著者
畠 俊郎 川崎 了 菊池 喜昭 森川 嘉之 水谷 崇亮 金田 一広
出版者
富山県立大学
巻号頁・発行日
2011-04-01 (Released:2011-04-06)

沿岸域における社会基盤施設を対象とし,微生物機能の活用により強度増進・遮水性向上および自己修復効果を得る新しい維持管理・機能更新技術について検討を行った。国内外でのビーチロックを対象とした現地調査と,人工ビーチロック形成試験から以下の結果が得られた。1)ビーチロックのセメント物質としてカルシウム,マグネシウム,シリカおよび鉄が期待できる。2)海域由来のSporosarcina aquimarinaを用いることで,砂地盤の強度増進効果と液状化被害抑制が期待できる.

言及状況

Wikipedia (1 pages, 2 posts, 1 contributors)

編集者: Y ito
2017-02-16 17:58:03 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト