著者
坂田 美奈子
出版者
東京大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2011-04-28 (Released:2011-08-05)

アイヌ口承文学を内在的に読み解く方法を立ち上げる試みとして、再帰的モチーフを抽出し、モチーフ相関図を作成した。これによって特定の物語を解釈したり、モチーフ概念を検討したりする際に参照すべき物語のネットワークが可視化される。具体的事例として村の滅亡/再生テーマの物語群を分析した。村の滅亡原因は嫉妬、夜襲、疱瘡の三類型がある。この三つのモチーフ間の概念的な関係や、三つのそれぞれが他のどのようなモチーフ群と隣接関係があるかを分析することにより、個々のモチーフの概念やテーマの示唆する意味が浮かび上がる。このような作業の積み重ねにより、アイヌ口承文学のテクスト分析が可能になるだろう。

言及状況

Twitter (4 users, 9 posts, 4 favorites)

とある村が他村によるトパットゥミによって滅ぼされるが、トパットゥミを行った側の村人たちは、件の村が疱瘡で滅びたと偽るー同じ民族なら相手を殲滅するまでのことをやるだろうか? https://t.co/CMyWDp1awL
こんな研究ありました:アイヌ口承文学的解釈学の創出(坂田 美奈子) http://t.co/12wumOKYp5
こんな研究ありました:アイヌ口承文学的解釈学の創出(坂田 美奈子) http://t.co/12wumOKYp5
こんな研究ありました:アイヌ口承文学的解釈学の創出(坂田 美奈子) http://t.co/12wumOKYp5
こんな研究ありました:アイヌ口承文学的解釈学の創出(坂田 美奈子) http://t.co/jJ7Yc5I3bP
こんな研究ありました:アイヌ口承文学的解釈学の創出(坂田 美奈子) http://t.co/jJ7Yc5I3bP
こんな研究ありました:アイヌ口承文学的解釈学の創出(坂田 美奈子) http://t.co/jJ7Yc5I3bP

収集済み URL リスト