著者
福本 学 木野 康志 鈴木 正敏 山城 秀昭
出版者
東京医科大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2014-04-01

福島第一原発事故の被災動物臓器アーカイブを構築し、以下の結果を得た。事故後2年経過し、ほぼ放射性セシウムのみが検出され、全臓器であった。ウシ血中の酸化ストレス関連因子は内部被ばく線量率と相関を示した。末梢血リンパ球のDNA二本鎖切断数は多かったが、線量とは無関係であった。ウシ精子に形成異常を認めなかった。地表を這い、γ、β線両方の被ばくが大きいアカネズミでは、精子形成の細胞回転が亢進しているが成熟精子に異常を認めなかった。野生ニホンザル骨髄は低形成傾向だが、抹消血球に異常を認めなかった。著変は認めないもののサルの内部被ばく線量率は現在も高く、生物影響を知るための詳細な観察継続が必要である。

言及状況

Twitter (5 users, 7 posts, 0 favorites)

これかと思いましたが、平成30年度に完了したものの報告ですね。 https://t.co/rwOTqaKeFV
動物実験といえば東北大の鈴木グループが研究を続けているはずですが、この発表以後に成果物が出てきません。 https://t.co/ypVdKHS8sI 不溶性の言葉がでてきませんねえ。 こっちにはでるか https://t.co/aWSoCRzFJh 発表タイトルにはあるが中身が見れない。
KAKEN — 研究課題をさがす | 福島第一原発事故に伴う被災動物における体内放射性物質の動態および影響解析研究 (KAKENHI-PROJECT-26253022) https://t.co/FAbZWa6J4N
福本先生、2015年3月に定年退官されたあと今は東京医大にいらっしゃるのか。https://t.co/QVYbdmWaT0 東北大学での「福島第一原発事故に伴う被災動物における体内放射性物質の動態および影響解析研究」https://t.co/E47gBNRuF7 も今年最終年度

収集済み URL リスト