けんた (@Dr_kenta)

投稿一覧(最新100件)

リハビリコラム No.20 横断歩道を渡りきるために必要なこと NowBrowsing: untitled: https://t.co/GFQAM54y4h
RT @bizarreID: 利益相反とは,本来,専門的な判断や行動が,専門職としての主要な利益(医者の場合,患者の利益,研究の公正性など)が,副次的利益(金銭,個人的業績など)により不当に影響されうる状況を意味します。 医学教育学会の以下の考え方がよくまとまっています。 ht…
RT @nawaken: あおり運転の論文見つけた。日本での事例調査38件。 攻撃的運転の要因は, ・年齢:若い ・性別:加害者はほとんど男性。被害者も男性が多い。 ・車種:加害者高級車→被害者大衆車 ・場所:一般道(特に複数車線の追越車線上)が多く,高速道路は1割。 (つづく…
@tetsu727k 記事に法的根拠とかあると親切ですよね。 さっと調べた範囲では、こんな感じの議論はあちこちにあって、きちんとルール定めてやればありみたいな雰囲気ですね。 https://t.co/41G2uJIECA たしか… https://t.co/7hfdk3M17a
RT @halproject00: 乾布摩擦、一個だけ論文見つけた。でもコントロール群がなあ(という事でアブストラクトしか読んでない) 同様の運動はするが皮膚は擦らない、というデータが欲しい。 もしエビデンスあれば教えていただきたいです。 https://t.co/rd8gm…
感染性心内膜炎に伴う脳卒中の臨床的検討 https://t.co/XJoYwClZgZ 90例の検討で、個人ではなかなか経験できない数なので参考になります 虚血性は早期・出血性は遅れて発症しやすい、出血性は巣症状でなく意識障害で… https://t.co/9kc7mcSzKC
慢性疾患ケアモデルの適用によりACSCにある高齢心不全患者の入院を減じた1例 https://t.co/OYr0kw1BJn #feedly ACSCs、CCMなどの高齢者救急・慢性疾患ケアに加え、慢性心不全進行期ケア(非がん終末… https://t.co/pm693cz9QH
地域社会処方せんの可能性 https://t.co/hrKiGQ5RRc https://t.co/hrKiGQ5RRc
フェニトイン静注による「紫の手袋症候群」、けっこう急速な経過たどるんですね。恐ろしいなぁ https://t.co/a1erKZh81E (pdf直リンク)
「退院後の暮らしを見据えた病院看護職育成のための現状と課題:病院管理者GIから」https://t.co/j0irQOtZJ0 #JPCA うちの退院調整看護師のテーマとかぶるので今度見せてあげようかな。 これを元にうちの地域連携室主催学習会や育成プログラム作れるかも #ken
「…咳嗽症例に対する我々の診断・治療システムについての臨床的検討」 #JPCA https://t.co/0AlIXbwWeL 引用文献全部はみれずスコアの根拠不明だけど面白い。 改善率高くてすごい!?と思いきや、治療で漢方選択可なので自分の成績と同じくらいかな #ken
「鹿児島県の離島,徳之島における,悪性貧血 14 例の臨床的および疫学的検討」 #JPCA https://t.co/CsItlnNoee ものすごい患者数! 全員徳之島出身で何らかの背景がありそう(確定できたらすごい)。 閉鎖的な地理的環境行ったらこういうのやりたいな #ken
「PPI投与中止により下痢症状が改善し,Collagenous colitis が疑われた 1 例」 #JPCA https://t.co/b3gaUTX36x とても地味な報告で国際誌は無理ですが(失礼)、最近注目されつつある疾患の詳細な国内報告は参考になります #ken
急性感染症で入院した高齢患者の ADL 回復に関連する要因 https://t.co/npqb3yOFr8 #JPCA 評価項目がけっこう多くて大変だったろうけど、今までしてなかった評価なら、研究行為自体が現場の質改善になったかもです。すごいなぁ #ken
RT @narumita: 中学生どうしでもうつる話紹介したら「嘘だ、証拠を出せ」的に言った人に事例を教えたけど返事もなかったな。 カミソリや歯ブラシは他人と共用しない。自分専用のをつかいましょう。 「カミソリの共用により感染したB型劇症肝炎の1例」 https://t.c…
経済的理由による受診抑制に関する医師の認識と診療上の対応 #JPCA https://t.co/EVFw9j9oDn こういうのを直感と雑談だけで終わらせないで、調べてまとめて報告するの大事です。 似た研究したかったので、結果だけでなくて背景や方法読み込んでみます!
潰瘍性大腸炎の再燃に伴い一過性全健忘の再発作をきたした症例 https://t.co/I5Q2xvlJk1 #JPCA こういう素朴な症例報告、いいですね。こういうのを自施設から(というか自分で)出していきたいです。ネタはいっぱいありそうだし。 #ken
介護老人福祉施設入所者において緊急入院のリスク因子は何か? https://t.co/iQ20q05fB8 #JPCA 日本の施設入所者のACSCs研究ですね。意外と日本の施設では検討されてないんですね(背景読んだ限りでは)。結果は感覚的にも「そうだよね」と言う感じ #ken
沖縄県の離島における小児喘鳴発作頻度と製糖作業期間との関係 https://t.co/EqWyPkaoGK #JPCA ローカルな問題を科学的に解明する感じの研究は、プライマリ・ケアっぽくてステキですね。「あの職場の人ってこういう病気多いよねー」という雑談を科学する感じ #ken
歯科のない地域中核病院における医科歯科連携の成果と現状 https://t.co/stQ1r0wm0l #JPCA NSTに院外歯科衛生士が加わってラウンドして歯科治療適応判断の助言したり、学習会してもらったりは確かに効果がありそうですね。うちでも検討したいな #ken
RT @HideWakabayashi: 老年歯科医学の最新号に「高齢者の栄養:歯科とフレイル」という中屋先生の総説が掲載されています。全文読めます。カヘキシア、アメリカ栄養士会の低栄養判断基準や、サルコペニアの摂食嚥下障害についても触れていますのでおすすめです。 https:…
テレビで「あいうべ体操でインフルエンザ予防」が取り上げられてますね ないかな?と思って検索したら、日本語原著論文が一つ。でもフル予防ではなかった テレビって、医学的に認められてない治療を適当に放送するの好きね 舌位置矯正の一考察https://t.co/MqnsicNldu
「ルーブリックで理学療法士養成課程における臨床実習の成績評価が生まれかわる」理学療法科学 Vol. 31 (2016) No. 6 p. 915-923 https://t.co/cXxdihM2xS PTの育成もいろいろ進化中ですね。 #ken
家庭医療専門医の活動に関する実態調査 #JPCA https://t.co/w3ZIOsn7zp 家庭医療専門医全数調査で、所属施設や学会、診療内容などの分布が分かって面白い。病院勤務者はんぶんもいますね〜 5年ごとくらいに追加調査されたら面白いかな、新しい領域だし #ken
経済的理由による受診抑制に関する医師の認識と診療上の対応—都内一般診療所への郵送調査から— #JPCA https://t.co/QaGN52f6WA これも日常的な疑問。政策のせいだ〜と言って終わりでなくデータ化して始めて検討課題になると思う。 医師側の調査ですね #ken
検死からみた孤独死の現状(特に農村型孤独死について) #JPCA https://t.co/bWOwiAyo6I おお、熱いテーマ! 自分の仕事の積み重ねで見えてきたことの論文化は、プライマリケア現場で研究したい人にとっては素敵な響きです #ken
RT @tonishi0610: 緩和医療学会誌に「専門的緩和ケア紹介前の余命の告知に関する後方視的研究」が掲載されました。 調査対象の方のうち「3カ月」などの余命断定型の告知を受けていた方が少なからずいらっしゃり、海外のガイドラインとの乖離が認められました。 https:/…
演習型講習会により抽出された薬剤師の在宅業務の課題 #JPCA おお!在宅の薬剤師業務。深められていくといいですね、この領域も #ken https://t.co/eR0J32pbCD
終末期の延命治療に対する代理意思決定 : 高齢者の認識と課題 #JPCA 代理意思決定、もっと深めたいなぁ #ken https://t.co/R69vuIi7Sp
高次医療機関へのアクセスが制限された地域でのICPC-2を用いた年齢別の受診理由及び健康問題に関する後ろ向きコホート研究 #JPCA 受信理由研究の離島版ですね! #ken https://t.co/RIeayKlP0R
日本プライマリ・ケア連合学会誌 王子生協病院 家庭医療後期研修プログラム女性医師再復帰支援プログラム「カトレア」 https://t.co/pjf4Wb97Ji こういうのも学会誌に載るんですね #ken
日本プライマリ・ケア連合学会誌 老年期の人工的水分・栄養補給法に対する事前の意思を決められないことに関連する要因 https://t.co/Yintzt3mXK 「決められない」ことの要因の検討!今日の研修指導でもこの話題ちょうど出てました。結果も臨床実感にあいます #ken
日本プライマリ・ケア連合学会誌がオンライン版に https://t.co/vKKt5wI5nu そういえば最近学会誌届かないなとおもってました。以前出てた告知よんでたのに。RSSアラート登録しないと見逃しますね。J-STAGE画面右下の「新着巻号RSS」からできます #ken
日本プライマリ・ケア連合学会誌 病院総合医委員会 ワークショップ 病院における総合診療科の立ち上げとその維持・発展について 第6回学術大会 記録 https://t.co/r1k4HfX1aT 自分も準備・運営や活動報告作成などかかわりました #ken
日本プライマリ・ケア連合学会誌 チームで取り組む心電図モニタの安全管理─さいたま市民MACT活動の効果─ https://t.co/l7tCmbwI2q 地味だがとてもよい質改善活動。看護必要度のためや、なんとなく付いている人もいたりしますけど、数は少ないほうがよい #ken
日本プライマリ・ケア連合学会誌 高齢男性の心理が社会的交流に与える影響-質的手法による探究 https://t.co/z0MenotFKE これもよくある熱いテーマ、質的な検討は確かに相性よさそうですね #ken
日本プライマリ・ケア連合学会誌 今こそプライマリ・ケア領域の臨床・教育に関する情報発信を! https://t.co/v6g9t3uxjQ いや、ホントそうですよね。頑張らねば。。。 #ken
日本プライマリ・ケア連合学会誌 Lemierre症候群と初期診断したTrousseau症候群の1例 https://t.co/tU0VH1Ib3K 最近、レミエール絡みの報告、多いですね。そして、生検でこの診断、驚きですね!! #ken
RT @HideWakabayashi: MNA-SFは臨床的アウトカム(死亡率、合併症)を予測する:日本の小規模病院のコホート研究という佐藤健太先生の論文です。全文読めます。入院患者の51%が低栄養と判定されています。MNA-SFは予後予測に有用そうですね。 https://…
王子生協病院 家庭医療後期研修プログラム女性医師再復帰支援プログラム「カトレア」 学会誌に載っておるー! https://t.co/sCXERHj74n
ふーん 周術期の研究ばっかりだな。高齢者肺炎とか応用できないかなぁ… CiNii 論文 -  インセンティブ・スパイロメータの術後呼吸器合併症への予防効果 https://t.co/FhTkWJav8x
RT @kojima_aponet: 【社会薬学】 知らないと大変?!研究する上でやってはいけないこと(禁忌) シリーズ第3回目:「リサーチクエスチョン」を無視して研究計画を立てること https://t.co/T2xMuzuJu9
RT @HideWakabayashi: 日本静脈経腸栄養学会雑誌の最新号には森みさ子さんの論文「病棟看護師の栄養管理における役割」も掲載されています。全文読めます。今回の特集は力作が多いですが、特に森さんの論文はリハ栄養に関わる皆様・看護師に読んでほしいですね。 https:…
高齢者の睡眠薬による健康影響に関するレビュー ─その適正使用のためのエビデンス─ #JPCA きちんとレビューされていて、要介護原因の認知症・転倒と関連があり、結果の解釈も現場の文脈に沿っていてとても勉強になります #ken https://t.co/OuvuNaHfmg
わが国のプライマリ・ケア機能を担う診療所における看護師の担うべき役割と必要な能力 #JPCA 民医連の診療所や病院外来を担う人たちと一緒に読みたい内容 #ken https://t.co/X89YAvORIa
蘇生処置を行わない (DNAR) 意思表示のある終末期がん患者の臨死時に救急車要請となる理由─救急救命士へのインタビューから把握したこと─ #JPCA よくある問題で、こうやって地域の課題に取り組めるのかと勉強になった #ken https://t.co/DTI5cBitD9
家庭医療後期研修施設 (透析非専門医) において行われる透析医療の質の現状 #JPCA 透析専門医なしの家庭医療クリニックでも透析の質が確保されていたという内容で、僻地医療を考える上でとっても重要な報告 #ken https://t.co/UgMFntwa8b
学術大会, 学会誌, そしてプライマリ・ケアにおける研究 #JPCA 包括的な学会と各論的な学会の違い、専門的な研究が増えると発表者・聴衆の解離がでるかもなどなるほどと思いました。学会誌のEditorial好きです #ken https://t.co/2qaN3V2SD8
RT @HideWakabayashi: 地域在住高齢者における身体機能・骨格筋量・サルコペニアと認知機能との横断的・縦断的な関連性という論文です。日本語で全文読めます。骨格筋量より身体機能のほうが認知機能低下リスクがより高いという結果です。 https://t.co/OUT2…
JPCA学会誌から-卒前医学教育における省察 (Reflection) の導入 錦織宏 初期研修医でも省察を使った指導はけっこう工夫いるけど、卒前からやっていたらかなり出来る子たちがたくさん生まれそう… http://t.co/gq678rFOy2 #ken
JPCA学会誌から-システムレビュー(いわゆるROSについて) http://t.co/9tseaubFsn #ken
JPCA学会誌から-臨床研究とシステム 松島 雅人 自分の臨床研究の師匠から、研究を進める上でのシステム大事だと痛感します。すでに学会ではいくつも実現もされていますが、うちの法人内でもきちんとやりたいです http://t.co/m2DpAg9lWH #ken
JPCA学会誌から-Snap診断 : 分析的な診断推論とは異なる直観的診断法について http://t.co/XK07IjQzlN #ken
JPCA学会誌から-ミニレクチャー : よい研究論文の書き方—査読者の視点で捉え直す http://t.co/FVmENcNgfy #ken
JPCA学会誌から-日本プライマリ・ケア連合学会 第2回学術大会WSよい研究論文の書き方 http://t.co/A0QJsDjC2H #ken
JPCA学会誌から、家庭医と高齢者医療 http://t.co/UHp91UlyLn #ken
JPCA学会誌から 家庭医療を育む—ティッピングポイントとキャズム越え— #ken http://t.co/FwIyWCPzyO
JPCA学会誌から "バリントグループとは医師患者関係を改善するためのグループセッションである" バリントも振り返りツールとして有用ですが、いまいち日常の研修指導で活用できてないです #ken http://t.co/VFWUVQf2nD
JPCA学会誌から "聖マリアンナ医科大学病院における総合診療内科入院症例の特徴" こういうデータ、とても参考になります #ken http://t.co/i8Od05KWNL
JPCA学会誌から、クリニカルジャズについての文献。待ってました! ”クリニカルジャズはEBMと臨床経験の振り返りを調和させつつディスカッションを進める教育セッション (症例検討会) として知られている” http://t.co/y1JgzLQ4VA #ken
プライマリケア連合学会誌から、要介護高齢者における呼吸機能とADL・QOLとの関連。 結果はポジティブ。まあそうだろうなーという内容 http://t.co/H3FhUoz0ni
プライマリケア連合学会誌から、医療過疎地域における急性期脳梗塞患者に対するrt-PA静注療法。 http://t.co/TT2yezbhRb
プライマリケア連合学会誌から、「プライマリケアの質評価-患者経験を中心として」。 うちもそろそろきちんと質評価に取り組まねばと思います・・・。質向上のためにも、外部との連携・交渉の基礎データや政策提案につなげるためにも。 http://t.co/N2Y6WcTr44
同じくGeneral medicineから、ダビガトラン使用中高齢者の脳梗塞に関するケースレポート。地道なケースレポートってだいじだなーと思います。自分も「これは!」という教育的症例がいたら気楽に報告できるようになれればと思います http://t.co/VXx1y5x7ja
General medicineから、日本のChoosing Wiselyの現状について。 Table 1の最初の5項目が基本的すぎて、でもこういうところが大事だなとも思います。 http://t.co/Ygd2MlTxNY
修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチ(M −GTA )の分析技法 http://t.co/WurgxAmJQJ
RT @HideWakabayashi: 身体的活動性の術後早期自立とプレハビリテーションについて執筆した総説論文です。下記HPから全文PDF読めます。ERASやESSENSEのリハの部分に関心のある方はよかったら読んでください。よろしくお願い申し上げます。 https://t…
RT @h_odakura: このレビューまとまってますね。プライマリ・ケア現場にかぎらず、医療現場全般引いては世界全般にいえること:「プライマリ・ケア現場の不確実性・複雑性に対処する 日本プライマリ・ケア連合学会誌」http://t.co/JND2noo1ps
RT @doukana: なぜか見つけてしまった論文。「研究室におけるソファの使われ方とその意味に関する研究」http://t.co/HNonrNEncK
あとで読む! RT @sonson01: 灰色文献(gray literature)って知ってましたか? 通常の出版ルートには乗らず入手が困難な文献のこと。Non-conventional Literature あるいは Hard-to- http://t.co/ACXd5RCn
高齢者の安全な薬物療法ガイドライン http://t.co/HGZ4BiHJ
RT @ronbuntter: こんな論文どうですか? 東京都下一生活保護施設における「ホ-ムレス」精神障害者の研究(橋本 明),1992 http://t.co/xLvJ08QE
高齢者の感染症という視点でまとまっているものって案外少ないですね。と、これ読んで思いました。 http://t.co/csDWf5wI
B! RT @georgebest1969: 高齢者の感染症診療。ここからタダで読めます。http://t.co/hHniWF3n
RT @narumita: 最近は病棟でも活躍する「薬剤師さん」の入職時のワクチン接種歴・罹患歴チェックがない医療機関があるそうです~。部門の責任者の方ご確認を。  RT 感染管理担当の人はぜひ読みましょう。 「常勤医師に発症した水痘に対する医療関連感染対策」 http: ...
あちこちで聞くので、一度原著を読んでおこうと思って見つけました。 RT @hirominozomu: ハイデッガ-の理論背景を使った考察の論文ですね。"@Dr_kenta: 「終末期がん患者のスピリチュアルペインとそのケア」村田久行 http://t.co/azWjYV9B"
「終末期がん患者のスピリチュアルペインとそのケア」村田久行 http://t.co/azWjYV9B
RT @cream2: 臨死の時に故人が、「他人にはみえない人の存在や風景」が見えたり感じたりしているようだったか?42.3%が見えたり感じている様子だったと。見えた人の半数は、すでに亡くなった人たち。一人で旅立つのは寂しかろうと、お迎えにきている。 http://t.c ...
B! リハ栄養のペーパー http://t.co/LnnnEshv

お気に入り一覧(最新100件)

老年歯科医学の最新号に「高齢者の栄養:歯科とフレイル」という中屋先生の総説が掲載されています。全文読めます。カヘキシア、アメリカ栄養士会の低栄養判断基準や、サルコペニアの摂食嚥下障害についても触れていますのでおすすめです。 https://t.co/XlCeeiOAy6
緩和医療学会誌に「専門的緩和ケア紹介前の余命の告知に関する後方視的研究」が掲載されました。 調査対象の方のうち「3カ月」などの余命断定型の告知を受けていた方が少なからずいらっしゃり、海外のガイドラインとの乖離が認められました。 https://t.co/GvWL1QVaMr
日本静脈経腸栄養学会雑誌の最新号には森みさ子さんの論文「病棟看護師の栄養管理における役割」も掲載されています。全文読めます。今回の特集は力作が多いですが、特に森さんの論文はリハ栄養に関わる皆様・看護師に読んでほしいですね。 https://t.co/yZf4kwCBRc
地域在住高齢者における身体機能・骨格筋量・サルコペニアと認知機能との横断的・縦断的な関連性という論文です。日本語で全文読めます。骨格筋量より身体機能のほうが認知機能低下リスクがより高いという結果です。 https://t.co/OUT2VCBNMm
このレビューまとまってますね。プライマリ・ケア現場にかぎらず、医療現場全般引いては世界全般にいえること:「プライマリ・ケア現場の不確実性・複雑性に対処する 日本プライマリ・ケア連合学会誌」http://t.co/JND2noo1ps

フォロー(557ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(3648ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

RT @NoHateTV: そのとおり。ネトウヨの多くは経済的に安定していて年齢層も社会的地位も高いというのが徳島大学の樋口直人さんの研究等によって明らかになっています
RT @wsary: 日本はICUについては「外れ値」。人口比の病床数は多いのにICUの数は非常に少ない。集中治療専門医の数も少ない。病床数は少なくICUが多いアメリカとは対照的。 また日本のICU利用は術後管理が多く、救急救命を一般急性期で管理する傾向がある。 https:…
BioMedicus™ NextGenカニューレを用いた 小児ECMO 症例群における使用経験 CPRに成人に比べ 時間がかかる。 カニューレ留置後の DVTが85%という報告あり。 https://t.co/7Jhkpf9coT
RT @wsary: 日本はICUについては「外れ値」。人口比の病床数は多いのにICUの数は非常に少ない。集中治療専門医の数も少ない。病床数は少なくICUが多いアメリカとは対照的。 また日本のICU利用は術後管理が多く、救急救命を一般急性期で管理する傾向がある。 https:…
RT @RASENJIN: トールキンが『指輪物語』を各国語に翻訳される際に注意点を書いた「『指輪物語』の名前のための手引き」なるものがあるのですね。へえー(浅いトールキンファン)。そして瀬田貞二がそれを踏まえていたかは不明だが、固有名詞に関してはトールキンの指示通りだったと。…
DI関連の研究って全くしたことがないので、すごい、ということくらいしかわからないのであります。 医薬品情報学の教育と研究の探究 (総説) #YakugakuZasshi #薬学雑誌 https://t.co/wx6Effkw63
RT @manabunoda: J-STAGE Articles - 小児科近隣薬局における完全分離型の感染症待合室,非感染症待合室の有用性評価 https://t.co/Jc14RGgUTP
J-STAGE Articles - 小児科近隣薬局における完全分離型の感染症待合室,非感染症待合室の有用性評価 https://t.co/Jc14RGgUTP
RT @_uranus238: ヒラヨシノボリが新種記載されたようです! 驚くことに、石垣&西表の集団と沖縄島以北の集団は別種で、それぞれヤイマヒラヨシノボリ(Rhinogobius yaima)とケンムンヒラヨシノボリ(Rhinogobius yonezawai)の2新種とし…
RT @shoei05_bot: 【メモ】”こどもを何とかしてほしいと問題点を親に投げかけても自身がいっぱいいっぱいの親にとっては無理難題であり,むしろそうした投げかけはシャットアウトした方が,自分を守ることができるので自己防衛的に協力を拒絶する.” https://t.co/…
J-STAGE Articles - The association between habitual sleep duration and mortality according to sex and age: the Japa… https://t.co/hsn3PgPZEZ
J-STAGE Articles - Relationship between calcium intake and impaired activities of daily living in a Japanese popula… https://t.co/vcZMGHTUUl
J-STAGE Articles - Longitudinal Trends in Blood Pressure Associated with the Frequency of Laughter: Longitudinal St… https://t.co/Ja6VIZvk68
J-STAGE Articles - Effect of dietary nori (dried laver) on blood pressure in young Japanese children: an interventi… https://t.co/FABlUDLQcZ
J-STAGE Articles - Relationship Between Severe Respiratory Depression and Codeine-Containing Antitussives in Childr… https://t.co/9gWxubShV3
J-STAGE Articles - Plain Water Intake and Association With the Risk of Overweight in the Chinese Adult Population:… https://t.co/SWz8dKbvgw

38 29 29 1 OA 論文の書き方

RT @ki1tos: 論文の採択率を上げるため、査読者はどんな論文を不採択と判断したくなるのか考えた、という記事。 6つの問題とその処方箋がとても参考になります。 ・自分が明らかにしたい問いを一文で示せ ・バックナンバーに目を通すのはマナー ・日本語力というより注意力の問題…
RT @sendaitribune: BCGの肺炎に対する効果について、#東北大学 老年内科の大類孝先生という方が、2003年に日本呼吸器学会で発表していた。その内容の総説が東北ジャーナルに掲載されていた>>>J-STAGE Articles - Preventive Stra…
RT @sendaitribune: BCGの肺炎に対する効果について、#東北大学 老年内科の大類孝先生という方が、2003年に日本呼吸器学会で発表していた。その内容の総説が東北ジャーナルに掲載されていた>>>J-STAGE Articles - Preventive Stra…
RT @JapanContrarian: @sendaitribune 日本語ならこちらにありました。 https://t.co/KSDIUvmxJ5
RT @sendaitribune: BCGの肺炎に対する効果について、#東北大学 老年内科の大類孝先生という方が、2003年に日本呼吸器学会で発表していた。その内容の総説が東北ジャーナルに掲載されていた>>>J-STAGE Articles - Preventive Stra…