy for allergic diseases in animals 2000年度~2001年度 http://t.co/pdV5n3XG9N
アレルギー治療における抗原特異的ワクチン開発の研究 2005年度~2006年度 http://t.co/URjdi4ZugY http://t.co/cuymyQVLO9
インフルエンザウイルスとスギ花粉T細胞エピトープを用いた新しいリポソームワクチン 2010年度~2012年度 http://t.co/1DW3NAAb28 http://t.co/cuymyQVLO9
スギ花粉ワクチンの開発 Development of Vaccine for Cedar pollen allergy 1995年度~1997年度 http://t.co/eSYX3woTCj http://t.co/cuymyQVLO9
厚生労働科学研究費補助金(新興・再興感染症研究事業)「インフルエンザ脳症の発症因子の解明とそれに基づく発症前診断方法の確立に関する研究」班. インフルエンザ脳症ガイドライン【改訂版】 http://t.co/XDRkf7WHbY http://t.co/c5Xf4RklMd
新型インフルエンザウイルスの出現機構とその制圧 Mechanism of emergence of new influenza viruses and their control http://t.co/k0AXt5KFWP http://t.co/c5Xf4RklMd
トリインフルエンザウイルスのヒトへの伝搬及び病原性獲得機構 http://t.co/DpWey4Z8sM http://t.co/rlxOh0XmKI
インフルエンザウイルスの進化と予測 Evolution and Prediction of Influenza Viruses http://t.co/7mSlLOE0WO http://t.co/rlxOh0XmKI
新型インフルエンザウイルスの出現予知と流行防止 Molecular mechanisms of infection and pathogenesis of viruses http://t.co/A9Qc2fZyQx http://t.co/rlxOh0XmKI
香港で発生した新型H5インフルエンザウイルスの起源と変異 Origin and Mutations of Hong Kong New H5 Influenza Viruses http://t.co/CMPWKCs5uL http://t.co/Os3BqIXrnD
>一気にポリオを根絶する為には、更に強力な免疫計画とサーベイランスが必要であり、この目的をもって世界レベルの根絶計画がWHOの強力な指導のもとにスタートした。 http://t.co/nWvbGfjX8w 「ポリオ根絶計画」 http://t.co/8wnha4g3q1
「非A非B型肝炎起因因子の同定」 http://t.co/7scUEvotkr 「C型肝炎ウイルスの遺伝子発現と肝炎・肝癌発症」 http://t.co/fE3ouzee6Y http://t.co/YtTtvgCuVh http://t.co/Q2Zb6V3tWK
「非A非B型肝炎起因因子の同定」 http://t.co/7scUEvotkr 「C型肝炎ウイルスの遺伝子発現と肝炎・肝癌発症」 http://t.co/fE3ouzee6Y http://t.co/YtTtvgCuVh http://t.co/Q2Zb6V3tWK
胃がん発癌蛋白としてのヘリコバクター・ピロリ菌CagA蛋白の役割 2002年度 畠山昌則 北海道大学・遺伝子病制御研究所・教授 http://t.co/nQW4PWKSfL http://t.co/Lj9GTssq1Q http://t.co/yUOx4kOrON
スギ花粉症をモデルとしたIgE免疫応答の機構の解析 1984年度~1986年度 http://t.co/QD0Dnoin0T >スギ花粉症に対する抵抗性はHLAと連鎖した遺伝子により、CPAg特異的サプレッサーT細胞を介して発現される単純優性遺伝形質であり…
>スギ花粉症は、スギ(Cryptomcria japonica)花粉によって引き起こされるI型アレルギー疾患である。 http://t.co/Uy5kVLzbCX [キーワード:/スギ花粉症/] http://t.co/LMfZxINz0m
キーワード:B型肝炎ウイルス http://t.co/so7itPTySx キーワード:B型肝炎ワクチン http://t.co/nE89zQDu8y HLA多重遺伝子族による免疫応答および疾患感受性制御の分子機構の解明 http://t.co/Uy5kVLzbCX
リバース・ジェネティクス法によるインフルエンザ生ワクチンの開発 Development of influenza live vaccine by reverse genetics http://t.co/46IOUOPIma http://t.co/wz5I3DJpP4
香港で発生した新型H5インフルエンザウイルスの起源と変異 Origin and Mutations of Hong Kong New H5 Influenza Viruses http://t.co/CMPWKCJGCP http://t.co/wz5I3DJpP4
ブタ用多価組み換えウイルス生ワクチンの開発 Development of a recombinant viral live vaccine for pigs http://t.co/tGMgFRitcn http://t.co/2DwXUzyU4d
「BACシステムを用いた簡便な組み換えヘルペスウイルス作成法の開発」 http://t.co/vSw4vH8YdN http://t.co/19WoeAlFPa
個体生命を支える素機構の統合 近藤 寿人 研究期間:1999年度~2004年度 http://t.co/0TGEJnaXgj >配分額 総額:1990000千円 >杉野 明雄 大阪大学・生命機能研究科・教授 http://t.co/ZCJdN5rPUd
「多細胞生物における高次生命現象の分子的基盤」 http://t.co/xjJ6ta5lhz 「高次生命現象」を分子レベルで説明しようとすることに無理があるんじゃないのかな…
プリオン病感染因子の研究 代表者 2004年度~2005年度 片峰 茂 KATAMINE, Shigeru 長崎大学・大学院・医歯薬学総合研究科・教授 http://t.co/AM8wXr4HXT 長崎大学 / 学長 http://t.co/xajej4upZv
インフルエンザ・パンデミック対策と予防接種の適応に関する臨床疫学的・免疫学的研究 廣田 良夫HIROTA, Yoshio 1998年度~2000年度 http://t.co/BCDSkzp9dQ http://t.co/5UXbP1gD2w
アジアにおける新変異インフルエンザウイルスの出現機構の解明とその制御 1997年度~1998年度 http://t.co/ctvtiKJSPW http://t.co/FOhbSPfFyl ウェブスター インフルエンザウイルス http://t.co/mDCDc98f2c
再生医療本格化の為の上皮細胞を中心とした新規組織工学技術の開発 特別研究員 2008年度~2010年度 小保方 晴子 早稲田大学・理工学研究科・特別研究員(DC1) http://t.co/RiBQVwS0D9
>学会発表 >小保方晴子、小島宏司、大和雅之、若山照彦、常田聡、岡野光夫、Charles A.Vanti: "三胚葉由来組織に共通した成体幹細胞の探索" 第10回 日本再生医療学会総会. (20110301). 京王プラザホテル、東京 http://t.co/9V7kC4w6Vg
KAKEN - 再生医療本格化の為の上皮細胞を中心とした新規組織工学技術の開発 小保方 晴子 早稲田大学・理工学研究科・特別研究員(DC1) http://t.co/9V7kC4w6Vg 「小保方晴子 大和雅之」 http://t.co/62h4y49fRG
動物ウイルスの感染と発症の分子機構、特に病原性発現に関与する宿主細胞因子の解析 1996年度~1998年度 http://t.co/6RVaMNcpic 新型インフルエンザウイルスの出現予知と流行防止 1998年度~1999年度 http://t.co/1rQXdxJdyH
動物ウイルスの感染と発症の分子機構、特に病原性発現に関与する宿主細胞因子の解析 1996年度~1998年度 http://t.co/6RVaMNcpic 新型インフルエンザウイルスの出現予知と流行防止 1998年度~1999年度 http://t.co/1rQXdxJdyH
動物インフルエンザウイルスのレセプター認識特異性に関する研究 1994年度~1995年度 http://t.co/3M62c3I2kQ トリから哺乳動物へのインフルエンザウイルス伝播の機構 1996年度 http://t.co/YIjlVYou2j

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(197ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @tosh_taniguc: Lineを使用した新型コロナウイルスパーソナルサポートの論文が出ました。慶応大学の先生方、Lineおよび行政の皆様方のパワーに圧倒されっぱなしでした。 Early SNS-based monitoring system for the COV…

フォロワー(198ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)