著者
植田 弘師 塚原 完 金子 周司 崔 翼龍 酒井 佑宜 藤田 和歌子
出版者
京都大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2017-04-01

本研究では慢性疼痛における「痛みメモリー」のフィードフォワード機構がCentralized Pain(可塑的上位脳性疼痛)を形成するという新しい概念を提唱し、その検証研究を行うことが目的である。しかも最も重要な視点は、研究代表者が2004年に発見したリゾホスファチジン酸(LPA)とその受容体シグナルが全てに共通しているという事実にある。本研究ではこの目的を遂行するために、より多くの異なる種類の慢性疼痛動物モデルを開発・利用することから始めている。2017年度では独創的慢性疼痛病態としてEmpathy誘発型の線維筋痛症モデルと安定した脳卒中後性慢性疼痛モデルの作成に成功し、前者は論文報告とし、後者は投稿中である。LPAシグナルがこうした多くの慢性疼痛モデルの形成に関与する事は遺伝子改変マウスを用いて明らかにできているが、これに加えていったん形成した慢性疼痛に対して受容体拮抗薬などが「痛みメモリー」を消去できることも見出し、慢性疼痛の維持期にも鍵としての役割を有することが解明された。こうした「痛みメモリー」は脳のみならず末梢免疫系ともリンクしていることが次第に明らかとなりつつある。脳における責任領域と各種脳組織や末梢組織における責任細胞や責任分子の同定にはRNA解析を基礎とした遺伝子解析から上流と下流シグナルを同定する研究準備を行っている。特に脳における責任領域の同定のために、Imaging-MS解析とPET解析、光遺伝学を用いた分子レベルでの機能検証研究を実施している。

言及状況

Twitter (4 users, 7 posts, 1 favorites)

最新研究 #LPAシグナル制御薬 #慢性疼痛 診断・治療基盤研究 ←続き 研究代表者 植田弘師先生 その後の研究として #RNAを基礎とした遺伝子解析 を行い、さらには #siRNA や #shRNA 投与による機能検証を通じて責… https://t.co/bU4HsMuOtd
進行中の #慢性疼痛 の最新研究 #LPAシグナル制御薬 #慢性疼痛 診断・治療基盤研究 研究代表者 植田弘師先生 #LPA生合成 や #LPA機能 に直結する脳部位候補はImaging-MS解析、PET解析実施、#光遺伝学 な… https://t.co/vVfnU1MAik
#神経損傷 に伴う #難治性 の #神経因性疼痛 の分子機構解明 植田弘師先生 #線維筋痛症 #リゾホスファチジン酸( #LPA)をめぐる治療標的分子同定に成功 LPA受容体遺伝子欠損マウスに #疼痛の消去… https://t.co/pVfeDQetxY
植田 弘師教授 長崎大学, 医歯薬学総合研究科(薬学系) 植田先生を研究代表者とした、現在、進行中の研究 #LPAシグナル制御薬 の #慢性疼痛 診断・治療基盤研究 #痛みメモリー #リゾホスファチジン酸… https://t.co/1abZgqRw4x

収集済み URL リスト