著者
清水 惠子 松原 和夫 浅利 優
出版者
旭川医科大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2007

医薬品の犯罪への使用は、目的外使用であるから、刑事裁判の審理に必要な医薬品のデータは整備されてない。ベンゾジアゼピン系薬物が犯罪に使用される場合を想定した、薬剤の飲料への溶解試験と、投与後の一見大胆に見える被害者の行動解析を動物実験により検証した。

言及状況

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

@honkamodapyon レイプドラッグの可能性も。 https://t.co/FGTojVENRN
こんな研究ありました:デートレイプドラッグによる健忘状態の解明-医薬品を不正利用した犯罪の抑止-(清水 惠子) http://t.co/xnIOhKdI

収集済み URL リスト