著者
青木 孝義 谷川 恭雄 中埜 良昭 湯浅 昇 岸本 一蔵 丸山 一平 高橋 典之 松井 智哉 濱崎 仁 迫田 丈志 奥田 耕一郎
出版者
名古屋市立大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2010-04-01

本研究は、2009年にイタリアで発生した地震により被害を受けた文化遺産建築の被害調査を実施して、被害状況と応急処置方法を系統的に整理し、1970年代以降に文化遺産建築に対して行われたRC補強の効果を検証し、モニタリングにより補強前、補強途中の構造的安定性と補強後の補強効果を検証することにより、また、関連する国内外の文化遺産建築の調査を通して、文化遺産建築の有効な修復・補強方法、地震によるリスクから文化遺産建築を保護する方法に関する海外学術調査を実施したものである。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (2 users, 4 posts, 0 favorites)

後で読む / 1件のコメント https://t.co/DCTnCLN1w5 “KAKEN — 研究課題をさがす | ラクイラ震災被害における文化遺産建築の修復・補強と保護に関する調査・研究 (KAKENHI-PROJECT-22… https://t.co/MOJMPzkazR
後で読む / 1件のコメント https://t.co/DCTnCLN1w5 “KAKEN — 研究課題をさがす | ラクイラ震災被害における文化遺産建築の修復・補強と保護に関する調査・研究 (KAKENHI-PROJECT-22… https://t.co/MOJMPzkazR

収集済み URL リスト