著者
深見 哲男 東 亮一
出版者
石川工業高等専門学校
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2011-04-28

UHFテレビの受信障害が、時々,日本海域に発生している。この受信障害の原因は,水蒸気や黄砂などの環境因子によるダクト伝搬によると思われる。この研究の最終目的は,ダクト伝搬の発生を予報することである。そのため,石川県津幡において日本海側や韓国のTV電波を定常観測すると共に,気象データと測定データを比較した。その結果,ダクト伝搬は,春から夏の晴天時に発生するが,秋から冬にほとんど発生しないことが分かった。そして、天気との相関が非常に強いことが分かった。

言及状況

Twitter (2 users, 6 posts, 3 favorites)

@Tsu_Ojisan8 @je8fwp ダクト効果あり!? https://t.co/MgJcQL4Aw7
こんな研究ありました:日本海上に発生する黄砂や水蒸気等によるUHFテレビ放送ダクト伝搬の予報(東 亮一) http://t.co/P80nocBovt
こんな研究ありました:日本海上に発生する黄砂や水蒸気等によるUHFテレビ放送ダクト伝搬の予報(東 亮一) http://t.co/BqG0HYRZO7
こんな研究ありました:日本海上に発生する黄砂や水蒸気等によるUHFテレビ放送ダクト伝搬の予報(東 亮一) http://t.co/DyqcLLn8Xo
こんな研究ありました:日本海上に発生する黄砂や水蒸気等によるUHFテレビ放送ダクト伝搬の予報(東 亮一) http://t.co/BqG0HYRZO7
こんな研究ありました:日本海上に発生する黄砂や水蒸気等によるUHFテレビ放送ダクト伝搬の予報(東 亮一) http://t.co/BqG0HYRZO7

収集済み URL リスト