著者
岩田 健太郎
出版者
一般社団法人 日本老年医学会
雑誌
日本老年医学会雑誌 (ISSN:03009173)
巻号頁・発行日
vol.48, no.5, pp.447-450, 2011 (Released:2012-02-09)
被引用数
1 or 0

高齢者における感染症診断の原則は,通常の感染症診断の原則となんら変わることはない.それは,感染臓器の特定,原因微生物の同定,そして患者の重症度の見積もりの3点である.とはいえ,高齢者特有の診断にまつわる問題は存在する.尿路感染症や肺炎などコモンな感染症の症状は若年者に比べるとはっきりしない.発熱を伴わない感染症も少なくない.不要な検査で感染症の「レッテル」を貼ってしまうことは厳に慎みたい.患者のアウトカムに関係しない微生物探しは,患者やその周辺の利益にはつながらない.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

RT @georgebest1969: 高齢者の感染症診療。ここからタダで読めます。

Twitter (22 users, 23 posts, 35 favorites)

読ませていただきました。いろいろ考えさせられます。RT @Dr_kenta: 高齢者の感染症という視点でまとまっているものって案外少ないですね。と、これ読んで思いました。 http://t.co/wda3vubI
これいいっすね! RT @Dr_kenta: 高齢者の感染症という視点でまとまっているものって案外少ないですね。と、これ読んで思いました。 http://t.co/kvkzJyni
高齢者の感染症という視点でまとまっているものって案外少ないですね。と、これ読んで思いました。 http://t.co/csDWf5wI
B! RT @georgebest1969: 高齢者の感染症診療。ここからタダで読めます。http://t.co/hHniWF3n

収集済み URL リスト

https://www.jstage.jst.go.jp/article/geriatrics/48/5/48_447/???Y.Url.Path.AY03S050??? (19)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/geriatrics/48/5/447/???Y.Url.Path.AY03S050??? (5)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/geriatrics/48/5/48_5_447/_article/-char/ja/ (1)