著者
祖田 亮次 柚洞 一央
出版者
公益社団法人 日本地理学会
雑誌
E-journal GEO (ISSN:18808107)
巻号頁・発行日
vol.7, no.2, pp.147-157, 2012-09-28 (Released:2012-09-28)
参考文献数
31
被引用文献数
1

1990年に建設省が各地方建設局に通達した「多自然型川づくり」の推進は,従来にない環境配慮型の川づくりを目指したものであった.この方針は1997年の改正河川法に取り入れられ,さらに2006年には「多自然川づくり」と改称され,現在にいたっている.この方針のもと,全国各地の河川でさまざまな人工構造物が設置されてきた.本稿では,過去20数年間に行われた環境配慮型河川改修の諸事例を分類・整理することで「多自然(型)川づくり」の実態を把握し,それらが河川関係者の間に大きな混乱をもたらした状況について,その背景を考察する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 7 favorites)

読んどいた方がいいやつ。 J-STAGE Articles - 多自然川づくりとは何だったのか? https://t.co/ZH2eiLyCuT
【E-journal GEO掲載論文】祖田亮次・柚洞一央 2012.多自然川づくりとは何だったのか?,E-journal GEO 7: 147-157.http://t.co/UUncudCptg

収集済み URL リスト