著者
上野 善道
出版者
日本言語学会
雑誌
言語研究 (ISSN:00243914)
巻号頁・発行日
vol.2000, no.117, pp.129-152, 2000-03-25 (Released:2007-10-23)
参考文献数
5

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 3 favorites)

@yhkondo 『国語研究』64を見るのに手間取る場合は、取りあえず、上野先生による早田先生の本の書評 https://t.co/4AfV056gqH を見る、ということがありますが、ラテン語のモラについては下記に詳しく述べてあるそうです。 上野善道(1986)「伊吹島方言のアクセント核の担い手」『東京大学言語学論集'86』:15-44
p.197-「東京方言におけるアクセントの担い手と複合の熟合度」です。あと上野先生の書評(PDF) https://t.co/jf4cED36 も参考になります RT @nkmr_aki: ありがとうございます、読んでみます。

収集済み URL リスト