著者
熊谷 学而 川原 繁人
出版者
日本言語学会
雑誌
言語研究 (ISSN:00243914)
巻号頁・発行日
vol.155, pp.65-99, 2019 (Released:2019-10-02)
参考文献数
98
被引用文献数
1

本研究では,ポケモンの名付けにおける新たな音象徴的イメージを検証した2つの実験を報告する。実験1では,進化後のポケモンの名前として,開口度の大きい母音[a]が,開口度の小さい母音[i, u]よりもふさわしいことが明らかになった。また,有声阻害音の数の効果を検証した結果,進化後のポケモンの名前として,有声阻害音が2つ含まれる名前は,それが1つしか含まれていない名前よりふさわしいこともわかった。実験2では,母音と有声阻害音の優先性や相乗効果の検証も行った。その結果,ブーバ・キキ効果と同様に,母音の効果より,子音の効果のほうが強く現れること,そして,母音と有声阻害音の組み合わせは,どちらか一方を含む場合よりも,進化後のポケモンの名前として判断されやすいことが明らかになった。さらに,本研究では,実験2で得られた母音と有声阻害音の音象徴的効果について,制約理論である最大エントロピーモデル(Maximum Entropy (MaxEnt) Grammar)の枠組みでの分析も提供し,音象徴を生成言語理論の視点から捉える。
著者
永澤 済
出版者
日本言語学会
雑誌
言語研究 (ISSN:00243914)
巻号頁・発行日
vol.159, pp.37-68, 2021 (Released:2021-03-30)
参考文献数
28

中国漢文において助動詞「令」は〈使役〉を表すが,日本中世の和化漢文では,本来の〈使役〉用法から派生したとみられる独自の非〈使役〉用法が非常に広範囲に使用されている。この「令」の機能について,従来,取り除いても文意に影響しないとの見方や,〈謙譲〉〈再帰〉〈意志動詞化〉等の意を表すとの見方が示されてきたが,統一的な結論は出ていない。本稿では,従来の意味中心の分析ではなく,構文機能に目を向けることで次のように結論した。非使役「令」の機能は動詞マーカー/動詞化である。助詞や接辞を表し得ない和化漢文で,和語の軽動詞「する」を代替した。その起源は,本来使役を表す「S令V」構文が(他)動詞文と意味的に隣接するケースにおいて,「令」の表す使役の意が後退して単なる動詞マーカーと解釈されたものと推定される。Vの位置には,意志行為,非意志現象,無生物主体の事象,形容詞まで幅広く立つ。先行研究で「令」は「致」との類似性が指摘されたが,「致」の後続語は意志行為に限られかつ「令」の場合のような動詞化はせず名詞的性格にとどまる点で,両者の機能は異なる。
著者
宮良 信詳 新川 智清
出版者
日本言語学会
雑誌
言語研究 (ISSN:00243914)
巻号頁・発行日
vol.1994, no.105, pp.1-31, 1994-03-15 (Released:2007-10-23)
参考文献数
13

This paper presents a view of the phoneme /i/, which has never been discussed in the vowel system of the dialects of the main island of Okinawa. The phoneme /i/ has [+ back, + high, -labial] as its main distinctive features, but phonetically is realized as [ i ] (front high vowel) ; hence, it is necessary to posit a rule of changing /i/ into [ i ]. However, the postulation of /i/ brings about a great simplification in the phonological system.The postulation of /i/ provides a principled basis for the contrast of [waki] 'reason' and [wat_??_i] ‘armpit’, or [tii] ‘hand’ and [t_??_ii] 'blood', where palatalization applies not to /waki/ or /ti/, but to /waki/ or /ti/. The addition of /yi/ to the distribution of /y/ and subsequent vowels in the Yonabaru dialect does not change such a restriction-effective in Standard Japanese as well-that /y/ occurs only with [+back] vowels. Rather, the establishment of yi makes it possible to give a simpler account of the alternation of -yi and -yu in the non-past morpheme /yu/, sinceyi need not be derived directly from /yu/. In addition, only when [_??_ikiN] 'the world' is derived from /syikin/ does the presence of /i/ give an account of why, as in [_??_it_??_a] ‘down’ being derived from /sita/, the expected progressive palatalization is not applied to /k/. The incorporation of /i/ into the phonological system provides a means of making a phonological distinction between homophonous words; /kwi/ ‘voice’ and /kwi/ ‘stake’ derive the same phonetic form [kwii] through the application ofThe postulation of /i/ brings about a typological simplification in that Ryukyuan dialects typically have a 6-vowel system, and also contributes to the comparison of correspondences between phonological systems of related dialects.
著者
熊谷 学而 川原 繁人
出版者
日本言語学会
雑誌
言語研究 (ISSN:00243914)
巻号頁・発行日
vol.155, pp.65-99, 2019

<p>本研究では,ポケモンの名付けにおける新たな音象徴的イメージを検証した2つの実験を報告する。実験1では,進化後のポケモンの名前として,開口度の大きい母音[a]が,開口度の小さい母音[i, u]よりもふさわしいことが明らかになった。また,有声阻害音の数の効果を検証した結果,進化後のポケモンの名前として,有声阻害音が2つ含まれる名前は,それが1つしか含まれていない名前よりふさわしいこともわかった。実験2では,母音と有声阻害音の優先性や相乗効果の検証も行った。その結果,ブーバ・キキ効果と同様に,母音の効果より,子音の効果のほうが強く現れること,そして,母音と有声阻害音の組み合わせは,どちらか一方を含む場合よりも,進化後のポケモンの名前として判断されやすいことが明らかになった。さらに,本研究では,実験2で得られた母音と有声阻害音の音象徴的効果について,制約理論である最大エントロピーモデル(Maximum Entropy (MaxEnt) Grammar)の枠組みでの分析も提供し,音象徴を生成言語理論の視点から捉える。</p>
著者
永澤 済
出版者
日本言語学会
雑誌
言語研究 (ISSN:00243914)
巻号頁・発行日
vol.159, pp.37-68, 2021

<p>中国漢文において助動詞「令」は〈使役〉を表すが,日本中世の和化漢文では,本来の〈使役〉用法から派生したとみられる独自の非〈使役〉用法が非常に広範囲に使用されている。この「令」の機能について,従来,取り除いても文意に影響しないとの見方や,〈謙譲〉〈再帰〉〈意志動詞化〉等の意を表すとの見方が示されてきたが,統一的な結論は出ていない。本稿では,従来の意味中心の分析ではなく,構文機能に目を向けることで次のように結論した。非使役「令」の機能は動詞マーカー/動詞化である。助詞や接辞を表し得ない和化漢文で,和語の軽動詞「する」を代替した。その起源は,本来使役を表す「S令V」構文が(他)動詞文と意味的に隣接するケースにおいて,「令」の表す使役の意が後退して単なる動詞マーカーと解釈されたものと推定される。Vの位置には,意志行為,非意志現象,無生物主体の事象,形容詞まで幅広く立つ。先行研究で「令」は「致」との類似性が指摘されたが,「致」の後続語は意志行為に限られかつ「令」の場合のような動詞化はせず名詞的性格にとどまる点で,両者の機能は異なる。</p>
著者
服部 四郎
出版者
日本言語学会
雑誌
言語研究 (ISSN:00243914)
巻号頁・発行日
vol.1939, no.3, pp.1-27, 1939-09-25 (Released:2011-11-29)
参考文献数
17
著者
清瀬 義三郎則府
出版者
日本言語学会
雑誌
言語研究 (ISSN:00243914)
巻号頁・発行日
vol.1989, no.96, pp.23-42, 1989-11-25 (Released:2010-11-26)
参考文献数
68

Among the five vowels in Modern Japanese, the vowel u is a highcentral unrounded sound [w]. Accordingly, the vowel triangle of Modern Japanese is somewhat anomalous, lacking a rounded high-back vowel [u]. How did this sort of vowel system form historically?A reconstruction of eight vowels in Old Japanese, the central dialect of the Nara period (710-84), is commonly accepted. Although interpreted otherwise by some, the so-called ko-otsu distinctions must have been due to the vocalic oppositions, i≠ï, e≠ë, and o≠ö. The vowel diagrams of Old Japanese drawn by scholars adopting the eight-vowel theory are, however, in conflict with what some consider to be phonetic universals. In particular, there are only three vowels (i, i, and u) at the high level but four (e, ë, ö, and o) at the mid.There is no problem with assuming that the sound values of (C) a, (C) i, (C) u, (C) e, and # o were identical with those of the corresponding vowels in Modern Japanese. The problem reduces to determining the sound values of Cï, Cë, Co, and Cö. Judging from the positions of the Chinese Characters, used as man' yogana, in the Ancient Chinese rhyme tables, one may infer that -ö(following a consonant) was phonetically identical with # o (not following a consonant), which was [o], and that the sound value of -o was [u], a high-back vowel. Thus, o with no preceding consonant should be described as ö. Likewise, ï was very likely high-central and ë mid-central. Drawing a diagram based on the inferred sound values, i, ï, u, and o form a high vowel series, front to back; e, ë, and ö form a mid vowel series, front to back; and a is a low-central vowel, just as in the vowel triangles of Altaic languages.Internal reconstruction on the basis of the verbal stems of Old Japanese indicates that all eight vowels could be coupled with all consonants, including zero, in Archaic (pre-Nara) Japanese. The eighth century was the close of a transitional era, when the ko-otsu distinction remained only in a few environments. At the outset of the Heian period (794-1192), the phonetic changes ï>i, ë>e, and o>ö took place in all environments. The remaining five vowels have continued into the modern period, forming the “anomalous” vowel system of Modern Japanese.
著者
井上 史雄
出版者
日本言語学会
雑誌
言語研究 (ISSN:00243914)
巻号頁・発行日
vol.1990, no.97, pp.44-72, 1990-03-25 (Released:2010-11-26)
参考文献数
52
被引用文献数
3

In this paper, a geographical data matrix of dialectal forms which coincide with Standard Japanese forms was processed to ascertain the relation between their geographical distribution patterns and the dates of their appearance in documents. 80 Standard Japanese forms which are found in the “Linguistic Atlas of Japan” were classified by the centuries of their appearance in documents. Total values of usage for each prefecture were calculated. The resulting maps for four historical eras show that the oldest forms show a wide distribution throughout Japan, and that the newer forms show a small distribution area around Tokyo. The Kansai region where the old capital of Kyoto was situated shows less usage of standard forms.By referring to Tokugawa (1972), it was maintained that the forms had been produced continuously in the Kansai region in pre-modern ages. The forms, however, were not adopted as Standard Japanese, because the center of Japanese culture moved east to Edo (modern Tokyo). Thus a model of lexical diffusion from cultural centers was presented.Some other statistical characteristics of lexical nature were also examined, using multi-variate analyses. The time of an item's appearance in documents shows a close relation to its frequency of usage. Hayashi's quantificational theory type 3, cluster analysis and factor analysis showed that forms which are frequently used appear early in literature, and that forms which are rarely used appear later. The logical relation of historical changes in vocabulary was also discussed.
著者
上野 善道
出版者
日本言語学会
雑誌
言語研究 (ISSN:00243914)
巻号頁・発行日
vol.2000, no.117, pp.129-152, 2000-03-25 (Released:2007-10-23)
参考文献数
5
著者
泉井 久之助
出版者
日本言語学会
雑誌
言語研究 (ISSN:00243914)
巻号頁・発行日
vol.1957, no.32, pp.121-136, 1957-12-31 (Released:2010-11-26)
著者
熊切 拓
出版者
日本言語学会
雑誌
言語研究 (ISSN:00243914)
巻号頁・発行日
vol.156, pp.97-123, 2019 (Released:2020-04-14)
参考文献数
31

アラビア語チュニス方言の一般的な否定文は,接頭辞maː-と接尾辞-ʃが述語の前後に共起することによって形成される。maː-は否定辞とみなされているが,-ʃの機能については定説がない。本研究では,否定以外の用法を含めた-ʃの機能の包括的な記述,およびモダリティの概念の導入という2つの観点から,-ʃの機能を論じる。-ʃは否定以外では疑問と想像を表し,否定においては「肯定的事態が事実でない」ことを表す。そこから,-ʃを非現実(irrealis)モダリティ辞と結論づける。「肯定/否定」の対立と-ʃの有無による「現実性/非現実性」の対立をかけ合わせると,次の4種のモダリティに整理できる。①肯定的現実性を表す文はmaː-も-ʃもなし,②否定的現実性を表す文はmaː-のみ,③肯定的非現実性を表す文は-ʃのみ,④否定的非現実性を表す文はmaː-と-ʃが共起。
著者
五十嵐 陽介
出版者
日本言語学会
雑誌
言語研究 (ISSN:00243914)
巻号頁・発行日
vol.150, pp.33-57, 2016 (Released:2016-11-17)
参考文献数
44
被引用文献数
2

琉球語南琉球語群宮古語の方言である池間方言と多良間方言は3種類のアクセント型が対立するいわゆる三型アクセント体系を有する。両方言のアクセント型の区別は広範な環境で中和する。また両方言は,日本語諸方言と比較して複雑なアクセント型の実現規則を有する。本稿は,両方言の韻律構造を記述するためには,2モーラ以上の語根および接語が写像される韻律範疇である韻律語を仮定しなければならないことを示す。また本稿は,韻律範疇を扱う理論的研究の知見を踏まえながら,問題の韻律範疇に韻律語の地位を与えることの妥当性に関する予備的な議論を行う。
著者
上野 善道
出版者
日本言語学会
雑誌
言語研究 (ISSN:00243914)
巻号頁・発行日
no.130, pp.1-42, 2006-12
著者
新永 悠人
出版者
日本言語学会
雑誌
言語研究 (ISSN:00243914)
巻号頁・発行日
vol.157, pp.71-112, 2020 (Released:2020-12-10)
参考文献数
84

本稿では湯湾方言(琉球諸語の1つである奄美語に属する)の複数形が持つ諸機能に注目し,それを世界の諸言語の複数形が持つ「特殊な機能」(Corbett 2000: 234)と比較・考察した。湯湾方言の複数標識は,簡単に言えば,日本語標準語の「たち」だけではなく,「など」に相当する機能も持っている。このような現象を通言語的な視点から整理するために,本稿では「意味地図」(semantic map)という方法論を用いた。その際,単数,双数,複数などのような「数の区分の意味」(number values)と,累加,連合,などの「数の区分以外の意味」(non-number values)を分けて捉えることによって,諸言語の複数形が持つ「特殊な機能」が意味地図上で比較考察できるようにした。その結果,従来の研究では区別されていなかった「集合的例示」と「選言的例示」の区別,および複数形が実質的に1人の対象を指す用法のうち,いわゆる「尊敬複数」(polite plural)とは異なる「否定的・単独的例示」の通言語的な価値を明らかにした。
著者
柴谷 方良
出版者
日本言語学会
雑誌
言語研究 (ISSN:00243914)
巻号頁・発行日
vol.1997, no.112, pp.1-31, 1997-11-25 (Released:2007-10-23)
参考文献数
28