著者
石川 敏三 仲西 修 掛田 崇寛 山本 美佐 古川 昭栄 伊吹 京秀 徳田 信子 石川 浩三 鈴木 秀典
出版者
山口大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2012-04-01

慢性疼痛はしばしば不安や鬱を併発し、極めて難治性である。そこで、痛覚ー情動系における分子メカニズムを解明し、また神経栄養因子(BDNF)治療応用について検討した。その結果、前帯状回や脳幹部(網様体)におけるモノアミン変調に随伴したBDNFの機能低下が慢性疼痛や気分障害に関連すること、またカテーコール化合物や磁気治療の有用性が判明した。慢性疼痛の治療法に新たな指針を提唱するものと考えられる。

言及状況

Twitter (4 users, 5 posts, 0 favorites)

前帯状回や脳幹部(網様体)における #モノアミン変調 に随伴した #BDNFの機能低下 が #慢性疼痛 や #気分障害 に関連する #カテーコール化合物 や #磁気治療 の有用性が判明した。 #慢性疼痛 の治療法に新たな指針を提… https://t.co/mkIZXRWvoo
#難治性疼痛 の痛覚ー情動系の分子機構解析と #栄養因子治療 応用 #慢性疼痛 はしばしば #不安 や #鬱 を併発し、極めて #難治性 である。そこで、痛覚ー情動系における分子メカニズムを解明し、また神経栄養因子(BDNF)治… https://t.co/8MKJ935n1o

収集済み URL リスト