著者
鈴木 晃志郎
出版者
公益社団法人 日本地理学会
雑誌
E-journal GEO (ISSN:18808107)
巻号頁・発行日
vol.9, no.1, pp.73-83, 2014-03-31 (Released:2014-04-23)
参考文献数
71

急速に多様化が進むジオパークは,国や地域によってさまざまな性格を帯びつつある.ジオパークの活動を地質学者や自治体関係者が牽引してきた日本では,その応用的な側面の検討に際して,教育的効果が強調され,地域振興との関わりでジオツーリズムが論じられることが多かった.しかし,火山地帯であり地震大国である日本においてジオパークのあり方を考える上で避けて通れないのは,地殻変動によってもたらされるネガティブな事象(災害)との関わりではなかろうか.本論文は,近年観光学で注目されているダークツーリズムの概念を紹介しつつ,ジオパークにおけるダークツーリズムの適用可能性について考察することを目的とする.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 8 favorites)

ダークツーリズムの視角からみたジオパーク,ジオツーリズムの可能性 https://t.co/fOMDCL4jVF 災害と復興という接点においてダークツーリズムの知見がジオパークに適用できるのではないかという提言
【E-journal GEO掲載論文】鈴木晃志郎 2014.ダークツーリズムの視角からみたジオパーク,ジオツーリズムの可能性,E-journal-GEO 9: 73-83.http://t.co/k7EqoadB9W

収集済み URL リスト