著者
池田 譲
出版者
琉球大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2004 (Released:2004-04-01)

鏡に映る自分を認識する能力である「自己認識」は、ヒトを含む一部の大型類人猿とバンドウイルカにのみ認められる高度な知性であり、発達した社会性を背景に進化を通じて獲得されたと考えられている。本研究は、イカ類が発達した神経・感覚系および無脊椎動物最大の脳を有し、かつ、高度な記憶・学習能、発達した社会性をもつことに着目し、イカ類が自己認識を有しているとの発想にたち、水産重要種であるアオリイカを対象に、自己認識と社会性の発達に関わる以下の研究を行った。初めに、自己認識検知のためマークテストを試みた。その結果、アオリイカは視認不能部位にマークが付けられると鏡の前で静止するという行動を示した。次に、アオリイカを隔離飼育し、隔離個体に鏡を提示して自己鏡像に対する行動を観察した。隔離個体は鏡面に対して一定の距離をフリーズする、または鏡に張り付くといった通常では見られない行動を表出した。これらの実験から、本種には自己認識の萌芽があり、それは同種他個体の存在という社会的要因に可逆的に影響を受けることが示唆された。次に、アオリイカ卵を育成し孵化個体を得、孵化後間もなくから孵化後約120日までの個体について、自己鏡映像へのタッチ行動発現の過程を記録した。その結果、アオリイカは孵化直後から鏡に接近して鏡面を滑るように腕先端でかすかに触る行動が見られた。孵化後30日には成体同様に鏡面に対して明確に定位する個体が認められた,成体期におけるタッチ行動に比べるとその頻度は低かった。孵化後50日以降では、タッチ行動を示す個体の数も増え、個体によっては成体期と同レベルの頻度を示すものも見られた。以上の観察から、アオリイカにおける自己鏡映像へのタッチ行動は、孵化直後から認められるものの、それは孵化後の生育に伴いより顕著になっていく過程であり、類人猿における鏡像自己認識と類似する点が認められることが明らかになった。

言及状況

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

バンドウイルカは鏡映認知能力(鏡に映った自分自身を認識する能力)を持っていると言われていますね。 また、詳細なデータで確実に証明されたものではないのですが、イカもそうなのではないかという疑問に基づいて行われた実験があります。イカやタコは無脊椎動物の中でも特に器用で頭もいいですから、その可能性は確かにあると思います。 ・イカ類の自己認識と社会性の発達に関する行動学的研究: http:/ ...

Twitter (8 users, 8 posts, 5 favorites)

おおおおお、イカすごい! 鏡に映る自分を認識する能力である「自己認識」は、ヒトを含む一部の高等類人猿とバンドウイルカにのみ認められる高度な知性~イカにも見られる https://t.co/NhN45aPiwu
@arunohito スゴいのよ、イカって(^o^) 脳ミソは小さいけど、視神経と星状神経節が発達してるのね。 参考URL→https://t.co/yGtU8klZHD
へっ、イカって犬より頭いいんだぜ?(´^ω^`)塩辛うめえよゲソ天うめえよ https://t.co/PyMFTI3Mz0
所さんの目が点という番組でイカが鏡に映る自身を認識していると言っていた。確かに鏡に映る自分をツンツンしていた。イカの大きな眼球は世界を観測しているかもしれない(うろ覚え)、とは誰かの言葉。ライヤルワトソンだったか。 https://t.co/tpw2ENh4nz
揚げ足をとるようなつもりは全くありません.鏡像認識は(イルカじゃないよ)イカにもある https://t.co/IrCR7vsxdD という研究もあります.ご参考まで. https://t.co/LJjQi08F8H
@nana77miya いやとかげもいってたから間違ってないはず。沖縄の学者がやってるはず。これhttps://t.co/npS8nmS8dK

収集済み URL リスト