著者
村瀬 香 佐藤 俊幸 奥田 圭
出版者
名古屋市立大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2016-04-01

原発事故が野生動物の遺伝子に与える影響に関するこれまでの研究には、汚染度が異なる地域間で比較したものは報告されているものの、同じ場所で、事故前後の比較を行なった報告はほとんどない。そこで本研究では、事故前からサンプリングしているイノシシを研究材料として、汚染度が異なる地域間と、同じ地域の事故前後において比較し、イノシシの遺伝的組成の変化を明らかにすることで、野生動物の被曝影響を分析することを目的としている。昨年度は複数の地域でイノシシのサンプリングを行なった。その際、調査地域、性別、サイズなどの生態データを集めるとともに、既存のソフトではなくプログラミングを通じて解析しやすいようにデータを整理した。また、マイクロサテライトを用いたフラグメント解析とシーケンスを行なった。特に昨年度は、ゲルマニウム半導体検出器で汚染度を測定する目的ですり潰して時間が経過したサンプルを対象に、どのような実験条件なら塩基配列を決定することができるのかを検討した。その結果、比較的多くのサンプルで塩基配列を決定することができる条件が明らかになった。さらに、そのうちのいくつかのサンプルについては、ハプロタイプを決定することが出来た。学術論文としては、原発事故や自然災害などの緊急事態には、長期的な視野に立った従来の解析手法を選択するよりも、ベイズ法を用いた統計モデリングの方が有用であることついて啓蒙する論文を執筆した。
著者
倉地 卓将 村瀬 香織 西出 雄大 小山 哲史 佐藤 俊幸
出版者
日本家畜管理学会
雑誌
日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌 (ISSN:18802133)
巻号頁・発行日
vol.49, no.3, pp.122-127, 2013

注意欠陥多動性障害(ADHD)は多動性、不注意、衝動性により特徴づけられる主要な精神疾患である。この疾患は犬においても確認されている。この疾患に対して頻繁に使用されるメチルフェニデートは、ドーパミントランスポーターに作用して遊離ドーパミン量を増加させるため、ドーパミントランスポーターのADHD発症に対する影響が注目されている。ドーパミンはADHDにおいて重要な役割を担っているため、22頭のビーグル犬を対象にドーパミントランスポーターの遺伝子であるSLC6A3のDNA配列を決定した。ADHDの評価については、行動評価アンケートの記入を飼育者に依頼した。SLC6A3遺伝子の4ヶ所で多型が確認された。A157Tの遺伝子型がAAの犬、G762Aの遺伝子型がGGの犬、および2歳以下の犬は注意欠陥の点数が高かった。また、2歳以下の犬は自発的活動性と衝動性の点数も高かった。これらの結果は、犬のADHDとドーパミントランスポーターに関連があることを示唆する。しかし、どのような機序によるものかを明らかにするためには、さらなる研究が必要である。
著者
村瀬 香 MURASE Kaori
出版者
名古屋大学農学部附属演習林
雑誌
名古屋大学森林科学研究 (ISSN:13442457)
巻号頁・発行日
vol.22, pp.27-47, 2003-12

特定のアリ種に巣場所と栄養体を提供する代わりに植食者からの防衛をその共生アリに委ねている。東南アジア熱帯に分布するオオバギ属のアリ植物の4種、M.winkleri, M.trachyphylla, M.beccariana, M.bancana を対象に、どのような生態学的要因がアリ植物-共生アリ間の種の組み合わせの特異性を高めているのかということについて実証的に明らかにするために本研究は行われた。これら4種が分布している、マレーシア国サラワク州ランビルヒルズ国立公園とその近隣の二次林において、すべての観察・実験が行われた。In the tropics, many species of plants have mutualistic symbiosis with ants. The myrmecophytism is a typical mutualism between plants(myrmecophytes) and ants. Macaranga (Euphorbiaceae) is a tree genus of approximately 280 species, and includes many obligate myrmecophytic species. Macaranga myrmecophytes provide nest sites and food (food bodies) for their symbiont ants; in turn, the plant-ants protect their host plants from herbivores and clinging vines. One species of Macaranga myrmecophyte has a symbiotic relationship exclusively with only one or two ant species that are specialized to colonize the myrmecophyte or a few Macaranga species, including it. In some localities, multiple Macaranga myrmecophytic species coexist in the same microhabitat ; the spatial distributions of mature trees of such sympatric Macaranga species are highly overlapped at a microhabitat scale. However, the species-specificity in the partnership of the Macaranga-Crematogaster myrmecophytism has been highly maintained there. In this study, first, we examined the mechanisms that maintained such high species-specificity in Macaranga-Crematogaster myrmecophytism. As a key process that is involved in the mechanisms, we focused on settling-plant selection of the partner Macaranga seedlings by single foundress Crematogaster. The field observation showed that foundress queens are able to select correctly their partner plant species, and thus that species-specificity is consequently through the settling-plant selection. However, a number of Macaranga myrmecophytes were observed to be settled by foundress queens of non-partner ants, which settled into stem internodes of Macaranga seedings of sympatric Macaranga myrmecophytes species in the field. This means that settling-plant selection by foundress queen is insufficient to maintain the high species-specificity. Therefore, we hypothesized that the higher mortality in ant colonies and plants that are colonized by the ant species that are not specific to the plants might complementarily maintain the species-specificity. Second, to test the hypothe sis, we experimantally swapped the partner species of symbiont ants between the three Macaranga myrmecophyte species and monitored the survival rates of the plants and ant colonies. The results support the hypothesis. When queens of a ant species that is non-specific to a plant species were forced to colonize the seedlings of the plant, the mortality rates were significantly higher than those when they colonized seedlings of the other plant species to which the ant species is specialized. Third, to examine the intraspecific variation in the status of the ant-plant symbiosis among microhabitats of different light conditions, we investigated the species composition of nesting ants and the herbivory damage on M.bancana saplings by field observation and sampling in the primary and secondary forests in Sarawak. In addition, the effectiveness of non-ant (physical and chemical) defenses were estimated by feeding the larvae of a polyphagous lepidopteran with M.bancana leaves from saplings in the two types of forests. The results suggest that the symbiosis between ants and M.bancana is looser and the non-ant-defenses are stronger in secondary forests, where light is more intense, than in primary forests.
著者
村瀬 香緒里 永井 崇之 江丸 裕教 牧 晋広
雑誌
研究報告インターネットと運用技術(IOT) (ISSN:21888787)
巻号頁・発行日
vol.2017-IOT-39, no.12, pp.1-7, 2017-09-22

IT インフラ仮想化技術の進展により,仮想化した IT インフラの構成を動的に変更できるようになった.これにより,IT システムのメンテナンスにおける IT インフラの構成変更はダウンタイムなしで実行可能となった.一方で,近年の IT システムの負荷変動は激しく,予測しにくいため,構成変更中にも IT システムに問題が発生する場合がある.その場合,発生した問題が実行中の構成変更の影響によるものか否かに基づいて,一連の構成変更処理の中断,見直しする対応が必要になる.しかし,IT システムの大規模化,複雑化により,構成変更による影響範囲の特定,及び,構成変更中断,見直しの判断は難しく,IT システム管理者は,誤った判断をする場合がある.本研究では,構成変更実行中に IT システムに問題が発生した際,構成変更の影響範囲に基づいて構成変更を続行すべきか否かを判断し,ルールベースで構成変更処理を自動制御する機能を提案する.本研究では,本提案機能を実装し,実ケースで効果あることを実証した.
著者
青山 幹雄 村瀬 香 中野 有美
出版者
一般社団法人情報処理学会
雑誌
情報処理学会研究報告ソフトウェア工学(SE) (ISSN:09196072)
巻号頁・発行日
vol.2004, no.30, pp.163-170, 2004-03-19
被引用文献数
1

花子さんは女性の代名詞である.本論文は,ユーザの代表である花子さんを発見し,花子さんの視点から要求分析を行う方法を提案する.特に,組込みソフトウェアなどの多様な大衆ユーザの要求獲得を主題とする.このため,要求の価値を基準とする主要ユーザの発見方法,主用ユーザと要求との相互作用に基づく要求発見法論を提案する.さらに,本方法を携帯電話の要求分析に適用し,システム全体の要求の価値構造や複数の主要ユーザ間の要求の構造的多様性を明らかにし,既存の要求の問題点や新たな要求の体系的な獲得の知見を得た.This paper proposes a user-centered requirements analysis methodology, named Hanako method. Hanako is a typical first name of Japanese women. So, the name indicates to find a Hanako is the key to successful requirements acquisition, especially for ubiquitous and embedded software system, which a wide variety of users use in different context. The proposed methodology provides a set of techniques including finding a primarily users from a set of user categories and analyzing a requirements in the interaction with the primarily user. Applying the methodology to the mobile phone requirements reveals the effectiveness.