著者
園山 繁樹 下山 真衣 濱口 佳和 松下 浩之 江口 めぐみ 酒井 貴庸 関口 雄一 奥村 真衣子 趙 成河
出版者
筑波大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2016-04-01 (Released:2016-04-21)

研究1「幼・小・中学校への質問紙調査」を平成28年度に実施し、結果の概要を平成29年9月開催の日本特殊教育学会第55回大会において発表した。結果の詳細については学術雑誌に投稿中である。選択性緘黙児の在籍率と学校での困難状況を明らかにした。研究2「選択性緘黙児童生徒の事例研究」を平成28年度に引き続き、研究代表者と研究分担者が教育相談室において実施し、2つの事例研究(中学1年、及び幼稚園年少)が「筑波大学発達臨床心理学研究」第29巻に掲載された。他の1事例研究(小学1年)については、日本特殊教育学会第55回大会において発表した。3事例とも刺激フェイディング法を中核としつつ、各事例の状態に応じて支援方法を工夫することで、一定の効果がもたらされた。研究3「選択性緘黙経験者に対する質問紙調査・面接調査」を実施し、データを収集し、現在分析中である。また関係する調査研究の結果をまとめ、「障害科学研究」第42巻に掲載された。研究4「先進的実践・研究の実地調査のまとめ」については、平成28年度に実施したカナダ・McMaster大学への訪問調査の結果をまとめ、「山梨障害児教育学研究紀要」第12号に掲載された。年長者に対する認知行動療法による支援、並びに、広範な地域における専門的支援の在り方をまとめた。その他、有病率に関する内外の先行研究をレビューし、「障害科学研究」第42巻に掲載された。先行研究における有病率は0.02~1.89%の範囲にあった。また、大学生における選択性緘黙への認識に関する調査を行い、「立正大学臨床心理学研究」第16巻に掲載された。

言及状況

Twitter (13 users, 16 posts, 18 favorites)

2017年度実績報告書『選択性緘黙児童生徒の多様な状態像の解明と個に応じた支援方法の検討』(https://t.co/OQ2tyc4l2H)の研究成果に『障害者心理学: シリーズ心理学と仕事15』(… https://t.co/Hcbfvu0Z6k
2017年度実績報告書『選択性緘黙児童生徒の多様な状態像の解明と個に応じた支援方法の検討』https://t.co/OQ2tyc4l2H
科研費の交付がある「選択性緘黙児童生徒の多様な状態像の解明と個に応じた支援方法の検討」の研究進捗状況の情報が亢進されている。平成29年3月にMcMaster大学(カナダ)を訪問し、大学附属小児病院を中心に実施されている実践と研究に… https://t.co/rWpc3fEDN4
筑波大学の園山繁樹教授の研究グループは『選択性緘黙児童生徒の多様な状態像の解明と個に応じた支援方法の検討』という研究課題で科研費を使い、2016年4月1日から2019年3月31日にわたって緘黙研究を進める予定。https://t.co/4ToOd6OdcF

収集済み URL リスト