著者
諫早 勇一 望月 哲男 望月 恒子 鈴木 淳一 中村 唯史 大平 陽一 阿部 賢一
出版者
同志社大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2011

19世紀ロシア文学はドストエフスキイやトルストイの文学にみるように、プロットの面から「移動」と密接につながっているばかりでなく、時空間感覚を含めたその表現においても「移動」と切っても切れない関係にあった。本研究では、19世紀ロシア文学だけでなく、20世紀ロシアの文学・芸術、さらには中東欧の20世紀文学も視野に収め、「移動」の果たした役割を再検討して、「移動」は文学表現において重要な位置を占めるだけでなく、視点という問題を介して、文学とそれ以外の芸術とを結びつける重要な要素であること、亡命・越境のような20世紀の大きな文化現象を表象するためのキーワードであることを確認した。

言及状況

Twitter (1 users, 5 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:近代ロシア文学における「移動の詩学」(大平 陽一) http://t.co/f3qECpeXfp
こんな研究ありました:近代ロシア文学における「移動の詩学」(大平 陽一) http://t.co/f3qECpeXfp
こんな研究ありました:近代ロシア文学における「移動の詩学」(大平 陽一) http://t.co/f3qECpeXfp
こんな研究ありました:近代ロシア文学における「移動の詩学」(大平 陽一) http://t.co/f3qECpeXfp
こんな研究ありました:近代ロシア文学における「移動の詩学」(大平 陽一) http://t.co/hbjM6HePSJ

収集済み URL リスト