著者
村瀬 香 佐藤 俊幸 奥田 圭
出版者
名古屋市立大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2016-04-01

チェルノブイリ原発事故の後、周辺の国々で先天性奇形が増加したとされる論文もあるが、2011年の福島原発事故後の日本ではどうだったのだろうか?原発事故前後の日本イノシシの遺伝子を解析した結果、原発周辺に限らない広範囲での影響が認められた。そこで我々は、対象を日本全国に広げ、原発事故前と後でヒトの先天性奇形の手術件数を比較する研究に着手した。事故前後を比較・解析したところ、停留精巣は原発事故後に13.4%の有意な増加が認められ、さらに、新生児および乳児における複雑心奇形の手術件数は、原発事故後に約14.2%の有意な増加が認められた。どちらも事故後に急増した後、高い水準のまま維持されていた。

言及状況

Twitter (14 users, 17 posts, 8 favorites)

2019 実績報告書 研究成果報告書 ( PDF ) https://t.co/y3R6AzKoLd
乳児の心臓奇形の増加を報告した名古屋市立大学の学者は、イノシシやオオタカの研究調査もしている。 https://t.co/jzIHD4bMy2 https://t.co/glRtMEmala

収集済み URL リスト