著者
YOUICHI SATO TOSHIKATSU SHINKA ASHRAF A. EWIS AIKO YAMAUCHI TERUAKI IWAMOTO YUTAKA NAKAHORI
出版者
The Anthropological Society of Nippon
雑誌
Anthropological Science (ISSN:09187960)
巻号頁・発行日
vol.122, no.3, pp.131-136, 2014 (Released:2014-12-23)
参考文献数
19
被引用文献数
4 6

Japanese people are widely believed to be the descendants of the Jomon and Yayoi people. The dual-structure model, which attempts to explain the formation of the Japanese population, hypothesizes that the indigenous Jomon people migrated from the northern island of Hokkaido and the Ryukyu Islands to the other islands of Japan, where they resided before the Yayoi started to arrive in Kyushu (the westernmost main island of the Japanese archipelago) from the Korean peninsula. Regarding Y chromosome DNA polymorphisms, it is assumed that Jomon males frequently belong to haplogroups C or D, while Yayoi males frequently belong to haplogroup O. These findings suggest that the frequencies of haplogroup C, D, and O might differ between Hokkaido and northern Kyushu males and exhibit geographical gradients in Japan. However, the data of Y chromosome haplogroup frequencies in modern Japanese males is still limited. Here, we investigated whether the frequency of Y chromosome haplogroups differs between males from different regions of Japan. We recruited 2390 males from nine populations in seven cities in mainland Japan and typed their Y chromosome haplogroups. We did not detect any marked variability in the frequencies of these haplogroups among Japanese males, except for a difference between Nagasaki and Kawasaki students. In conclusion, modern Japanese males appear to be genetically homogenized in mainland Japan because of genetic drift and recent frequent gene flow.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 2 posts)

[あとで読む][webサービス]
[アイヌ]  Overview of genetic variation in the Y chromosome of modern Japanese males

Twitter (31 users, 32 posts, 24 favorites)

.........물론 아래 RT한 그 유전자 탈아입구(.......)론은 별 근거 없는 헛소리입니다. https://t.co/c83UHi7dV1
@tas3cdw 彼らは縄文人として、彫りの深い顔、濃い髭、二重まぶたの特徴を持ち、主に浅瀬で漁をして生活をし、のちにはO系統などの弥生人と融合し、陸稲を栽培していたと考えられる https://t.co/DoTIhKNlAH https://t.co/ELUgykKFXE
Y染色体ハプログループC1(C1a1(M8))も日本固有なんだ。近縁のC1a2(V20)は欧州の石器時代のって、やっぱりシーラカンス系・・・ https://t.co/IKTDyfQ6ga
YUICHI SATO,TOSHIKATSU SHINKA, ASHRAF A. EWIS,AIKO YAMAUCHI,TERUAKI IWAMOTO,YUTAKA NAKAHORI"Overview of genetic variation in the Y chromosome of modern Japanese males"https://t.co/TT19C4F05h
まず、Wikiに書かれているアイヌが日本列島固有のハプロ=グループD1bが87.5%というのは1980年代に発表された僅か16人の結果が喧伝されたもの。Tajima et al. (2004) and Hammer et al. (2006) は共に10年以上も前の論文である。また発表当時はD-M55として発表されている。 https://t.co/c8O3MBnygP
@kanedaichi1 まず、Wikiに書かれているアイヌが日本列島固有のハプロ=グループD1bが87.5%というのは1980年代に発表された僅か16人の結果が喧伝されたもの。Tajima et al. (2004) and Hammer et al. (2006) は共に10年以上も前の論文である。また発表当時はD-M55として発表されている。 https://t.co/c8O3MBnygP
@hyakutanaoki 遺伝的多様性については原著を見つけてませんが、YAP遺伝子(Y染色体上)については20年以上前から研究されています。ですがこれは日本人の遺伝子的多様性の話ではなく、縄文時代の琉球・アイヌ系由来(大陸由来ではない)つまり日本固有の遺伝子だという話です。https://t.co/kD8wKzGVV0
米国国立医学図書館に掲載されたこの論文は、日本でも支持され、徳島大の佐藤陽一氏の論文もこれが基盤です➡P54 https://t.co/ACUNCXPHvF ➡https://t.co/1xledA6sqo RT”@kikuchi_8:この論文が正しいという根拠は何でしょうか?”
佐藤准教授の論文で Haplogroup O にタイプ別分布グラフが出てくる。 https://t.co/1LufDF9bql O2b の遺伝子 https://t.co/FCZjITZFgu

Wikipedia (6 pages, 8 posts, 3 contributors)

編集者: Y-dna data file
2018-08-05 11:14:07 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: ABCEdit
2019-10-24 12:47:16 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 多摩に暇人
2017-03-22 00:20:14 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: 多摩に暇人
2016-08-29 01:08:29 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: ABCEdit
2019-05-17 10:24:37 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: ABCEdit
2019-10-15 17:16:08 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: ABCEdit
2020-01-31 14:30:14 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。
編集者: ABCEdit
2016-08-29 01:07:23 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト