著者
森下 修次
出版者
新潟大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2005 (Released:2005-04-01)

佐渡市春日地区の祭礼「鬼太鼓」において地元の奏者と在米日系人IV世の演奏を録音し,ProTools によりIOI の計測を行った。その結果、付点音符(例えば〓など)に相当するリズムの比の値が地元の奏者は3.3:1、在米日系人は3.6:1 であった。このことは地元の奏者に比べて在米日系人が長い音符はより長く,短い音符はより短く演奏する傾向が示唆されるものと考えられる。また、同じ曲において日本語で歌われる場合と英語で歌われる場合はどのようにリズムが変化するのかを市販のCD を用いて分析した。その結果英語の方が長短を強めてうたう傾向があることが分かった。これは英語をはじめとした外国語は発音される音に長短が混合するシラブル構造だが、日本語はモーラ構造、すなわち母音と子音を一まとまりとする音が、等拍で発音されることによる影響が考えられる。

言及状況

Twitter (11 users, 13 posts, 14 favorites)

日本人の旋律、音程、リズムにおける知覚と感性 https://t.co/bBWNRJoe5q 先日青土社から上梓された樋口桂子著『日本人とリズム感』に興味を持たれた方にお勧め。
<昭和63年当時の武蔵の大踊りは明らかに歌唱旋法に「微分音」を用いて歌っていたと(略)「微分音」は残念ながら認められなかった。商業民謡は西洋音楽に近い12音律を用いるが,歌い手は民謡をたしなんでいる人も多く,その影響が出た可能性もある>http://t.co/7iUYO8Ng
<昭和63年当時の武蔵の大踊りは明らかに歌唱旋法に「微分音」を用いて歌っていたと(略) 「微分音」は残念ながら認められなかった。商業民謡は西洋音楽に近い12音律を用いるが,歌い手は民謡をたしなんでいる人も多く,その影響が出た可能性もあるhttp://t.co/7iUYO8Ng
<昭和63年当時の武蔵の大踊りは明らかに歌唱旋法に「微分音」を用いて歌っていたと(略) 「微分音」は残念ながら認められなかった。商業民謡は西洋音楽に近い12音律を用いるが,歌い手は民謡をたしなんでいる人も多く,その影響が出た可能性もある。>http://t.co/7iUYO8Ng
こんな研究ありました:日本人の旋律、音程、リズムにおける知覚と感性(森下 修次) http://t.co/NdyVgCKh

収集済み URL リスト