著者
福本 学 木野 康志 鈴木 正敏 山城 秀昭
出版者
東京医科大学
雑誌
基盤研究(A)
巻号頁・発行日
2014-04-01

福島第一原発周辺地域において頭数調整のために捕殺された野生ニホンザル(被ばく群、平成29年度31頭、30年度18頭)及び影響を受けていないニホンザル(非被ばく群、29年度0頭、30年度6頭)の採材を継続した。以前に採材した計95頭の血液系について、長期間の低線量率放射線被ばく影響を解析した。被ばく群と非被ばく群の抹消血球では、赤血球数とヘマトクリット値の平均値に有意差があったが、捕獲地の標高にも有意差がみられたことから、生息環境の違いによる影響を考慮する必要があることがわかった。骨格筋中の放射性セシウム濃度から内部被ばく線量率を、捕獲地点の土壌中放射性セシウム濃度から外部被ばく線量率を計算した。被ばく群の線量率の中央値は、内部被ばくが7.6μGy/日、外部被ばくが13.9μGy/日であった。末梢血について重回帰分析を行った結果、成獣において白血球と血小板数が内部被ばく線量率と負の相関を示した。骨髄でも同様に、成獣の骨髄系細胞、巨核球が内部被ばく線量率と負の相関を示した。また、骨髄中の脂肪割合は内部被ばく線量率と正の相関を示した。これらの結果は、内部被ばく線量率の高いサルにおいて、造血能が低下していることを示唆している。一方現在まで、被ばく群に肉眼的に異常は認めていない。長期間の低線量率放射線被ばくに対する馴化や適応も考えられるため、本研究においてみられた抹消血液・骨髄成分が将来的にどのように変化するのかしないのか、長期低線量率の内部被ばくの影響を知るために、長い期間経過観察を続ける必要がある。総まとめとしてSpringer Nature社からLow-Dose Radiation Effects on Animals and Ecosystemsを上梓することとなった。

言及状況

Twitter (5 users, 5 posts, 0 favorites)

動物実験といえば東北大の鈴木グループが研究を続けているはずですが、この発表以後に成果物が出てきません。 https://t.co/ypVdKHS8sI 不溶性の言葉がでてきませんねえ。 こっちにはでるか… https://t.co/hNkgAPvNlB
KAKEN — 研究課題をさがす | 福島第一原発事故に伴う被災動物における体内放射性物質の動態および影響解析研究 (KAKENHI-PROJECT-26253022) https://t.co/FAbZWa6J4N
福本先生、2015年3月に定年退官されたあと今は東京医大にいらっしゃるのか。https://t.co/QVYbdmWaT0 東北大学での「福島第一原発事故に伴う被災動物における体内放射性物質の動態および影響解析研究」https://t.co/E47gBNRuF7 も今年最終年度

収集済み URL リスト