著者
黒岩 義之 平井 利明 水越 厚史 中里 直美 鈴木 高弘 横田 俊平 北條 祥子
出版者
日本自律神経学会
雑誌
自律神経 (ISSN:02889250)
巻号頁・発行日
vol.59, no.1, pp.72-81, 2022 (Released:2022-04-23)
参考文献数
34

環境ストレスには物理的感覚ストレス,化学的感覚ストレス,免疫・凝固系ストレス,心理社会的ストレス,内部環境ストレスがある.環境ストレスに対して生体が過敏症(ストレス感覚入力系の過敏状態)や不耐症(ストレス反応出力系の不全状態)を呈する病態を環境ストレス過敏症(不耐症)と定義した.その病像は視床下部性ストレス不耐・疲労症候群(脳室周囲器官制御破綻症候群)であり,自律神経・内分泌・免疫症状,筋痛,疲労,記憶障害等の多彩な症状が重層的に起こる.基礎疾患が明らかでない特発性タイプと,筋痛性脳脊髄炎・慢性疲労症候群,脳脊髄液漏出症,HPVワクチン後遺症,COVID-19後遺症,シックハウス症候群,ネオニコチノイド暴露など,基礎疾患が明らかな症候性タイプがある.3ステージ仮説(遺伝的要因,発症要因,トリガー要因)に基づき,その病態や予防について論じた.分子病態仮説としてプリン作動性神経伝達障害を考えた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 37 favorites)

@taigalin39 過敏症の一種で、多少関係しているようですね。 僕はよく知らないですが、参考までに以下を https://t.co/cjSca5xbAK
#化学物質過敏症 今後、病名が、環境ストレス過敏症、環境ストレス不耐症、視床下部性ストレス不耐・疲労症候群、などと変更される日が来るかもしれませんね。 大変、興味深い論文をツイートしていただき、ありがとうございました。 https://t.co/Yh9ZVwOSsl https://t.co/QgxJUKvA4x
視床下部性ストレス不耐・疲労症候群としての環境ストレス過敏症 (環境ストレス不耐症) https://t.co/9HDP2tkkpf #maskotlib

収集済み URL リスト